グループへのポートの追加、あるいは LACP ネゴシエーション モード、ロード バランシング アルゴリズム、または VLAN と NetFlow のポリシーの変更が必要な場合は、リンク集約グループ (LAG) の設定を編集します。

手順

  1. vSphere Client で、vSphere Distributed Switch に移動します。
  2. [構成] タブで [設定] を展開し、[LACP] を選択します。
  3. [新しいリンク集約グループ] アイコンをクリックします。
  4. [名前] テキスト ボックスに、LAG の新しい名前を入力します。
  5. LAG に物理 NIC を追加する場合は、LAG のポート数を変更します。
    新しい NIC は、物理スイッチ上の LACP ポート チャネルの一部であるポートに接続する必要があります。
  6. LAG の LACP ネゴシエーション モードを変更します。
    物理 LACP ポート チャネル上の全ポートがアクティブ LACP モードの場合は、LAG の LACP モードをパッシブに変更でき、この逆も可能です。
  7. LAG のロード バランシング モードを変更します。
    LACP で定義されているロード バランシング アルゴリズムの中から選択できます。
  8. リンク集約のタイムアウト モードを選択します。
    LACP PDU の定期的な送信は、LACP タイムアウトの環境設定に応じて高速または低速で実行されます。高速タイムアウトの場合、PDU は 1 秒ごとに送信されますが、低速タイムアウトの場合、PDU は 30 秒ごとに送信されます。デフォルト設定は低速タイムアウトです。
    注: LACP の高速タイムアウトを設定するには、次の ESXCLI コマンドを実行します。ただし、この設定は NSX が有効な DVS または N-VDS(不透明な NSX Distributed vSwitch)に対しては使用できません。
    esxcli network vswitch dvs vmware lacp timeout set --vds DVS-name --lag-id <integer> --timeout 1
  9. VLAN と NetFlow のポリシーを変更します。
    このオプションは、アップリンク ポート グループ上で個々のポートの VLAN ポリシーと NetFlow ポリシーをオーバーライドするオプションが有効になっている場合にアクティブになります。LAG の VLAN と NetFlow のポリシーを変更すると、アップリンク ポート グループのレベルで設定されているポリシーがオーバーライドされます。
  10. [OK] をクリックします。