VMware の大規模な Remote Office Branch Office (ROBO) Enterprise ライセンスを使用している場合は、ホストがメンテナンス モードになったときに仮想マシンの自動退避がサポートされます。

ROBO Enterprise クラスタでは DRS がデフォルトで無効になっているため、DRS 設定を変更できません。ROBO Enterprise クラスタ内のホストがメンテナンス モードになると、仮想マシンは DRS によってホストから自動的に退避されます。ホストから仮想マシンを退避する前に、DRS は仮想マシンとホスト間のアフィニティ マッピングを作成して、仮想マシンが配置されていた場所を追跡します。ホストのメンテナンス モードが終了すると、そのホストで実行されていた仮想マシンはホストに移行されます。ホストが移行されると、仮想マシンとホスト間のアフィニティ マッピングはクリアされます。

ROBO Enterprise ライセンスでの DRS メンテナンス モードの制限事項

ROBO Enterprise ライセンスでの DRS 機能は、DRS のフル機能ではありません。

ROBO Enterprise クラスタでメンテナンス モードを開始する場合は、事前にいくつかの制限事項を把握しておく必要があります。ROBO Enterprise クラスタでは、DRS はデフォルトでは無効です。DRS 対応ライセンスから ROBO Enterprise ライセンスに移行した場合、システムにはアフィニティ ルールまたは非アフィニティ ルールを伴う仮想マシンがあることがあります。アフィニティ ルールまたは非アフィニティ ルールを伴う仮想マシンは無効にするか、削除する必要があります。そうしないと、ROBO Enterprise のメンテナンス モード操作は無効になります。DRS が完全自動化モードに設定されていない場合、ROBO Enterprise のメンテナンス モード操作は無効です。ホストのメンテナンス ワークフローを介して仮想マシンを自動的に退避させるには、DRS 自動化レベルを完全自動化モードに設定する必要があります。仮想マシンが DRS 完全自動化モードをオーバーライドした場合は、仮想マシンを手動で退避させる必要があります。

ROBO Enterprise ライセンスでの DRS メンテナンス モードの使用

vSphere では、ROBO Enterprise ライセンスで一部の DRS メンテナンス モード機能を利用できます。

前提条件

  • クラスタ内のすべてのホストに ROBO Enterprise ライセンスがインストールされているかどうかを確認します。インストールされていない場合は、ライセンスをインストールする必要があります。
  • DRS ルールを設定して有効にしているかどうかを確認します。有効な場合は無効にするか削除して、ROBO Enterprise メンテナンス モードで操作を行う必要があります。

手順

  1. ROBO Enterprise ライセンスで DRS メンテナンス モードを使用するには、クラスタの各ホストに ROBO Enterprise ライセンスがインストールされていることを確認します。
    • ライセンスがインストールされていない場合は、手順 2 に進みます。
    • ライセンスがインストールされている場合は、手順 3 に進みます。
  2. ROBO Enterprise ライセンスをインストールします。
    1. vSphere Client で、ホストを参照して移動します。
    2. [構成] タブで [ライセンス] を選択します。
    3. [ライセンスの割り当て] をクリックします。
    4. ROBO Enterprise ライセンス キーを入力して、[OK] をクリックします。
    クラスタ内のすべてのホストで、この手順を繰り返す必要があります。
  3. クラスタ内のホストを選択し、右クリックして [メンテナンス モードへの切り替え] を選択し、[OK] をクリックします。
    ホスト上の仮想マシンを自動的に退避させます。

結果

ホストでメンテナンス モードを終了すると、仮想マシンはホストに自動的に移行されます。ホストは、元の状態にリストアされます。ただし、ホストに負荷がかかりすぎる場合、DRS は仮想マシンを元のホストに移行できません。DRS はホストを元の状態に復旧しますが、ホストを過負荷にすることはありません。

次のタスク

ROBO Enterprise ライセンスを使用している場合に、DRS メンテナンス モードを無効にする必要があるときは、vpxd.cfg ファイルを編集します。vpxd.cfg ファイルを開きます。<クラスタ> オプションの <roboMMEnabled>true</roboMMEnabled><roboMMEnabled>false</roboMMEnabled> に変更します。これは、ランタイムの設定であるため、設定の更新後に vpxd を再起動する必要はありません。

ROBO Enterprise ライセンスでの DRS メンテナンス モードのトラブルシューティング

ROBO Enterprise クラスタでメンテナンス モードを使用しているときに問題が発生した場合は、以下を確認してください。

以下のことを確認して、ROBO Enterprise クラスタでメンテナンス モードが正しく機能するようにします。

  • クラスタ内のすべてのホストに ROBO Enterprise ライセンスがインストールされているかどうかを確認します。インストールされていない場合は、ライセンスをインストールする必要があります。
  • DRS ルールを設定して有効にしているかどうかを確認します。有効な場合は無効にするか削除して、ROBO Enterprise メンテナンス モードで操作を行う必要があります。
  • 互換性チェックに失敗した場合は、他のホストが仮想マシンと互換性があるかどうかを確認します。