高度な VMkernel.Boot.isPerFileSchedModelActive パラメータは、VMFS および NFS 3 データストアのファイルごとの I/O スケジューリング メカニズムを制御します。ESXi ホストでは、このメカニズムがデフォルトで有効になっています。[システムの詳細設定] ダイアログ ボックスを使用して、このメカニズムを無効にできます。

ファイルごとの I/O スケジュール モデルを無効にすると、ホストはレガシーのスケジュール メカニズムに戻ります。レガシーのスケジュールでは、仮想マシンとストレージ デバイスの各ペアに 1 つの I/O キューのみが保持されます。仮想マシンと仮想ディスクとの間のすべての I/O が、このキューに移動されます。その結果、バンド幅の共有時にさまざまな仮想ディスクからの I/O が互いに干渉し、互いのパフォーマンスに影響を及ぼす可能性があります。

注: HPP プラグインがあり、高速のローカル デバイスに遅延の影響を受けるしきい値パラメータが構成されている場合、ファイルごとのスケジュールを無効にしないでください。ファイルごとのスケジュールを無効にすると、予期しない動作が発生する可能性があります。

手順

  1. vSphere Client で、ESXi ホストに移動します。
  2. [設定] タブをクリックします。
  3. [システム] メニューの [システムの詳細設定] をクリックします。
  4. [VMkernel.Boot.isPerFileSchedModelActive] パラメータの値を編集します。
    オプション 説明
    True ファイルごとのスケジュール メカニズムを有効にします。デフォルトでは、このパラメータは有効になっています。
    False ファイルごとのスケジュール メカニズムを無効にします。
  5. ホストを再起動して、変更内容を有効にします。