vSphere クラスタ サービス (vCLS) はデフォルトで有効で、すべての vSphere クラスタで実行されます。vCLS は、vCenter Server が利用できなくなった場合に、クラスタ内で実行されるワークロードのリソースと健全性を維持するために、クラスタ サービスを引き続き使用できるようにします。DRS と HA を実行するには、vCenter Server が引き続き必要です。

vCLS は、vSphere 7.0 Update 3 にアップグレードするか、vSphere 7.0 Update 3 以降を新規にデプロイすると有効になります。vCLS は、vCenter Server アップグレードの一部としてアップグレードされます。

vCLS は、エージェント仮想マシンを使用してクラスタ サービスの健全性を維持します。ホストをクラスタに追加すると、vCLS エージェント仮想マシン(vCLS 仮想マシン)が作成されます。各 vSphere クラスタでは、最大で 3 台の vCLS 仮想マシンをクラスタ内に分散して実行する必要があります。vCLS は、ホストが 1 台または 2 台のみのクラスタでも有効になります。これらのクラスタでは、vCLS 仮想マシンはそれぞれ 1 台、2 台です。

新しい非アフィニティ ルールが自動的に適用されます。3 分ごとにチェックが実行され、複数の vCLS 仮想マシンが 1 台のホストにある場合、それらの仮想マシンは異なるホストに自動的に再配分されます。

表 1. クラスタ内の vCLS エージェント仮想マシンの数
クラスタ内のホストの数 vCLS エージェント仮想マシンの数
1 1
2 2
3 以上 3

vSphere DRS や vSphere HA などのクラスタ サービスがクラスタで有効になっていない場合でも、すべてのクラスタで vCLS 仮想マシンが実行されます。vCLS 仮想マシンのライフサイクル処理は、ESX Agent Manager やワークロード制御プレーンなどの vCenter Server サービスによって管理されます。vCLS 仮想マシンでは NIC はサポートされていません。

vCLS が有効なクラスタには、vCenter Server と互換性がある ESXi バージョンであれば、異なるバージョンの ESXi ホストを含めることができます。vCLS は、vSphere Lifecycle Manager クラスタと連携します。

vSphere DRS および vCLS 仮想マシン

vSphere DRS は、vSphere の重要な機能で、vSphere クラスタ内で実行されるワークロードの健全性の維持に必要です。DRS は vCLS 仮想マシンの可用性に依存します。

注: vCLS 仮想マシンに問題があるクラスタで DRS を有効にすると、 [クラスタのサマリ] 画面に警告メッセージが表示されます。
注: DRS が有効でも vCLS 仮想マシンに問題がある場合、DRS が動作するにはその問題を解決する必要があります。 [クラスタのサマリ] 画面に警告メッセージが表示されます。

DRS が機能しない場合でも、必ずしも DRS が無効になっているわけではありません。既存の DRS 設定とリソース プールは、vCLS 仮想マシンのクォーラムが失われても存続します。vCLS の健全性が [非健全] に変更されるのは、DRS が有効なクラスタで vCLS 仮想マシンが実行されておらず、そのために DRS の最初のインスタンスがスキップされた場合に限られます。1 台以上の vCLS 仮想マシンが実行されていない場合、DRS が有効でないクラスタでの vCLS の健全性は [低下] のままです。

vCLS 仮想マシンでのデータストア選択

vCLS 仮想マシン用のデータストアは、クラスタ内のホストに接続されているすべてのデータストアのランクに基づいて自動的に選択されます。

データストアに接続されているクラスタ内のホストに予約済みの空き DRS スロットがある場合、そのデータストアが選択される可能性は高くなります。このアルゴリズムでは、可能であれば vCLS 仮想マシンをローカル データストアではなく共有データストアに配置することを試行します。空き容量の大きいデータストアが優先されます。また、このアルゴリズムでは同じデータストアに複数の vCLS 仮想マシンを配置しないようにします。vCLS 仮想マシンのデータストアの変更は、デプロイしてパワーオンした後にのみ可能です。

vCLS 仮想マシンの VMDK を別のデータストアに移動する場合、または別のストレージ ポリシーを適用する場合は、vCLS 仮想マシンを再構成します。この操作を実行すると、警告メッセージが表示されます。

Storage vMotion を実行すると、vCLS 仮想マシンを別のデータストアに移行できます。1 つのデータセンターで実行されているすべての仮想マシンに適用される特定のメタデータ戦略がある場合など、vCLS 仮想マシンをワークロード仮想マシンから切り離してグループ化する必要があるときは、タグを付けたり、カスタム属性を割り当てたりすることができます。

注: データストアがメンテナンス モードのとき、データストアで vCLS 仮想マシンをホストする場合は、手動で Storage vMotion を適用して vCLS 仮想マシンを新しい場所に移動するか、クラスタを退避モードにする必要があります。警告メッセージが表示されます。
メンテナンス モードへの切り替えタスクは開始されますが、終了できません。これは、データストアに 1 台の仮想マシンが配置されているためです。続行する場合でも、[最近のタスク] でタスクを常にキャンセルできます。
選択したデータストアには、パワーオフできない vSphere クラスタ サービス仮想マシンが保存されている可能性があります。vSphere クラスタ サービスの健全性を確保するには、このデータストアをメンテナンスのために停止する前に、これらの仮想マシンを vMotion によりクラスタ内の別のデータストアに手動で移動する必要があります。ナレッジベースの記事 KB79892 を参照してください。
続行するには、[ すべての仮想マシンのストレージを移行し、移行後もメンテナンス モードへの切り替えを継続します。] チェックボックスをオンにします。

vCLS データストアの配置

デフォルトの vCLS 仮想マシン データストアの配置をオーバーライドできます。

vSphere クラスタ サービス (vCLS) 仮想マシン データストアの場所は、デフォルトのデータストア選択ロジックによって選択されます。クラスタのデフォルトの vCLS 仮想マシン データストア配置をオーバーライドするには、クラスタを参照し、[構成 ] > [vSphere クラスタ サービス] > [データストア][追加] をクリックして、許可されるデータストアのセットを指定します。一部のデータストアは、vCLS を構成できない SRM などのソリューションまたは vSAN メンテナンス モードによってブロックされるため、一部のデータストアは、vCLS に対して選択できません。ユーザーは、vCLS 仮想マシンに対してソリューションにブロックされたデータストアを追加または削除できません。

vSphere クラスタ サービスの監視

vCLS 仮想マシンによって使用されたリソースと、それらの健全性ステータスを監視できます。

vCLS 仮想マシンは、[ホストおよびクラスタ] タブのインベントリ ツリーに表示されません。データセンター内のすべてのクラスタの vCLS 仮想マシンは、[vCLS] という名前の別の仮想マシンおよびテンプレート フォルダ内に配置されています。このフォルダと vCLS 仮想マシンは、vSphere Client[仮想マシンおよびテンプレート] タブにのみ表示されます。これらの仮想マシンは、通常のワークロード仮想マシンとは異なるアイコンで識別されます。vCLS 仮想マシンの [サマリ] タブで、vCLS 仮想マシンの目的に関する情報を確認できます。

[監視] タブで、vCLS 仮想マシンによって使用されるリソースを監視できます。

表 2. vCLS 仮想マシンのリソース割り当て
プロパティ サイズ
VMDK サイズ 245 MB(シン ディスク)
メモリ 128 MB
CPU 1 vCPU
ハード ディスク 2 GB
データストア上のストレージ 480 MB(シン ディスク)
注: vCLS 仮想マシンごとに、クラスタに 100 MHz、100 MB のキャパシティが予約されています。クラスタ内で実行されている vCLS 仮想マシンの数に応じて、これらの仮想マシンに対して最大 400 MHz、400 MB のキャパシティを予約できます。

クラスタの [サマリ] タブに表示されている [クラスタ サービス] ポートレット内で、vCLS の健全性ステータスを監視できます。

表 3. vCLS の健全性ステータス
ステータス 色分け サマリ
健全 1 台以上の vCLS 仮想マシンが実行されている場合、クラスタ内のホストの数に関係なく、ステータスは健全なままになります。
低下しました 黄色 vCLS 仮想マシンが実行されていない状態が 3 分未満続いた場合、ステータスは低下になります。
非健全 vCLS 仮想マシンが実行されていない状態が 3 分以上続いた場合、DRS 対応クラスタのステータスは非健全になります。

vSphere クラスタ サービスの健全性の維持

vSphere DRS はこれらの仮想マシンの可用性に依存しているため、vCLS 仮想マシンは常にパワーオン状態になります。これらの仮想マシンはシステム仮想マシンとして扱う必要があります。管理者のみが vCLS 仮想マシンで選択的な操作を実行できます。クラスタ サービスの障害を回避するために、vCLS 仮想マシンでは構成や操作を実行しないでください。

vCLS 仮想マシンは、誤って削除されないように保護されています。クラスタ仮想マシンとフォルダは、管理者を含むユーザーが変更できないように保護されています。

管理者 SSO グループのメンバーであるユーザーだけが次の管理操作を実行できます。

  • vCLS 仮想マシンに対する読み取り専用アクセス
  • vCLS 仮想マシンに対するコンソール アクセス
  • コールド移行またはホット移行を使用して、vCLS 仮想マシンを新しいストレージ、コンピューティング リソース、またはその両方に再配置します
  • vCLS 仮想マシンに対するタグとカスタム属性の使用

vCLS 仮想マシンの健全な機能を妨げる可能性のある操作は、次のとおりです。

  • vCLS 仮想マシンの電源状態の変更
  • CPU、メモリ、ディスク サイズ、ディスクの配置など、vCLS 仮想マシンのリソースの再構成
  • 仮想マシンの暗号化
  • vCLS 仮想マシンの vMotion のトリガ
  • BIOS の変更
  • インベントリからの vCLS 仮想マシンの削除
  • ディスクからの vCLS 仮想マシンの削除
  • vCLS 仮想マシンの FT の有効化
  • vCLS 仮想マシンのクローン作成
  • PMem の構成
  • vCLS 仮想マシンを別のフォルダへの移動
  • vCLS 仮想マシンの名前変更
  • vCLS フォルダの名前変更
  • vCLS 仮想マシンでの DRS ルールとオーバーライドの有効化
  • vCLS 仮想マシンでの HA アドミッション コントロール ポリシーの有効化
  • vCLS 仮想マシンでの HA オーバーライドの有効化
  • vCLS 仮想マシンのリソース プールへの移動
  • スナップショットからの vCLS 仮想マシンのリカバリ

vCLS 仮想マシンで中断操作を実行すると、警告ダイアログ ボックスが表示されます。

トラブルシューティング:

電源状態を含む vCLS 仮想マシンの健全性は、EAM および WCP サービスによって管理されます。vCLS 仮想マシンのパワーオンに失敗した場合、または vCLS 仮想マシンのクォーラム不足のためにクラスタの DRS の最初のインスタンスがスキップされた場合は、クラスタのサマリ ページにバナーが表示され、エラー状態のトラブルシューティングに役立つナレッジベースの記事へのリンクが示されます。

vCLS 仮想マシンはシステム仮想マシンとして扱われるため、これらの仮想マシンをバックアップしたり、スナップショットを作成したりする必要はありません。これらの仮想マシンの健全性の状態は、vCenter Server サービスによって管理されます。

クラスタの退避モードへの切り替え

データストアがメンテナンス モードのとき、データストアで vCLS 仮想マシンをホストする場合は、Storage vMotion によって vCLS 仮想マシンを新しい場所に手動で移動するか、クラスタを退避モードにする必要があります。

このタスクでは、クラスタを退避モードにする方法について説明します。

手順

  1. vSphere Client にログインします。
  2. vCLS を無効にするクラスタに移動します。
  3. ブラウザの URL フィールドからクラスタのドメイン ID をコピーします。これは、domain-c(数字) のような形式です。
    注: URL のコロンの左側にる数字のみをコピーします。
  4. vCenter Server の [構成] タブに移動します。
  5. [詳細設定] で、[設定の編集] ボタンをクリックします。
  6. 新しいエントリ config.vcls.clusters.domain-c(数字).enabled を追加します。手順 3 でコピーしたドメイン ID を使用します。
  7. [値]False に設定します。
  8. [保存] をクリックします。

結果

vCLS 監視サービスは 30 秒ごとに実行されます。1 分以内に、クラスタ内のすべての vCLS 仮想マシンがクリーンアップされ、 [クラスタ サービス] の健全性が [低下] に設定されます。クラスタで DRS が有効になっている場合、DRS 機能は停止し、 [クラスタのサマリ] に追加の警告が表示されます。DRS が有効になっていても、退避モードから取り除くことで vCLS を再構成するまで DRS は機能しません。

vSphere HA による配置は、ホスト障害が発生している状況では最適になりません。HA は、配置の推奨について DRS に依存しています。それでも HA は仮想マシンをパワーオンしますが、これらの仮想マシンは最適でないホスト上でパワーオンされている可能性があります。

クラスタの退避モードを解除するには、手順 7 の値を True に変更します。

vCLS 仮想マシンのパスワードの取得

vCLS 仮想マシンにログインするためのパスワードを取得できます。

クラスタ サービスの健全性を確保するために、vCLS 仮想マシンへのアクセスは避けてください。このドキュメントは、vCLS 仮想マシンの明示的な診断を目的としています。

手順

  1. SSH を使用して vCenter Server Appliance にログインします。
  2. 次の Python スクリプトを実行します。
    /usr/lib/vmware-wcp/decrypt_clustervm_pw.py
  3. パスワードの出力を読み取ります。

    pwd-script-output

    Read key from file

    Connected to PSQL

    PWD: (password displayed here)

結果

取得したパスワードを使用して、vCLS 仮想マシンにログインできます。

vCLS 仮想マシン非アフィニティ ポリシー

vSphere では、vCLS 仮想マシンとワークロード仮想マシンの別のグループ間の非アフィニティがサポートされます。

コンピューティング ポリシーを使用すると、vSphere Distributed Resource Scheduler (DRS) でリソース プール内のホストに仮想マシンが配置される方法を指定できます。vSphere コンピューティング ポリシー エディタを使用して、コンピューティング ポリシーを作成および削除します。コンピューティング ポリシーは作成または削除できますが、変更することはできません。ポリシーの定義で使用されているカテゴリ タグを削除すると、ポリシーも削除されます。vSphere の [仮想マシンのサマリ] ページを開き、仮想マシンに適用されるコンピューティング ポリシーと、各ポリシーとのコンプライアンス ステータスを表示します。vCLS 仮想マシンのグループに非アフィニティであるワークロード仮想マシンのグループのコンピューティング ポリシーを作成できます。vCLS 非アフィニティ ポリシーは、ワークロード仮想マシンのグループに対して単一のユーザー表示タグを持つことができ、vCLS 仮想マシンの他のグループは内部的に認識されます。

vCLS 仮想マシン非アフィニティ ポリシーの作成または削除

vCLS 仮想マシン非アフィニティ ポリシーでは、仮想マシンと vCLS システム仮想マシンのカテゴリ間の関係を説明します。

vCLS 仮想マシン非アフィニティ ポリシーでは、vCLS 仮想マシンとアプリケーション仮想マシンを同じホストに配置することは推奨されません。このタイプのポリシーは、vCLS 仮想マシンと重要なワークロードを実行している仮想マシンを同じホスト上で実行しない場合に有用です。SAP HANA などの重要なワークロードを実行するためのいくつかのベスト プラクティスには、専用ホストが必要です。ポリシーが作成されると、配置エンジンは、ポリシー仮想マシンが実行されていないホストに vCLS 仮想マシンを配置しようとします。

vCLS 仮想マシン非アフィニティ ポリシーの実施は、いくつかの点で影響を受ける可能性があります。
  • さまざまなホスト上の複数の仮想マシンにポリシーが適用され、vCLS 仮想マシンを分散するための十分なホストを確保できない場合、vCLS 仮想マシンはポリシー仮想マシンのないホストに統合されます。
  • プロビジョニング操作でターゲット ホストが指定された場合、その指定はポリシーに違反しても常に考慮されます。DRS は、後続の修正サイクルで vCLS 仮想マシンを準拠ホストに移動しようとします。

手順

  1. vCLS 仮想マシン非アフィニティ ポリシーに含める仮想マシンのグループごとに、カテゴリを作成してタグを付けます。
  2. 含める仮想マシンにタグを付けます。
  3. vCLS 仮想マシン非アフィニティ ポリシーを作成します。
    1. vSphere で、[ポリシーおよびプロファイル] > [コンピューティング ポリシー] の順にクリックします。
    2. [追加] をクリックし、[新しいコンピューティング ポリシー] ウィザードを開きます。
    3. ポリシーの [名前] を入力し、[ポリシー タイプ] ドロップダウン コントロールから [vCLS 仮想マシンの非アフィニティ] を選択します。
      ポリシーの [名前] は一意である必要があります。
    4. ポリシーの [説明] を入力してから、[仮想マシン タグ] を使用して、ポリシーを適用する [カテゴリ][タグ] を選択します。
      複数の仮想マシン タグが 1 つのカテゴリに関連付けられている場合を除き、タグ [カテゴリ] を選択すると、ウィザードで仮想マシン タグが入力されます。
    5. [作成] をクリックしてポリシーを作成します。
  4. (オプション) コンピューティング ポリシーを削除するには、vSphere を開き、[ポリシーおよびプロファイル] > [コンピューティング ポリシー] の順にクリックして、各ポリシーをカードとして表示します。[削除] をクリックして、ポリシーを削除します。