当社テクニカル サポートは、技術的問題の解決に役立てるためファイルの提供をお願いすることがあります。次のセクションでは、これらのファイルを生成および収集するスクリプト プロセスについて説明します。

詳細ログの設定

詳細ログ ファイルの仕様を設定することができます。

詳細ログは、vpxd ログに対してのみ設定できます。

手順

  1. [管理] > [vCenter Server 設定] を選択します。
  2. [ログ機能のオプション] を選択します。
  3. ポップアップ メニューから [詳細] を選択します。
  4. [OK] をクリックします。

vSphere ログ ファイルの収集

vSphere ログ ファイルは、1 つの場所に収集できます。

vCenter Server システムに接続されている vSphere Client からログ バンドルをダウンロードできます。

手順

  1. [vSphere Client] メニューで、[管理] > [デプロイ] > [システム構成] の順に選択します。
  2. vCenter Server ノードを選択し、[サポート バンドルのエクスポート] をクリックします。
  3. サポート バンドル タイプを選択します。
    • 完全なサポート バンドル:すべてのサービスに関する情報が含まれています。
    • 最小サポート バンドル:基本的な製品と構成情報が含まれています。
    • カスタム サポート バンドル:カスタマイズされた情報が含まれています。いずれかのマニフェスト プロパティを選択して、対応するログ ファイルをダウンロードします。
  4. [エクスポート] をクリックします。
  5. (オプション) また、別の方法を使用して vCenter Server ログ バンドルをダウンロードすることもできます。
    1. vCenter Server インスタンスを右クリックして、[アクション] > [システム ログのエクスポート...] の順にクリックします。
    2. [ホストの選択] をクリックして、選択したホスト ログをエクスポート バンドルに含めます。[vCenter Server および vSphere UI Client ログを含めます] を選択して、オプションでバンドルに vCenter Server および vSphere UI のログを含めます。[次へ] をクリックします。
    3. [ログの選択] をクリックして、エクスポートする特定のシステム ログを選択します。[ログのエクスポート] をクリックします。
    注: ログ バンドルは .zip ファイルとして生成されます。デフォルトで、バンドル内の vpxd ログは .tgz ファイルに圧縮されています。これらのファイルを圧縮するには gunzip を使用する必要があります。

ESXi ログ ファイルの収集

すべての関連 ESXi システムと構成情報、および ESXi ログ ファイルは、収集してパッケージ化できます。この情報は、問題の解析に使用できます。

手順

  • 次のスクリプトを ESXi Shell で実行します: /usr/bin/vm-support
    生成されるファイルは次の形式になります: esx-date-unique-xnumber.tgz

ESXi ログ ファイルの場所

ESXi は、syslog 機能を使用してログ ファイルにホスト アクティビティを記録します。

表 1. ESXi ログ ファイルの場所
コンポーネント 場所 目的
認証 /var/log/auth.log ローカル システムの認証に関するすべてのイベントが含まれます。
ESXi ホスト エージェント ログ /var/log/hostd.log ESXi ホストとその仮想マシンを管理および構成するエージェントの情報が含まれます。
シェル ログ /var/log/shell.log ESXi シェルに入力されたすべてのコマンドおよびシェル イベント(シェルが有効になった日時など)の記録が含まれます。
システム メッセージ /var/log/syslog.log すべての一般的なログ メッセージが含まれ、トラブルシューティングに使用できます。この情報は、以前はメッセージ ログ ファイルに記録されていました。
vCenter Server エージェント ログ /var/log/vpxa.log vCenter Server と通信するエージェントに関する情報が含まれます(ホストが vCenter Server によって管理されている場合)。
仮想マシン 影響を受ける仮想マシンの構成ファイルと同じディレクトリにある vmware.log および vmware*.log。例:/vmfs/volumes/datastore/virtual machine/vwmare.log 仮想マシンの電源イベント、システム障害情報、ツールのステータスとアクティビティ、時間の同期、仮想ハードウェアの変更、vMotion の移行、マシンのクローンなどが含まれます。
VMkernel /var/log/vmkernel.log 仮想マシンおよび ESXi に関するアクティビティを記録します。
VMkernel サマリ /var/log/vmksummary.log ESXi のアップタイムおよび可用性の統計を確認するために使用します (コンマ区切り)。
VMkernel 警告 /var/log/vmkwarning.log 仮想マシンに関するアクティビティを記録します。
クイック ブート /var/log/loadESX.log Quick Boot を使用した ESXi ホストの再起動に関連するすべてのイベントが含まれます。
信頼済みのインフラストラクチャ エージェント /var/run/log/kmxa.log ESXi 信頼済みホスト上のクライアント サービスに関連するアクティビティが記録されます。
キー プロバイダ サービス /var/run/log/kmxd.log vSphere Trust Authority キー プロバイダ サービスに関連するアクティビティが記録されます。
証明サービス /var/run/log/attestd.log vSphere Trust Authority の証明サービスに関連するアクティビティが記録されます。
ESX Token Service /var/run/log/esxtokend.log vSphere Trust Authority ESX Token Service に関連するアクティビティが記録されます。
ESX API フォワーダ /var/run/log/esxapiadapter.log vSphere Trust Authority API フォワーダに関連するアクティビティが記録されます。

ESXi ホストのログ フィルタリングの構成

ログ フィルタリング機能を使用すると、ESXi ホストで実行されている syslog サービスのログ ポリシーを変更できます。ログ フィルタを作成すれば、ESXi ログの重複エントリ数を削減したり、特定のログ イベントをすべて拒否リストに登録したりできます。

ログ フィルタは、記録先(ログ ディレクトリまたはリモート syslog サーバ)に関係なく、ESXi ホストの vmsyslogd デーモンによって処理されるすべてのログ イベントに影響します。

ログ フィルタを作成する場合は、ログ メッセージのログ エントリの最大数を設定します。ログ メッセージは、1 つ以上の指定されたシステム コンポーネントにより生成され、指定された語句に一致します。ログ フィルタリング機能を有効にし、syslog デーモンを再ロードして、 ESXi ホストのログ フィルタを有効化する必要があります。
重要: ログ情報の量に制限を設定すると、潜在的なシステム障害を適切にトラブルシューティングする能力が制限されます。最大ログ エントリ数に達した後にログ ローテーションが発生すると、フィルタリングされたメッセージのすべてのインスタンスが失われる可能性があります。

手順

  1. ESXi シェルに root としてログインします。
  2. /etc/vmware/logfilters ファイルで、次のエントリを追加して、ログ フィルタを作成します。
    numLogs | ident | logRegexp
    説明:
    • numLogs では、指定したログ メッセージの最大ログ エントリ数を設定します。この数に達すると、指定したログ メッセージがフィルタリングされて無視されます。0 を使用すると、指定したすべてのログ メッセージがフィルタリングされて無視されます。
    • ident では、1 つ以上のシステム コンポーネントを指定し、これらのコンポーネントで生成されるログ メッセージにフィルタを適用します。ログ メッセージを生成するシステム コンポーネントについては、syslog 構成ファイルの idents パラメータの値を参照してください。これらのファイルは /etc/vmsyslog.conf.d ディレクトリ内にあります。複数のシステム コンポーネントにフィルタを適用するには、コンマ区切りのリストを使用します。すべてのシステム コンポーネントにフィルタを適用するには、* を使用します。
    • logRegexp では、Python 正規表現構文を使用して大文字と小文字を区別する語句を指定し、コンテンツでログ メッセージをフィルタリングします。
    たとえば、 SOCKET connect failed, error 2: No such file or directory のような語句でエラー番号がその都度変わるメッセージを対象とする場合、hostd コンポーネントからの最大ログ エントリ数の制限を 2 に設定するには、次のエントリを追加します。
    2 | hostd | SOCKET connect failed, error .*: No such file or directory
    注: # で始まる行はコメントを示しており、行の残りの部分は無視されます。
  3. /etc/vmsyslog.conf ファイルで、次のエントリを追加して、ログ フィルタリング機能を有効にします。
    enable_logfilters = true
  4. esxcli system syslog reload コマンドを実行して、syslog デーモンを再ロードし、構成の変更を適用します。

vpxd ログ ファイルの圧縮をオフ

デフォルトでは、vCenter Servervpxd ログ ファイルはロールアップされて .gz ファイルに圧縮されます。この設定をオフにすると、vpxd ログは圧縮されません。

手順

  1. vSphere Client を使用して、vCenter Server にログインします。
  2. [管理] > [vCenter Server 設定] を選択します。
  3. [詳細設定] を選択します。
  4. [キー] テキスト ボックスに、log.compressOnRoll と入力します。
  5. [値] テキスト ボックスに、false と入力します。
  6. [追加] をクリックし、[OK] をクリックします。

ESXi の VMkernel ファイル

VMkernel が失敗した場合、エラーメッセージが表示されてから、仮想マシンが再起動します。仮想マシンを構成したときに VMware コア ダンプ パーティションを指定した場合、VMkernel は、コア ダンプおよびエラー ログも生成します。

VMkernel でより重大な問題が発生すると、エラー メッセージやコア ダンプが生成されずに、マシンがフリーズされます。