vSphere Distributed Switch を使用して vSphere 環境のネットワークを管理するには、ホストをスイッチに関連付ける必要があります。ホストの物理 NIC、VMkernel アダプタ、仮想マシン ネットワーク アダプタを Distributed Switch に接続します。

前提条件

  • スイッチに接続する物理 NIC に割り当てるための十分なアップリンクが Distributed Switch で使用可能であることを確認します。
  • Distributed Switch に、少なくとも 1 つの分散ポート グループがあることを確認します。
  • 分散ポート グループのチーミングおよびフェイルオーバー ポリシーで、アクティブなアップリンクが構成されていることを確認します。

iSCSI 用の VMkernel アダプタを移行または作成する場合は、ターゲット分散ポート グループのチーミングおよびフェイルオーバー ポリシーで iSCSI の要件を満たしていることを確認します。

  • 1 つのアップリンクのみがアクティブで、スタンバイ リストは空であり、残りのアップリンクが未使用であることを確認します。
  • ホストごとに 1 つの物理 NIC のみがアクティブ アップリンクに割り当てられていることを確認します。

手順

  1. vSphere Client のホーム画面で、[ネットワーク] をクリックし、Distributed Switch に移動します。
  2. Distributed Switch を右クリックして、[ホストの追加と管理] を選択します。
  3. [タスクを選択] ページで、[ホストの追加] を選択し、[次へ] をクリックします。
  4. [ホストの選択] ページで、次の操作を実行します。
    1. [すべてのホスト] で使用可能なホストのリストからホストを選択します。
    2. 選択したホストを表示するには、[選択済み] をクリックします。
      選択したホストが表示されます。
    3. 互換性に基づいてホストをフィルタするには、[互換性] をクリックします。
      注: ネットワーク オフロードの互換性を備えた vSphere Distributed Switch にホストを追加する場合、互換性のある DPU によってバッキングされている互換性のあるアダプタのみを追加できます。
    4. 使用可能なすべてのホストを選択するには、[すべて選択] をクリックします。
  5. [次へ] をクリックします。
  6. [物理アダプタの管理] ページでアップリンの割り当てまたは割り当て解除を行うことにより、Distributed Switch に対しネットワーク アダプタを追加または削除できます。
  7. 同じ物理ネットワーク アダプタが搭載されたすべてのホスト上のアダプタを管理するには、[すべてのホストのアダプタ] を選択します。
    1. [すべて選択] をクリックして、すべてのホストを選択します。
    2. アップリンクをホストに割り当てるには、ドロップダウン メニューでアップリンクを選択します。
    3. ホストからアップリンクの割り当てを解除するには、ドロップダウン メニューで [なし] を選択します。
    4. ホストの詳細を表示するには、[物理ネットワーク アダプタ] に表示されているネットワーク アダプタを展開します。
    5. [使用元スイッチ] に、この VMkernel アダプタを使用するスイッチが表示されます。
    たとえば、 uplink1vmnic1 に割り当てると、物理ネットワーク アダプタとして vmnic1 が搭載されているすべてのホストに割り当てられます。
  8. ホストごとにアダプタを管理するには、[ホストごとのアダプタ] を選択します。
    1. リストからホストを個別に選択します。
    2. アップリンクをホストに割り当てるには、ドロップダウン メニューでアップリンクを選択します。
    3. ホストからアップリンクの割り当てを解除するには、ドロップダウン メニューで [なし] を選択します。
    他の標準スイッチまたは Distributed Switch に割り当てられている物理 NIC を選択すると、NIC は現在の Distributed Switch に移行されます。
    ネットワーク構成の整合性を保つため、すべてのホストで 1 つの同じ物理 NIC を Distributed Switch の同じアップリンクに接続できます。
    たとえば、2 つのホストを追加している場合は、各ホストの vmnic1 を Distributed Switch の Uplink1 に接続します。
  9. [次へ] をクリックします。
    注: ホストに物理ネットワーク アダプタが割り当てられていない場合は、警告が表示されます。
  10. [VMkernel アダプタの管理] ページで、Distributed Switch に対する VMkernel アダプタを管理できます。
  11. 同じ VMkernel アダプタが搭載されたすべてのホスト上の VMkernel アダプタを管理するには、[すべてのホストのアダプタ] を選択します。
    1. すべてのホストを選択するには、[すべて選択] をクリックします。
    2. [ポート グループの割り当て] をクリックします。
      使用可能なすべてのポート グループが表示されます。
    3. ポート グループを割り当てるには、[割り当て] をクリックします。
    4. ポート グループの割り当てを解除するには、[割り当て解除] をクリックします。
    5. [使用元スイッチ] に、この VMkernel アダプタを使用するスイッチが表示されます。
    6. ホストの詳細を表示するには、[名前] に表示されている VMkernel アダプタを展開します。
    たとえば、 DPortGroup1vmk0 に割り当てると、VMkernel ネットワーク アダプタとして vmk0 が搭載されているすべてのホストにこのポート グループが割り当てられます。
  12. ホストごとに VMkernel アダプタを管理するには、[ホストごとのアダプタ] を選択します。
    1. リストからホストを個別に選択します。
    2. [ポート グループの割り当て] をクリックします。
      使用可能なすべてのポート グループが表示されます。
    3. ポート グループを割り当てるには、[割り当て] をクリックします。
    4. ポート グループの割り当てを解除するには、[割り当て解除] をクリックします。
  13. [次へ] をクリックします。
  14. [仮想マシン ネットワークの移行] ページで [仮想マシン ネットワークの移行] チェック ボックスをオンにして、仮想マシンを Distributed Switch に移行します。
  15. ネットワーク アダプタごとに構成するには、[ポート グループの割り当て] をクリックします。
    1. ポート グループを割り当てるには、[割り当て] をクリックします。
      たとえば、ポート グループは、同じネットワーク アダプタが搭載されたすべての仮想マシンに割り当てられます。
    2. ポート グループの割り当てを解除するには、[割り当て解除] をクリックします。
  16. 仮想マシンごとに構成するには、[ポート グループの割り当て] をクリックします。
    1. ポート グループを割り当てるには、[割り当て] をクリックします。
    2. ポート グループの割り当てを解除するには、[割り当て解除] をクリックします。
  17. [次へ] をクリックします。
  18. [ホストの追加と管理] ウィザードの [設定の確認] ページで、仮想マシンの設定を確認します。
  19. [終了] をクリックします。
    これで、vSphere Distributed Switch にホストが正常に追加されました。

次のタスク

Distributed Switch にホストが関連付けられたので、物理ネットワーク アダプタ、VMkernel アダプタ、仮想マシン ネットワーク アダプタを管理できます。