リモート ダイレクト メモリ アクセス (RDMA) ネットワーク アダプタをESXiホストにインストールできます。インストールが完了したら、vSphere Clientを使用して RDMA アダプタとそれに対応するネットワーク アダプタを表示し、その VMkernel バインドを設定することができます。

RDMA を使用すると、一方のホストのメモリからもう一方のホストのメモリに、リモート オペレーティング システムや CPU を介さずに直接アクセスすることができます。これにより、遅延の低減、CPU 負荷の低減、帯域幅の高速化を実現し、ネットワークとホストのパフォーマンスを向上させることができます。

前提条件

ESXiホストに RDMA 対応アダプタをインストールします。たとえば、Mellanox Technologies MT27700 Family ConnectX-4 では、

RDMA 対応のネットワーク アダプタの表示

ESXi は、RDMA 対応のネットワーク アダプタをサポートします。このようなアダプタを ESXi ホストにインストールすると、vSphere Client には、RDMA アダプタと物理ネットワーク アダプタの 2 つのコンポーネントが表示されます。

vSphere Client を使用して、RDMA アダプタとそれに対応するネットワーク アダプタを表示できます。

前提条件

ESXi ホストに RDMA (RoCE v2) をサポートする RDMA 対応のアダプタをインストールします。例:Mellanox Technologies MT27700 Family ConnectX-4。

手順

  1. ESXi ホストで、RDMA (RoCE v2) をサポートする RDMA 対応のアダプタをインストールします。
    ホストはアダプタを検出し、 vSphere Client は 2 つのコンポーネント(RDMA アダプタと物理ネットワーク アダプタ)を表示します。
  2. ホストに移動します。
  3. [ネットワーク] で、[RDMA アダプタ] をクリックします。
    この例では、RDMA アダプタは vmrdma0 としてリストに表示されます。 [ペアリングされたアップリンク] 列には、ネットワーク コンポーネントが vmnic1 物理ネットワーク アダプタとして表示されます。
    図 1. VSphere 環境の ESXi ホストにインストールされた RDMA アダプタ。

    vSphere 環境の ESXi ホストにインストールされた RDMA アダプタ。
  4. アダプタの説明を確認するには、リストから RDMA アダプタを選択し、[プロパティ] タブをクリックします。

リモート ダイレクト メモリ アクセス ネットワーク アダプタの構成

リモート ダイレクト メモリ アクセス (RDMA) ネットワーク アダプタをインストールし、その VMkernel バインドを設定することができます。

手順

  1. ESXi ホストで RDMA (RoCE v2) をサポートする RDMA 対応アダプタをインストールします。
    ホストはアダプタを検出し、 vSphere Client は 2 つのコンポーネント(RDMA アダプタと物理ネットワーク アダプタ)を表示します。
  2. vSphere Client で、RDMA アダプタがホストによって検出されていることを確認します。
    1. ホストに移動します。
    2. [設定] タブをクリックします。
    3. [ネットワーク] で、[RDMA アダプタ] をクリックします。
      この例では、RDMA アダプタは vmrdma0 としてリストに表示されます。 [ペアリングされたアップリンク] 列には、ネットワーク コンポーネントが vmnic1 物理ネットワーク アダプタとして表示されます。

      RDMA アダプタはネットワーク アダプタとペアリングされ、物理ネットワーク アダプタに接続されています。

    4. アダプタの説明を確認するには、リストから RDMA アダプタを選択し、[プロパティ] タブをクリックします。
  3. RDMA アダプタの VMkernel バインドを構成します。
    構成では、vSphere 標準スイッチまたは vSphere Distributed Switch を使用できます。次の手順では、標準スイッチを例として使用します。
    1. vSphere 標準スイッチを作成し、ネットワーク コンポーネントをスイッチに追加します。
      注: RDMA アダプタに対応する物理ネットワーク アダプタを選択してください。この例では vmnic1 アダプタです。

      スイッチの作成の詳細については、vSphere 標準スイッチの作成またはvSphere Distributed Switch の作成を参照してください。

    2. 作成した vSphere 標準スイッチに VMkernel アダプタを追加します。
      VMkernel アダプタに適切な固定 IPv4 または IPv6 アドレスを割り当てて、RDMA アダプタが NVMe over RDMA を検出できるようにします。

      VMkernel アダプタの詳細については、VMkernel ネットワークの設定方法を参照してください。

    次の図は、物理ネットワーク アダプタと VMkernel アダプタが vSphere 標準スイッチに接続されていることを示しています。この接続を介して、RDMA アダプタが VMkernel アダプタにバインドされます。

    次の図は、物理ネットワーク アダプタと VMkernel アダプタが vSphere 標準スイッチに接続されていることを示しています。RDMA アダプタは VMkernel アダプタにバインドされています。

  4. RDMA アダプタの VMkernel バインド設定を確認します。
    1. RDMA アダプタに移動します。
    2. [VMkernel アダプタのバインド] タブをクリックして、関連する VMkernel アダプタがページに表示されることを確認します。
      この例では、 vmrdma0 RDMA アダプタは vmnic1 ネットワーク アダプタとペアになっており、 vmk1 VMkernel アダプタに接続されています。

      RDMA アダプタはネットワーク アダプタとペアになっており、VMkernel アダプタに接続されています。

次のタスク

アダプタの RDMA ネットワーク コンポーネントは、iSER や NVMe over RDMA などのストレージ設定に使用できます。詳細は、『 vSphere ストレージ』を参照してください。