ゲスト OS とリモート コンソール間のコピー アンド ペースト操作はデフォルトで無効です。安全な環境のためには、デフォルト設定を保持してください。コピー アンド ペースト操作が必要な場合は、vSphere Client を使用して操作を有効にする必要があります。

安全な環境を確保するために、これらのオプションのデフォルト値が設定されています。ただし、設定が正しいかどうかを監査ツールが確認できるようにするには、明示的に true に設定する必要があります。

前提条件

仮想マシンがパワーオフの状態である。

手順

  1. vSphere Client インベントリで、仮想マシンを参照します。
  2. 仮想マシンを右クリックし、[設定の編集] をクリックします。
  3. [仮想マシン オプション] を選択します。
  4. [詳細] をクリックして、[構成の編集...] をクリックします。
  5. [名前] 列と [値] 列に次の値が入力されていることを確認するか、値を追加します。
    名前
    isolation.tools.copy.disable true
    isolation.tools.paste.disable true
    isolation.tools.setGUIOptions.enable false
    ゲスト OS の VMware Tools コントロール パネルで行なった設定は、これらのオプションによってすべてオーバーライドされます。
  6. [OK] をクリックします。
  7. (オプション) 構成パラメータに変更を加えた場合、仮想マシンを再起動してください。