ESXi ホスト上の NFS 3 データストアに VMkernel ポート バインドを使用すると、NFS ボリュームを特定の VMkernel アダプタにバインドして NFS サーバに接続できます。NFS 3 データストアでは、NFS トラフィックを特定の VMkernel アダプタに隔離できます。このアダプタにトラフィックをルーティングするには、データストアをアダプタに接続します。

注: バインドを使用しない場合、 ESXi が NFS トラフィック用に使用する VMkernel アダプタに障害が発生すると、ネットワーク インフラストラクチャがトラフィックを代替ルートにリダイレクトします。その結果、NFS トラフィックが誤ってランダムな VMkernel アダプタを通過することがあります。

前提条件

  • NFS ストレージ環境を設定します。
  • デフォルトの TCP/IP スタックの VMkernel アダプタを作成して構成します。

手順

  1. NFS 3 データストアを VMkernel アダプタにバインドします。
    1. vSphere Client ナビゲータで、ホスト、クラスタ、またはデータセンターを参照します。
    2. 右クリック メニューで [ストレージ] > [][新しいデータストア] の順に選択します。
    3. データストアのタイプとして [NFS] を選択し、[NFS 3] を選択します。
    4. データストアのパラメータを入力します。詳細については、『vSphere 環境での NFS データストアの作成』を参照してください。
    5. [vmknic にバインド] を選択します。
    6. データセンターまたはクラスタ レベルでデータストアを作成する場合は、データストアをマウントするホストを選択します。
    7. データセンター レベルまたはクラスタ レベルのデータストアの場合は、次のいずれかのオプションを選択します。
      • [すべてのホストの vmknic] を選択します。このオプションを使用すると、データストアをマウントしたすべてのホストで、選択可能な VMkernel アダプタを使用できます。
      • [ホストごとの vmknic] を選択します。このオプションを使用すると、ホストごとに VMkernel アダプタを指定できます。
        注: 一度に 1 つの項目のみを選択できます。
    8. 選択した構成オプションを確認し、[終了] をクリックします。
  2. NFS 3 データストアに接続されているホストを確認します。
    1. vSphere Client で、VMkernel アダプタがバインドされた NFS 3 データストアを選択します。
    2. [構成] タブをクリックし、[ホストとの接続] をクリックします。
    NFS 3 データストアに接続されているすべてのホストを表示できます。 [vmknic バインド] 列には、データストアに接続されている VMkernel アダプタが表示されます。 この図は、VMkernel バインドを使用して NFS 3 データストアに接続されているすべての VMkernel アダプタを示しています。
    注: NFS 3 データストアに関連付けられている VMkernel アダプタを削除すると、データストアにアクセスできなくなり、警告が表示されます。 [イベント] 画面に次の警告テキストが表示されます。

    vmknic vmkX removed, NFSv3 datastore datastore_name configured with the vmknic will be inaccessible.