クラウド ネイティブ ストレージ はいくつかのコンポーネントを使用して、vSphere ストレージと統合します。

次の図は、これらのコンポーネントの相互関係を示しています。

CNS では、FCD、vSAN ファイル共有、およびストレージ ポリシーを使用してパーシステント ボリュームを作成します。

Kubernetes クラスタ
クラウド ネイティブ ストレージ 環境では、汎用 Kubernetes クラスタは vSphere で実行されている仮想マシンのクラスタまたはノードにデプロイされます。Kubernetes ユーザーは、クラスタと直接対話して、クラスタの上にステートフル アプリケーションを展開します。
注: vSphere with Tanzu で実行できる スーパーバイザー および Tanzu Kubernetes Grid の詳細については、『 vSphere with Tanzu の概念と計画』ドキュメントを参照してください。
vSphere のコンテナ ストレージ インターフェイス (CSI)
基盤となるインフラストラクチャ リソースを使用するには、クラスタに CSI ドライバが必要です。

vSphere CSI は、Kubernetes などのコンテナ Orchestrator 上のコンテナ化されたワークロードに vSphere ストレージを公開する、ツリー外のプラグインです。このプラグインにより、vSAN など各種の vSphere ストレージが有効になります。

vSphere CSI は、すべてのストレージ プロビジョニング操作で vCenter Server の CNS 制御プレーンと通信します。vSphere CSI では、以下の機能がサポートされます。
  • コンテナ ボリュームの動的プロビジョニング。
  • vSphere First Class Disk 機能。
  • Kubernetes ゾーン。
  • 従来型のマウントと raw マウント。
  • 単一の vCenter Server、および複数のデータセンターとクラスタ。
  • 複数のデータストアまたはデータストア クラスタからのプロビジョニング。
  • vSAN ファイル サービス

Kubernetes では、CSI ドライバが、ツリー外の vSphere クラウド プロバイダ インターフェイス (CPI) とともに使用されます。CSI ドライバはコンテナ イメージとして出荷されるため、クラスタ管理者がデプロイする必要があります。詳細については、Kubernetes vSphere CSI Driverのドキュメントのドライバのデプロイに関するセクションを参照してください。

スーパーバイザー および Tanzu Kubernetes Grid クラスタで使用される CSI のバリエーションの詳細については、『vSphere with Tanzu の概念と計画』ドキュメントを参照してください。

クラウド ネイティブ ストレージ サーバ コンポーネント
CNS サーバ コンポーネント、または CNS 制御プレーンは vCenter Server に配置されます。これは、コンテナ ボリュームのプロビジョニングとライフサイクルの操作を実装する vCenter Server 管理の拡張機能です。
コンテナ ボリュームをプロビジョニングするときに、 vCenter Server と通信して、ボリュームをバッキングするストレージ オブジェクトを作成します。ストレージ ポリシー ベースの管理機能によって、ボリュームに必要なサービス レベルが確実に提供されます。
CNS は、 vCenter Server を介してコンテナ ボリュームとそのバッキング ストレージ オブジェクトを管理および監視するクエリ処理も実行します。
最初のクラス ディスク (FCD)
IVD (Improved Virtual Disk) または管理対象仮想ディスクとも呼ばれます。これは、仮想マシンと関連付けられていない名前付き仮想ディスクです。これらのディスクは、vSAN、VMFS、NFS、または vVols データストアに配置され、ReadWriteOnce コンテナ ボリュームをバッキングします。

FCD テクノロジーにより、仮想マシンまたはポッドのライフサイクル外にあるパーシステント ボリュームに関連するライフ サイクル操作を実行できます。仮想マシンが、複数のコンテナベースのアプリケーションを実行し、多くのアプリケーションに対してパーシステント ボリュームと仮想ディスクを使用する Kubernetes ノードである場合、CNS は、コンテナとパーシステント ボリュームの粒度でライフサイクルの操作が容易になります。

vSAN ファイル サービス
ファイル共有を可能にする vSAN レイヤーです。現在、NFSv3 および NFSv4.1 ファイル共有をサポートしています。 クラウド ネイティブ ストレージ は、ReadWriteMany タイプのパーシステント ボリュームに vSAN ファイル共有を使用します。複数のノードで 1 つの ReadWriteMany ボリュームをマウントできます。ボリュームは、複数のポッド間、または Kubernetes ノードや Kubernetes クラスタで実行されているアプリケーション間で共有できます。
ストレージ ポリシー ベースの管理
ストレージ ポリシー ベースの管理は、指定されたストレージ要件に基づき、パーシステント ボリュームのプロビジョニングをサポートする vCenter Server サービスです。プロビジョニング後、サービスは、必要なポリシー特性に対するボリュームのコンプライアンスを監視します。