vSphere Client でカスタム属性を使用すると、特定のカスタム属性をもつ各オブジェクトにユーザー固有の値を割り当てることができます。

属性を作成したら、必要に応じて、各仮想マシンまたは管理対象ホストで属性の値を設定します。この値は、仮想マシンや管理対象ホストではなく、vCenter Server に保存されます。新しい属性を使用して、仮想マシンおよび管理対象ホストの情報をフィルタリングします。カスタム属性が不要になった場合は削除します。カスタム属性は、常に文字列で指定します。

たとえば、複数の製品をセールス担当者別にソートするとします。その場合は、セールス担当者名のカスタム属性「Name」を作成します。カスタム属性 「Name」 列をリスト ビューの 1 つに追加します。各製品のエントリにセールス担当者の名前を追加します。列のタイトル 「Name」 をクリックし、アルファベット順にソートします。

カスタム属性機能は、vCenter Server システムに接続している場合のみ使用できます。

カスタム属性の追加と編集

vSphere Client では、カスタム属性を作成して、これらのカスタム キーをホスト、仮想マシン、クラスタ、ネットワークなどのオブジェクトに関連付けることができます。その後、カスタム属性を使用して、vCenter Server 環境内の特定のオブジェクトにユーザー固有の値を割り当てることができます。

属性を作成したら、各インベントリ オブジェクトで属性に適切な値を設定します。属性値は、インベントリ オブジェクトではなく、vCenter Server に保存されます。新しい属性を使用して、インベントリ オブジェクトをフィルタリングします。カスタム属性が不要になった場合は削除します。カスタム属性は、常に文字列で指定します。

たとえば、インベントリに多数の仮想マシンがあり、それらを所有者別にソートするとします。
  1. インベントリ オブジェクトの仮想マシン タイプに 仮想マシン所有者 カスタム属性を作成します。
  2. 必要な各仮想マシン エントリに所有者の名前を追加し、[グローバル インベントリ リスト] ペインを使用して、仮想マシン所有者 カスタム属性列をリスト ビューの 1 つに追加します。
  3. これで、[仮想マシン所有者] 列をクリックすると、所有者の名前順にソートできます。
    ヒント: カスタム属性列を使用してインベントリ オブジェクトのリストをソートできない場合は、リスト ビューのコンテンツをエクスポートしてから、保存した CSV ファイルでソート オプションを使用することができます。
注: タグおよびタグ カテゴリは、オブジェクトにさらに細かくタグ付けするメカニズムをサポートします。カスタム属性の代わりにタグおよびタグ カテゴリを使用することを検討してください。

前提条件

必要な権限:
  • グローバル.カスタム属性の管理
  • グローバル.カスタム属性の設定

手順

  1. vSphere Client ホーム メニューから、[タグとカスタム属性] をクリックします。
  2. [カスタム属性] をクリックします。
    vCenter Server に現在定義されているすべてのカスタム属性が表示されます。
  3. [新規] をクリックします。
  4. カスタム属性の値を入力します。
    1. 属性の名前を [属性] テキスト ボックスに入力します。
    2. [タイプ] ドロップダウン メニューから属性の種類を選択します。
    3. [OK] をクリックします。
    特定のオブジェクトに属性を定義すると、インベントリ内の同じタイプのすべてのオブジェクトで利用できるようになります。ただし、指定した値が適用されるのは、現在選択しているオブジェクトのみです。
  5. 後で、必要な各インベントリ オブジェクトのカスタム属性に値を追加できます。
    1. vCenter Server インベントリで、インベントリ オブジェクトに移動します。
    2. [サマリ] タブで、[カスタム属性] カードに移動します。
    3. [編集] をクリックします。
      • 既存のカスタム属性に値を追加する場合は、[値] 列で属性値を入力または編集します。
      • 新しいカスタム属性を作成する場合は、属性に名前と値を入力し、[タイプ] ドロップダウン メニューから属性タイプを選択します。[追加] をクリックします。
    4. [[保存]] をクリックします。