名前空間の権限は、VMware vSphere® with VMware Tanzu™ 名前空間を作成および管理できるユーザーを制御します。

この権限は、階層内の異なるレベルで設定できます。たとえば、フォルダ レベルで権限を設定した場合、その権限をフォルダ内の 1 つ以上のオブジェクトに伝達できます。[必要とするオブジェクト] 列に示されるオブジェクトには、直接または継承のいずれか方法で権限が設定されている必要があります。

表 1. 名前空間の権限
vSphere Client での権限名 説明 必要とするオブジェクト API での権限名
ディスクの廃止操作を許可 データ ストアの運用を終了できるようにします。

データストア

Namespaces.ManageDisks
ワークロード コンポーネント ファイルのバックアップ etcd クラスタのコンテンツをバックアップできるようにします(VMware Cloud on AWS でのみ使用)。

クラスタ

Namespaces.Backup
アクセス可能な名前空間の一覧表示 アクセス可能な名前空間を一覧表示できます。

クラスタ

Namespaces.ListAccess
クラスタ全体の構成の変更

クラスタ全体の構成の変更と、クラスタ名前空間の有効化および無効化が可能です。

クラスタ

Namespaces.ManageCapabilities
クラスタ全体での名前空間のセルフサービス構成の変更 名前空間のセルフサービス構成を変更できるようにします。

クラスタ

(アクティブ化および非アクティブ化用)

テンプレート

(構成の変更用)

vCenter Server

(テンプレートの作成用)
Namespaces.SelfServiceManage
名前空間構成の変更

リソース割り当て、ユーザー権限など、名前空間構成オプションを変更できます。

クラスタ

Namespaces.Manage
クラスタ機能の切り替え クラスタ機能の状態を操作できるようにします(VMware Cloud on AWS でのみ内部で使用)。

クラスタ

なし
クラスタを新しいバージョンにアップグレード クラスタのアップグレードを開始できるようにします。

クラスタ

Namespaces.Upgrade