vSphere ネットワーク を使用する vSphere Lifecycle Manager および vSphere with Tanzu

単一の vSphere Lifecycle Manager イメージを使用するクラスタ上で vSphere with Tanzu と vSphere ネットワークを使用するには、[ワークロード管理] でこのクラスタを有効にします。[ワークロード管理] が有効なクラスタを、スーパーバイザー と言います。[ワークロード管理] でクラスタを有効にするには、vSphere Client[ワークロード管理] ユーザー インターフェイスを使用します。

要件

  • スーパーバイザー 内のすべての ESXi ホストがバージョン 7.0 Update 1 以降であることを確認します。
  • スーパーバイザー 内の ESXi ホストに Kubernetes のアドオンを含む VMware vSphere 7 Enterprise Plus のライセンスが割り当てられていることを確認します。
  • vCenter Server がバージョン 7.0 Update 1 以降であることを確認します。
  • 構成要件と詳細については、vSphere with Tanzu ドキュメントの「vSphere Lifecycle Manager の操作」の章を参照してください。

サポートされているワークフロー

次のワークフローは、 vSphere Lifecycle Manager イメージを使用し、vSphere ネットワーク スタックを使用するように構成されている スーパーバイザー でサポートされます。
  • スーパーバイザー を最新バージョンの vSphere with Tanzu にアップグレードできます。スーパーバイザー 内のホストの ESXi バージョンをアップグレードすることもできます。

    スーパーバイザー をアップグレードするには、vSphere Client[ワークロード管理] ユーザー インターフェイスを使用します。

    スーパーバイザー 内のホストの ESXi バージョンをアップグレードするには、vSphere ClientvSphere Lifecycle Manager ユーザー インターフェイスでクラスタを修正します。

    注: vSphere with TanzuESXi の両方を同時にアップグレードすることはできません。
  • vSphere with Tanzu を無効にするには、vSphere Client[ワークロード管理] ユーザー インターフェイスを使用します。単一の vSphere Lifecycle Manager イメージを使用するクラスタ上の vSphere with Tanzu を無効にできます。

    vSphere with Tanzu を無効にすると、従来の仮想マシンのワークロードにクラスタを使用できるようになります。

  • vSphere with TanzuvSphere Lifecycle Manager の両方が有効になっているクラスタに対して、ホストを追加および削除できます。

    クラスタとの間でホストの追加および削除する方法については、vCenter Server およびホストの管理のドキュメントを参照してください。

単一イメージを使用する スーパーバイザー の使用方法については、vSphere with Tanzu のドキュメントの「vSphere Lifecycle Manager を使用したスーパーバイザー クラスタの管理」セクションを参照してください。

vSAN クラスタ内の vSphere with Tanzu コンポーネントのアップグレード

クラスタ内のホストにインストールされている vSphere with Tanzu コンポーネントをアップグレードするには、これらの vSphere with Tanzu コンポーネントの最新バージョンを含む vSphere Lifecycle Manager イメージを基準にしてクラスタを修正する必要があります。

フォルト ドメインが構成されている vSAN クラスタの場合、vSphere Lifecycle Manager は、クラスタに構成されているフォルト ドメインを認識し、フォルト ドメインの構成に従ってソリューションのアップグレードを実行します。vSAN クラスタがストレッチ クラスタの場合は、vSphere Lifecycle Manager がすべてのフォルト ドメインの修正を完了した後に、Witness(監視)ホストを個別にアップグレードする必要があります。フォルト ドメインが構成されている vSAN ストレッチ クラスタおよび vSAN クラスタの修正の詳細については、vSphere Lifecycle Manager イメージを使用した、フォルト ドメインが構成されている vSAN クラスタの修正を参照してください。ストレッチ クラスタの詳細については、『vSAN のプランニングとデプロイ』ドキュメントを参照してください。

スケーラビリティ

vSphere Lifecycle Manager でサポートされているスケーラビリティの詳細については、https://configmax.vmware.com/ の VMware 構成の上限マトリックスを参照してください。

vSphere Lifecycle Manager と、NSX ネットワークを使用した vSphere with Tanzu

単一の vSphere Lifecycle Manager イメージを使用するクラスタ上で vSphere with TanzuNSX ネットワークを使用するには、[ワークロード管理] でこのクラスタを有効にします。[ワークロード管理] が有効なクラスタを、スーパーバイザー と言います。[ワークロード管理] でクラスタを有効にするには、vSphere Client[ワークロード管理] ユーザー インターフェイスを使用します。NSX ネットワーク スタックが構成された スーパーバイザー[ワークロード管理] を有効にすると、vSphere Lifecycle Manager によってクラスタ内のすべての ESXi ホストに Spherelet VIB がインストールされます。

要件

  • スーパーバイザー 内のすべての ESXi ホストがバージョン 7.0 Update 2 以降であることを確認します。
  • スーパーバイザー 内のすべての ESXi ホストに Kubernetes のアドオンを含む VMware vSphere 7 Enterprise Plus のライセンスが割り当てられていることを確認します。
  • vCenter Server がバージョン 7.0 Update 2 以降であることを確認します。
  • 構成要件と詳細については、vSphere with Tanzu ドキュメントの「vSphere Lifecycle Manager の操作」の章を参照してください。

サポートされているワークフロー

次のワークフローは、 vSphere Lifecycle Manager イメージを使用し、 NSX ネットワーク スタックを使用するように構成されている スーパーバイザー でサポートされます。
  • スーパーバイザー を最新バージョンの vSphere with Tanzu にアップグレードできます。スーパーバイザー 内のホストの ESXi バージョンをアップグレードすることもできます。

    スーパーバイザー をアップグレードするには、vSphere Client[ワークロード管理] ユーザー インターフェイスを使用します。アップグレード時、vSphere Lifecycle Manager は、新しいバージョンの vSphere with Tanzu または新しいバージョンの ESXi と互換性が得られるように、ホスト上の Spherelet VIB をアップグレードします。

    スーパーバイザー 内のホストの ESXi バージョンをアップグレードするには、vSphere ClientvSphere Lifecycle Manager ユーザー インターフェイスでクラスタを修正します。

    注: vSphere with TanzuESXi の両方を同時にアップグレードすることはできません。
  • vSphere with Tanzu を無効にするには、vSphere Client[ワークロード管理] ユーザー インターフェイスを使用します。単一の vSphere Lifecycle Manager イメージを使用するクラスタ上の vSphere with Tanzu を無効にできます。

    vSphere with Tanzu を無効にすると、従来の仮想マシンのワークロードにクラスタを使用できるようになります。

  • vSphere Lifecycle Manager イメージを使用する スーパーバイザー に対して、ホストを追加および削除できます。

    単一の vSphere Lifecycle Manager イメージを使用して管理する スーパーバイザー にホストが追加されると、vSphere Lifecycle Manager は、新しく追加されたホストに Spherelet VIB を自動的にインストールします。

    単一の vSphere Lifecycle Manager イメージを使用して管理する スーパーバイザー からホストが削除されると、vSphere Lifecycle Manager は、ホストから Spherelet VIB を削除します。また、vSphere Lifecycle Manager は、別の スーパーバイザー に移動したホストからも Spherelet VIB を削除します。

    クラスタとの間でホストの追加および削除する方法については、vCenter Server およびホストの管理のドキュメントを参照してください。

単一イメージを使用する スーパーバイザー の使用方法については、vSphere with Tanzu のドキュメントの「vSphere Lifecycle Manager を使用したスーパーバイザー クラスタの管理」セクションを参照してください。

vSAN クラスタ内の vSphere with Tanzu コンポーネントのアップグレード

クラスタ内のホストにインストールされている vSphere with Tanzu コンポーネントをアップグレードするには、これらの vSphere with Tanzu コンポーネントの最新バージョンを含む vSphere Lifecycle Manager イメージを基準にしてクラスタを修正する必要があります。

フォルト ドメインが構成されている vSAN クラスタの場合、vSphere Lifecycle Manager は、クラスタに構成されているフォルト ドメインを認識し、フォルト ドメインの構成に従ってソリューションのアップグレードを実行します。vSAN クラスタがストレッチ クラスタの場合は、vSphere Lifecycle Manager がすべてのフォルト ドメインの修正を完了した後に、Witness(監視)ホストを個別にアップグレードする必要があります。フォルト ドメインが構成されている vSAN ストレッチ クラスタおよび vSAN クラスタの修正の詳細については、vSphere Lifecycle Manager イメージを使用した、フォルト ドメインが構成されている vSAN クラスタの修正を参照してください。ストレッチ クラスタの詳細については、『vSAN のプランニングとデプロイ』ドキュメントを参照してください。

スケーラビリティ

vSphere Lifecycle Manager でサポートされているスケーラビリティの詳細については、https://configmax.vmware.com/ の VMware 構成の上限マトリックスを参照してください。