クラウド ネイティブ ストレージ は、vSphere でステートフル アプリケーション向けの包括的なデータ管理を実現するソリューションです。クラウド ネイティブ ストレージ を使用すると、再起動後や停止後にも状態を維持可能なコンテナ化されたステートフル アプリケーションを作成できます。ステートフル コンテナは、標準ボリューム、パーシステント ボリューム、動的プロビジョニングなどのプリミティブを使用しながら、vSphere によって公開されるストレージを利用します。

クラウド ネイティブ ストレージ を使用すると、仮想マシンとコンテナ ライフサイクルに依存しないパーシステント コンテナ ボリュームを作成できます。vSphere ストレージはボリュームをバッキングするので、ボリューム上で直接ストレージ ポリシーを設定できます。ボリュームを作成したら、それらのボリュームと vSphere Client でバッキングされているストレージ オブジェクトを確認し、ストレージ ポリシー コンプライアンスを監視できます。

vSphere クラウド ネイティブ ストレージ は、次の Kubernetes ディストリビューションでパーシステント ボリュームをサポートします。
  • 公式リポジトリからインストールされた汎用 Kubernetes(別名:vanilla)。この『vSphere のストレージ』ドキュメントでは、汎用 Kubernetes についてのみ説明します。
  • vSphere with Tanzu。詳細については、『vSphere with Tanzu の概念と計画』を参照してください。