分散ポートは、VMkernel または仮想マシンのネットワーク アダプタに接続された vSphere distributed switch 上のポートです。

デフォルトの分散ポート構成は、分散ポート グループ設定によって決定されますが、個々の分散ポートの一部の設定はオーバーライドされることがあります。

分散ポートの状態の監視

vSphere は分散ポートを監視して、各ポートの現在の状態とランタイム統計に関する情報を提供します。

手順

  1. vSphere Client で分散ポート グループを探します。
    1. Distributed Switch を選択し、[ネットワーク] タブをクリックします。
    2. [分散ポート グループ] をクリックします。
  2. 分散ポート グループをクリックします。
  3. [ポート] タブをクリックし、リストからポートを選択します。

    分散ポート グループのポート表には、各分散ポートのランタイム統計が表示されます。

    [状態] 列には、各分散ポートの現在の状態が表示されます。

    オプション 説明
    リンク アップ この分散ポートのリンクはアクティブです。
    リンク ダウン この分散ポートのリンクはダウンしています。
    ブロック この分散ポートはブロックされています。
    -- この分散ポートの状態は現在使用できません。

分散ポート設定の構成

ポートの名前や説明など、一般的な分散ポート設定を変更できます。

手順

  1. vSphere Client で分散ポート グループを探します。
    1. Distributed Switch を選択し、[ネットワーク] タブをクリックします。
    2. [分散ポート グループ] をクリックします。
  2. リスト内の分散ポート グループをクリックします。
  3. [ポート] タブをクリックし、テーブルから分散ポートを選択します。
    分散ポートに関する情報が画面の下部に表示されます。
  4. [設定の編集] アイコンをクリックします。
  5. [プロパティ] ページとポリシーのページで、分散ポートに関する情報を編集し、[OK] をクリックします。

    オーバーライドが許可されていない場合、ポリシー オプションは無効になりcます。

    ポート レベルでのオーバーライドを許可するには、分散ポート グループの [詳細] 設定を変更します。ポート レベルでのネットワーク ポリシーのオーバーライドの構成を参照してください。