vSphere 標準スイッチまたは標準ポート グループのネットワーク容量を増やすには、チームに複数の物理 NIC を含めます。アダプタ故障時にネットワーク トラフィック経路を再設定する方法を決定する、フェイルオーバー順序を構成します。標準スイッチがチーム内の物理 NIC 間のトラフィックを分散する方法を決定する、ロード バランシング アルゴリズムを選択します。

物理スイッチのネットワーク構成と標準スイッチのトポロジに基づいて、NIC チーミング、フェイルオーバー、およびロード バランシングを構成します。詳細については、チーミングおよびフェイルオーバーのポリシーについておよび仮想スイッチで使用できるロード バランシング アルゴリズムを参照してください。

標準スイッチのチーミングとフェイルオーバーのポリシーを構成すると、そのポリシーはスイッチ内のすべてのポート グループに伝達されます。標準ポート グループのポリシーを構成すると、その構成によって、スイッチから継承されたポリシーがオーバーライドされます。

手順

  1. vSphere Clientで、ホストに移動します。
  2. [構成] タブの [ネットワーク] を展開し、[仮想スイッチ] を選択します。
  3. 標準スイッチまたは標準ポート グループのチーミングおよびフェイルオーバー ポリシーに移動します。
    オプション アクション
    標準スイッチ
    1. リストからスイッチを選択します。
    2. [設定の編集] をクリックして、[チーミングおよびフェイルオーバー] を選択します。
    標準ポート グループ
    1. ポート グループが配置されているスイッチを選択します。
    2. スイッチ トポロジ ダイアグラムで標準ポート グループを選択し、[設定の編集] をクリックします。
    3. [チーミングおよびフェイルオーバー] を選択します。
    4. オーバーライドするポリシーの横の [オーバーライド] を選択します。
  4. [ロード バランシング] ドロップダウン メニューから、仮想スイッチによってチーム内の物理 NIC 間で送信トラフィックの負荷を分散する方法を指定します。
    オプション 説明
    発信元の仮想ポートに基づいたルート スイッチの仮想ポート ID に基づいてアップリンクを選択します。仮想スイッチは、仮想マシンまたは VMkernel アダプタのアップリンクを選択すると、必ずこの仮想マシンまたは VMkernel アダプタと同じアップリンクを介してトラフィックを転送します。
    IP ハッシュに基づいたルート

    各パケットの送信元と宛先の IP アドレスのハッシュに基づいて、アップリンクを選択します。IP 以外のパケットの場合、スイッチはそれらのフィールドのデータを使用してハッシュを計算します。

    IP ベースのチーミングでは、EtherChannel で物理スイッチを構成する必要があります。

    発信元 MAC ハッシュに基づいたルート 送信元のイーサネットのハッシュに基づいて、アップリンクを選択します。
    明示的なフェイルオーバー順序を使用 アクティブ アダプタのリストから、フェイルオーバーの検出基準を満たした最上位のアップリンクを常に使用します。このオプションで実行される実際のロード バランシングはありません。
  5. [ネットワークのフェイルオーバー検出] ドロップダウン メニューから、フェイルオーバー検出のために仮想スイッチが使用する方法を選択します。
    オプション 説明
    リンク状態のみ

    ネットワーク アダプタが提供するリンク ステータスのみに依存します。このオプションでは、取り外されたケーブルや物理スイッチの電源障害などの障害が検出されます。

    ビーコンの検知

    チーム内のすべての NIC に対してビーコンの検知の送信および待機を行い、この情報とリンク ステータスを使用してリンク故障を確認します。ESXi は 1 秒ごとにビーコン パケットを送信します。

    NIC は未使用の状態ではビーコンの検知に参加しないため、アクティブ/アクティブ構成またはアクティブ/スタンバイ構成にする必要があります。

  6. [スイッチへの通知] ドロップダウン メニューから、フェイルオーバーの発生時に標準スイッチまたは分散スイッチから物理スイッチに通知するかどうかを選択します。
    注: 接続された仮想マシンが Microsoft Network Load Balancing をユニキャスト モードで使用している場合、このオプションを [いいえ] に設定します。Network Load Balancing がマルチキャスト モードで稼動している場合、問題は発生しません。
  7. [フェイルバック] ドロップダウン メニューから、障害から復旧した後に物理アダプタをアクティブ状態に戻すかどうかを選択します。

    フェイルバックを [はい](デフォルト)に設定すると、アダプタは、復旧後すぐにアクティブ モードに戻り、スロットを引き継いだスタンバイ アダプタがある場合はそれに取って代わります。

    標準ポートに対するフェイルバックを [いいえ] に設定すると、故障したアダプタは、その時点でアクティブな別のアダプタが故障して交換が必要になるまで、復旧後もアクティブでない状態のままになります。

  8. [フェイルオーバーの順序] リストを構成することで、フェイルオーバーが発生したときにチーム内のアップリンクが使用される方法を指定します。
    一部のアップリンクを使用しつつ、使用中のアップリンクに障害が発生した際に他のアップリンクを確保するには、上矢印または下矢印キーを使用して、アップリンクを別のグループに移動します。
    オプション 説明
    有効なアダプタ ネットワーク アダプタ接続が稼動中で有効な場合に、アップリンクを継続的に使用します。
    スタンバイ アダプタ アクティブな物理アダプタのいずれかが利用できなくなった場合、このアップリンクを使用します。
    未使用アダプタ このアップリンクは使用しません。
  9. [OK] をクリックします。