ワークフローをさまざまな vSphere オブジェクト タイプに関連付ければ、vSphere インベントリ オブジェクトを右クリックしたときコンテキスト メニューに表示されるワークフローを増やすことができます。これらのワークフローを、より多くのオブジェクト タイプで実行することもできます。

関連付けは追加や編集ができるだけでなく、vSphere オブジェクトとのワークフローの関連付けが含まれた XML ファイルをエクスポートおよびインポートすることもできます。

インベントリ オブジェクト タイプに関連付けられたワークフローは、インベントリ オブジェクトを右クリックしたときに表示されるコンテキスト メニューと、[アクション] メニューに一覧表示されます。

vSphere インベントリ オブジェクトとワークフローの関連付けを管理できるのは、Orchestrator 管理者グループのユーザーのみです。

ワークフローと vSphere インベントリ オブジェクト タイプの関連付け

ワークフローを vSphere オブジェクト タイプ(ホストなど)と関連付けて、そのタイプのインベントリ オブジェクトで直接ワークフローを実行できます。

インベントリ オブジェクト タイプに関連付けられたワークフローは、インベントリ オブジェクトを右クリックすると表示されるコンテキスト メニュー、および [アクション] メニューにリストされます。

前提条件

  • Orchestrator サーバの少なくとも 1 台が、vCenter Server がポイントする同じ Single Sign-On インスタンスと動作するように構成してあることを確認してください。Orchestrator が vCenter Server のエクステンションとして登録されていることも確認する必要があります。vCenter Server のエクステンションを管理するために必要な権限を持つユーザー アカウントを指定するときに Orchestrator を vCenter Server のエクステンションとして登録します。詳細については、『VMware vRealize Orchestrator のインストールと構成』を参照してください。
  • vSphere Client に管理者グループのメンバーとしてログインします。

手順

  1. オブジェクト ナビゲータで、[vRealize Orchestrator] をクリックします。
  2. [管理] タブをクリックします。
  3. [コンテキスト操作] サブタブをクリックします。
  4. [追加] アイコン ワークフローを vSphere インベントリ オブジェクトに関連付ける [追加] ボタン。 をクリックし、ワークフローを追加します。
  5. vRO サーバ ツリーから Orchestrator サーバを選択し、ワークフロー ライブラリを移動して、追加するワークフローを探します。
  6. [追加] をクリックします。
    右側の選択済みワークフローのリストにワークフローが表示されます。
  7. (オプション) 複数選択を有効にします。
    複数選択が有効なときは、ワークフローの実行時に同じタイプの vSphere オブジェクトを複数選択できます。
  8. 使用可能なタイプの中から、ワークフローに関連付ける vSphere オブジェクト タイプを選択します。
  9. [OK] をクリックします。

ワークフローと vSphere オブジェクトの関連付けの編集

ワークフローと vSphere インベントリのさまざまなオブジェクトを関連付けることができます。また、ワークフローと vSphere インベントリのオブジェクトの関連付けを編集することもできます。

前提条件

  • Orchestrator サーバの少なくとも 1 台が、vCenter Server がポイントする同じ Single Sign-On インスタンスと動作するように構成してあることを確認してください。Orchestrator が vCenter Server のエクステンションとして登録されていることも確認する必要があります。vCenter Server のエクステンションを管理するために必要な権限を持つユーザー アカウントを指定するときに Orchestrator を vCenter Server のエクステンションとして登録します。詳細については、『VMware vRealize Orchestrator のインストールおよび構成』を参照してください。
  • デフォルトの Orchestrator サーバを設定するには、システム管理者グループのメンバーとしてログインしてください。

手順

  1. オブジェクト ナビゲータで、[vRealize Orchestrator] をクリックします。
  2. [管理] タブをクリックします。
  3. [コンテキスト操作] サブタブをクリックします。
  4. 編集するワークフローを右クリックし、[編集] を選択します。
  5. 関連付けのプロパティを変更します。
  6. [OK] をクリックします。

ワークフローと vSphere オブジェクトの関連付けのエクスポート

ワークフローと vSphere インベントリのオブジェクトの関連付けは、XML ファイルを使用して転送できます。

前提条件

  • Orchestrator サーバの少なくとも 1 台が、vCenter Server がポイントする同じ Single Sign-On インスタンスと動作するように構成してあることを確認してください。Orchestrator が vCenter Server のエクステンションとして登録されていることも確認する必要があります。vCenter Server のエクステンションを管理するために必要な権限を持つユーザー アカウントを指定するときに Orchestrator を vCenter Server のエクステンションとして登録します。詳細については、『VMware vRealize Orchestrator のインストールおよび構成』を参照してください。
  • デフォルトの Orchestrator サーバを設定するには、システム管理者グループのメンバーとしてログインしてください。

手順

  1. オブジェクト ナビゲータで、[vRealize Orchestrator] をクリックします。
  2. [管理] タブをクリックします。
  3. [コンテキスト操作] サブタブをクリックします。
  4. [エクスポート] アイコン 関連付けワークフローを含む XML ファイルを作成するための [エクスポート] ボタン。 をクリックします。
  5. XML ファイルを保存する場所を選択し、[保存] をクリックします。

ワークフローと vSphere オブジェクトの関連付けのインポート

ワークフローと vSphere インベントリのオブジェクトの関連付けが含まれた XML ファイルをインポートできます。

前提条件

  • Orchestrator サーバの少なくとも 1 台が、vCenter Server がポイントする同じ Single Sign-On インスタンスと動作するように構成してあることを確認してください。Orchestrator が vCenter Server のエクステンションとして登録されていることも確認する必要があります。vCenter Server のエクステンションを管理するために必要な権限を持つユーザー アカウントを指定するときに Orchestrator を vCenter Server のエクステンションとして登録します。詳細については、『VMware vRealize Orchestrator のインストールおよび構成』を参照してください。
  • デフォルトの Orchestrator サーバを設定するには、システム管理者グループのメンバーとしてログインしてください。

手順

  1. オブジェクト ナビゲータで、[vRealize Orchestrator] をクリックします。
  2. [管理] タブをクリックします。
  3. [コンテキスト操作] サブタブをクリックします。
  4. [インポート] アイコン 関連付けワークフローを挿入するための [インポート] ボタン。 をクリックします。
  5. インポートする XML ファイルを参照して選択し、[開く] をクリックします。

結果

Orchestrator は 2 つの関連付けられたワークフロー セットを比較し、失われたワークフローの関連付けをインポートします。