ネットワーク プロトコル プロファイルには、IPv4 および IPv6 アドレスのプールが含まれています。プロファイルに関連付けられているポート グループに接続している vApp か、vApp の機能を持つ仮想マシンに、vCenter Server がこれらのリソースを割り当てます。

IPv4、IPv6、またはその両方で、ネットワーク プロトコル プロファイル範囲を設定できます。vApp が一時的な IP 割り当てポリシーを使用している場合、vCenter Server は、この範囲を利用して、vApp 内の仮想マシンに IP アドレスを動的に割り当てます。

ネットワーク プロトコル プロファイルには、IP アドレスのサブネット、DNS、および HTTP プロキシ サーバの設定も含まれています。

注: プロトコル プロファイルからネットワーク設定を取得する vApp または仮想マシンを別のデータセンターに移動する場合、vApp または仮想マシンをパワーオンするには、ターゲット データセンターで接続されたポート グループにプロトコル プロファイルを割り当てる必要があります。

手順

  1. vApp と関連付けられているデータセンターに移動します。
  2. [設定] タブで、[詳細] > [ネットワーク プロトコル プロファイル] の順に選択します。
    既存のネットワーク プロトコル プロファイルが一覧表示されます。
  3. [追加] ボタンをクリックします。
    [ネットワーク プロトコル プロファイルの追加] ウィザードが開きます。
  4. [名前およびネットワーク] 画面で、ネットワーク プロトコル プロファイルの名前を入力し、このプロファイルを使用するネットワークを選択します。[次へ] をクリックします。
    ネットワークに関連付けることができるネットワーク プロトコル プロファイルは一度に 1 つです。
  5. [IPv4] 画面で、関連する IPv4 設定を行います。
    1. [サブネット] テキスト ボックスと [ゲートウェイ] テキスト ボックスに、IP アドレスのサブネットとゲートウェイを入力します。
    2. DHCP サーバがネットワーク上で使用可能であることを指定するには、[DHCP の使用] ラジオ ボタンを選択します。
    3. [DNS サーバ アドレス] テキスト ボックスに、DNS サーバ情報を入力します。
    4. IP アドレス プールの範囲を指定するには、[IP アドレス プール] オプションを有効にします。
    5. IP アドレス プールを有効にする場合、[IP アドレス プールの範囲] テキスト ボックスに、ホスト アドレスの範囲をコンマ区切りで入力します。
      範囲は、IP アドレス、ナンバー サイン (#)、および範囲の長さを示す数字で指定します。

      たとえば、10.20.60.4#10, 10.20.61.0#2 は、IPv4 アドレスが 10.20.60.4 から 10.20.60.13 まで、および 10.20.61.0 から 10.20.61.1 までの範囲になります。

      ゲートウェイと範囲はサブネット内で指定する必要があります。 [IP アドレス プールの範囲] テキスト ボックスに入力する範囲に、ゲートウェイ アドレスを含めることはできません。
    6. [次へ] をクリックします。
  6. [IPv6] 画面で、関連する IPv6 設定を行います。
    1. [サブネット] テキスト ボックスと [ゲートウェイ] テキスト ボックスに、IP アドレスのサブネットとゲートウェイを入力します。
    2. [DHCP の使用] ラジオ ボタンを選択すると、DHCP サーバがこのネットワークで使用できるようになります。
    3. [DNS サーバ アドレス] に、DNS サーバ情報を入力します。
    4. IP アドレス プール範囲を指定する場合は、[IP アドレス プール] オプションを有効にします。
    5. IP アドレス プールを有効にする場合、[IP アドレス プールの範囲] テキスト ボックスに、ホスト アドレスの範囲をコンマで区切りで入力します。
      範囲は、IP アドレス、ナンバー サイン (#)、および範囲の長さを示す数字で指定します。

      たとえば IP アドレス プール範囲を、fe80:0:0:0:2bff:fe59:5a:2b#10, fe80:0:0:0:2bff:fe59:5f:b1#2 と指定したとします。アドレスは、次の範囲内になります。

      fe80:0:0:0:2bff:fe59:5a:2b - fe80:0:0:0:2bff:fe59:5a:34

      および

      fe80:0:0:0:2bff:fe59:5f:b1 - fe80:0:0:0:2bff:fe59:5f:b2 .

      ゲートウェイと範囲はサブネット内で指定する必要があります。 [IP アドレス プールの範囲] テキスト ボックスに入力する範囲に、ゲートウェイ アドレスを含めることはできません。
    6. [次へ] をクリックします。
  7. [他のネットワークの設定] 画面で、追加のネットワーク設定を指定します。
    1. DNS ドメインを入力します。
    2. ホストのプリフィックスを入力します。
    3. DNS 検索パスを入力します。
      検索パスは、一連の DNS ドメインをコンマ、セミコロン、スペース区切りで指定します。
    4. プロキシ サーバのサーバ名とポート番号を入力します。
      サーバ名には、コロンおよびポート番号を含める必要があります。たとえば、 web-proxy:3912 は有効なプロキシ サーバです。
    5. [次へ] をクリックします。
  8. [名前およびネットワークの割り当て] 画面で、設定を確認し、[終了] をクリックします。

ネットワーク プロトコル プロファイル名とネットワークの選択

ネットワーク プロトコル プロファイルに名前を付け、それを使用するネットワークを選択します。

手順

  1. ネットワーク プロトコル プロファイルの名前を入力します。
  2. このネットワーク プロトコル プロファイルを使用するネットワークを選択します。
    ネットワークを関連付けることができるネットワーク プロトコル プロファイルは一度に 1 つです。
  3. [次へ] をクリックします。

ネットワーク プロトコル プロファイルの IPv4 構成の指定

ネットワーク プロトコル プロファイルには、vApp で使用される IPv4 および IPv6 アドレスのプールが含まれています。ネットワーク プロトコル プロファイルを作成する際には、IPv4 構成を設定します。

ネットワーク プロトコル プロファイルの範囲は、IPv4 または IPv6、あるいはその両方を使用して構成できます。vApp が一時的に割り当てられる IP を使用するように設定されている場合、vCenter Server はこれらの範囲を使用して、IP アドレスを仮想マシンに動的に割り当てます。

手順

  1. [IP サブネット] および [ゲートウェイ] をそれぞれのフィールドに入力します。
  2. [DHCP を使用] を選択すると、DHCP サーバがこのネットワークで使用できることが表示されます。
  3. DNS サーバ情報を入力します。
    IP アドレスをコンマ、セミコロン、またはスペースで区切って、サーバを指定します。
  4. [IP プールを有効にする] チェック ボックスを選択して、IP プールの範囲を指定します。
  5. IP プールを有効にする場合、[IP プールの範囲] フィールドに、ホスト アドレスの範囲をコンマで区切ってリスト形式で入力します。
    範囲は、IP アドレス、ナンバー記号 (#)、および範囲の長さを示す数字で構成されます。

    ゲートウェイと範囲はサブネット内である必要があります。[IP プール範囲] フィールドに入力する範囲に、ゲートウェイ アドレスを含めることはできません。

    たとえば、10.20.60.4#10, 10.20.61.0#2 は、IPv4 アドレスが 10.20.60.4 から 10.20.60.13 まで、および 10.20.61.0 から 10.20.61.1 までの範囲になります。

  6. [次へ] をクリックします。

ネットワーク プロトコル プロファイルの IPv6 構成の指定

ネットワーク プロトコル プロファイルには、vApp で使用される IPv4 および IPv6 アドレスのプールが含まれています。ネットワーク プロトコル プロファイルを作成するときに、その IPv6 構成を設定します。

構成できるネットワーク プロトコル プロファイルの範囲は、IPv4、IPv6、またはこの両方です。vApp が一時的に割り当てられる IP を使用するように設定されている場合、vCenter Server はこれらの範囲を使用して、IP アドレスを仮想マシンに動的に割り当てます。

手順

  1. [IP サブネット] および [ゲートウェイ] をそれぞれのフィールドに入力します。
  2. [DHCP を使用] を選択すると、DHCP サーバがこのネットワークで使用できることが表示されます。
  3. DNS サーバ情報を入力します。
    IP アドレスをコンマ、セミコロン、またはスペースで区切って、サーバを指定します。
  4. [IP プールを有効にする] チェック ボックスを選択して、IP プールの範囲を指定します。
  5. IP プールを有効にする場合、[IP プールの範囲] フィールドに、ホスト アドレスの範囲をコンマで区切ってリスト形式で入力します。
    範囲は、IP アドレス、ナンバー記号 (#)、および範囲の長さを示す数字で構成されます。たとえば、次の IP プール範囲を指定するとします。

    fe80:0:0:0:2bff:fe59:5a:2b#10,fe80:0:0:0:2bff:fe59:5f:b1#2

    アドレスは、次の範囲内になります。

    fe80:0:0:0:2bff:fe59:5a:2b - fe80:0:0:0:2bff:fe59:5a:34

    および

    fe80:0:0:0:2bff:fe59:5f:b1 - fe80:0:0:0:2bff:fe59:5f:b2

    ゲートウェイと範囲はサブネット内である必要があります。[IP プール範囲] フィールドに入力する範囲に、ゲートウェイ アドレスを含めることはできません。

  6. [次へ] をクリックします。

ネットワーク プロトコル プロファイルの DNS およびその他の構成の指定

ネットワーク プロトコル プロファイルを作成する場合、DNS ドメイン、DNS 検索パス、ホストのプリフィックス、および HTTP プロキシを指定できます。

手順

  1. DNS ドメインを入力します。
  2. ホストのプリフィックスを入力します。
  3. DNS 検索パスを入力します。
    検索パスは、コンマ、セミコロン、スペースで区切った DNS ドメインのリストで指定します。
  4. プロキシ サーバのサーバ名とポート番号を入力します。
    サーバ名には、任意でコロンおよびポート番号を含めることができます。
    たとえば、 web-proxy:3912 は有効なプロキシ サーバです。
  5. [次へ] をクリックします。

ネットワーク プロトコル プロファイルの作成の完了

手順

  • 設定を確認し、[終了] をクリックしてネットワーク プロトコル プロファイルの追加を完了します。