監視ポリシーを使用すると、分散ポートまたはポート グループでの NetFlow 監視を有効または無効にすることができます。

NetFlow 設定は、vSphere Distributed Switch レベルで構成できます。vSphere Distributed Switch のネットフロー設定の構成を参照してください。

分散ポート グループまたは分散ポートでの NetFlow 監視の管理

分散ポート グループのポートまたは個々の分散ポートを通過する IP パケットを監視するように NetFlow を構成することができます。

NetFlow の設定は、vSphere Distributed Switch で構成します。 vSphere Distributed Switch のネットフロー設定の構成を参照してください。

前提条件

分散ポート レベルでポリシーをオーバーライドするには、このポリシーのポートレベルのオーバーライド オプションを有効にします。ポート レベルでのネットワーク ポリシーのオーバーライドの構成を参照してください。

手順

  1. vSphere Client のホーム画面で、[ネットワーク] をクリックし、Distributed Switch に移動します。
  2. 分散ポート グループまたは分散ポートの監視ポリシーに移動します。
    オプション 操作
    分散ポート グループ
    1. [アクション] メニューから、[分散ポート グループ] > [分散ポート グループの管理] を選択します。
    2. [監視] を選択し、[次へ] をクリックします。
    3. ポート グループを選択して、[次へ] をクリックします。
    分散ポート
    1. [ネットワーク] タブで、[分散ポート グループ] をクリックし、分散ポート グループをダブルクリックします。
    2. [ポート] タブでポートを選択し、[分散ポート設定を編集します] アイコンをクリックします。
    3. [監視] を選択します。
    4. オーバーライドするプロパティの横にある [オーバーライド] を選択します。
  3. [NetFlow] ドロップダウン メニューで [有効] または [無効] を選択し、[次へ] をクリックします。
  4. 設定を確認して、構成を適用します。