リモート ストリーミングを有効にすると、vCenter Server がストリーミングを開始し、新しく生成されたイベントだけがリモート Syslog サーバにストリーミングされます。

すべての Syslog メッセージは、特定のプリフィックスで始まります。vCenter Serverイベントとその他の Syslog メッセージは、その Event プリフィックスで区別することができます。

Syslog メッセージの長さは、Syslog プロトコルで 1024 文字に制限されています。1024 文字を超えるメッセージは、複数の Syslog メッセージに分割されます。

Syslog サーバでは、次の形式がイベントに使用されます。
<syslog-prefix> : Event [eventId] [partInfo] [createdTime] [eventType] [severity] [user] [target] [chainId] [desc]
アイテム 説明
syslog-prefix Syslog プリフィックスを表示します。<syslog-prefix> は、リモート Syslog サーバの構成によって決まります。
eventId イベント メッセージの一意の ID を表示します。デフォルト値は Event です。
partInfo メッセージを複数のパーツに分割するかどうかを表示します。
createdTime イベントが生成された時刻を表示します。
eventType イベントの種類を表示します。
severity イベントが情報であるか、警告であるか、エラーであるかを表示します。
user イベントを生成したユーザーの名前を表示します。
ターゲット イベントの参照先のオブジェクトを表示します。
chainId 親またはグループ ID に関する情報を表示します。
desc イベントの説明を表示します。

長いイベント メッセージを複数の Syslog メッセージに分割する

1024 文字を超えるイベントは、次のようにして複数の Syslog メッセージに分割されます。
<syslog-prefix> : Event [eventId] [1-X] [payload-part-1]
<syslog-prefix> : Event [eventId] [2-X] [payload-part-2] 
...
<syslog-prefix> : Event [eventId] [X-X] [payload-part-X]

X は、イベント メッセージのパーツ番号を表します。

vCenter Server のログ ファイルを リモート Syslog サーバへ転送

vCenter Server のログ ファイルを リモート Syslog サーバへ転送して、ログの分析を行います。

注: ESXi は、ログ ファイルをローカル ディスクに保存するのではなく、 vCenter Server へ送信するように設定できます。ログの収集でサポートされるホストの最大数は 30 台に設定することを推奨します。 ESXi のログ転送を設定する方法については、http://kb.vmware.com/s/article/2003322 を参照してください。この機能は、ステートレス ESXi ホストでの小規模な環境を対象としています。それ例外の場合はすべて、専用のログ サーバを使用します。ESXi ログ ファイルの受信に vCenter Server を使用すると、 vCenter Server のパフォーマンスに影響を与える可能性があります。

前提条件

root として vCenter Server 管理インターフェイスにログインします。

手順

  1. vCenter Server の管理インターフェイスで [Syslog] を選択します。
  2. リモート Syslog ホストを構成していない場合は、[転送の構成] セクションで、[構成] をクリックします。すでにホストを構成している場合は、[編集] をクリックします。
  3. [転送の構成を作成] ペインで、ターゲット ホストのサーバ アドレスを入力します。サポートされているターゲット ホストの最大数は 3 です。
  4. [プロトコル] ドロップダウン メニューから、使用するプロトコルを選択します。
    メニュー項目 説明
    TLS トランスポート レイヤー セキュリティ
    TCP Transmission Control Protocol
    RELP Reliable Event Logging Protocol
    UDP User Datagram Protocol
  5. [ポート] テキスト ボックスに、ターゲット ホストとの通信に使用するポート番号を入力します。
  6. [転送の構成を作成] ペインで [追加] をクリックし、別のリモート Syslog サーバを入力します。
  7. [[保存]] をクリックします。
  8. リモート Syslog サーバがメッセージを受信していることを確認します。
  9. [転送の構成] セクションで、[テスト メッセージの送信] をクリックします。
  10. リモート Syslog サーバで、テスト メッセージを受信したことを確認します。
    [転送の構成] セクションに新しい構成が表示されます。

リモートの Syslog サーバへのイベント ストリーミングの構成

vCenter Server ストリーミング機能へのイベントの書き込みを構成することもできます。イベントのストリーミングは、vCenter Server でのみサポートされます。リモート Syslog サーバに対するイベントのストリーミングは、デフォルトで無効になっています。リモート Syslog サーバへの vCenter Server イベントのストリーミングは、vCenter Server 管理インターフェイスで有効にして設定することができます。

手順

  1. vSphere Client で、vCenter Server インスタンスに移動します。
  2. [構成] タブを選択します。
  3. [設定] オプションを展開して、[詳細設定] を選択します。
  4. [設定の編集] をクリックします。
  5. 表のヘッダーの [名前] 列にあるフィルタ テキスト ボックスをクリックします。vpxd.event を力して [Enter] キーを押します。
  6. vpxd.event.syslog.enabledオプションを有効または無効にします。
    デフォルトで、このオプションは有効になっています。
  7. [保存] をクリックします。