vSphere 6.5 以降、VMware は、Customer Connect から vSphere 環境へのライセンス キーとライセンス キー データのインポートに使用できるライセンスの同期機能を提供しています。

ライセンスの同期機能を使用すると、vCenter Server ライセンス キー データと Customer Connect のライセンス キー データとの同期を維持できます。ライセンス キー データをインポートするには、Customer Connect のレポート セクションで .CSV ファイルを生成して使用します。.CSV ファイルをインポートすると、ライセンス リストとライセンス サマリに Customer Connect データが表示されます。

インポート機能を使用すると、次のタスクを実行できます。
  • vCenter Server のライセンス インベントリで、メモ、カスタム ラベル、契約、注文などの Customer Connect ライセンス キーの詳細情報を追加または更新します。
  • Customer Connect からのライセンス キーを、vCenter Server のライセンス インベントリに追加します。
  • Customer Connect で結合、分割、アップグレード、またはダウングレードしたライセンス キーを vCenter Server のライセンス インベントリ内で識別し、ライセンスのコンプライアンスを維持します。

Customer Connect でのライセンス レポートの生成

Customer Connect 環境のライセンス キーの詳細を使用して vCenter Server のライセンス インベントリを更新するには、Customer Connect のレポート セクションで製品のライセンス、詳細、および履歴の .CSV ファイルを生成します。.CSV ファイルを vSphere にアップロードします。

.CSV ファイルには、Customer Connect で有効なキーのリストが記載されています。.CSV ファイルには、Customer Connect 環境の最新のライセンス キー情報が含まれます。これには、エンタイトルメント アカウント名、エンタイトルメント アカウント番号、ライセンスを購入した製品、ライセンス数、さまざまなライセンス キー ノート、サポート レベル、ライセンス サポートとライセンスの有効期限、オーダー番号、更新履歴データなどがあります。

手順

  1. https://customerconnect.vmware.com にログインします。
  2. Customer Connect のホーム ページで、左上隅にある [製品とアカウント] をクリックします。
  3. [アカウント] を選択し、[レポート] をクリックします。
  4. [レポートの選択] セクションで、[利用可能なレポート] をクリックし、ドロップダウン メニューから [製品とライセンスの詳細] を選択します。
  5. [アカウントの選択] セクションで、レポートを生成する対象のアカウントを選択するか、そのチェック ボックスを選択します。
  6. (オプション) レポートの名前を入力します。
  7. (オプション) レポートに含めるノートを追加します。
  8. (オプション) レポートの準備ができたときに E メールを受信するには、[レポートが作成されたら E メールを送信] チェック ボックスを選択します。利用可能なすべてのアカウントを選択するには、[すべてのアカウント] をクリックします。
  9. [作成] をクリックし、[OK] をクリックします。
    レポート要求が送信され、レポートの準備ができたら、保存済みレポートのリストからダウンロードできます。
  10. vSphere にインポートする必要がある .CSV ファイルをダウンロードするには、[保存されたレポート] セクションでレポートの横にある CSV アイコンをクリックします。
    元の .CSV ファイル レポートの書式は変更しないでください。 .CSV ファイル レポートをプレビューし、 .CSV ファイルを破損することなくデータを表示する方法については、 ライセンス レポート ファイルの使用を参照してください。

ライセンス レポート ファイルの使用

vSphere にファイルをインポートする前に、Customer Connect のデータをプレビューする場合は、.csv ファイルのコピーを作成します。元のファイルを Microsoft Excel で開くと、特定のセルのデータ形式が変更され、その後問題が発生することがあるので、開かないでください。

別のプログラムで最初に開いた .csv ファイルのインポートを試みると、[ライセンスの同期] ウィザードに、そのファイルの書式が不正で、一部のデータが vSphere で使用できない可能性があることを示す警告が表示されます。

.csv ファイルを再フォーマットして正常にインポートした場合でも、再フォーマットによってデータが壊れることがあり、ウィザードの最後のページで無効なアクションが推奨される可能性があります。

Customer Connect レポートの誤った使用

Customer Connect でレポートを適切にエクスポートし、適切な .csv ファイルを生成します。情報を見やすくするために .csv ファイルを Microsoft Excel で開くと、契約の開始日と終了日、オーダー日、数量などの日付と数値の形式が変更されてしまいます。たとえば、日付の書式が 11.10.2015 から 10/11/15 に変更され、それによって vSphere Client では .csv ファイルのいくつかの列データが表示されなくなることがあります。

ライセンスの同期

Customer Connect アカウントから vSphere 環境にライセンス キーをインポートするには、ライセンスの同期機能を使用します。

前提条件

Customer Connect アカウントで製品、ライセンス、詳細、および履歴のレポートを生成して、vSphere にアップロードします。Customer Connect でのライセンス レポートの生成を参照してください。

手順

  1. [メニュー] > [管理] の順にクリックします。
  2. [ライセンス] を展開して、[ライセンス] をクリックします。
  3. [ライセンスの同期] ウィザードのプロンプトに従ってください。
    1. [ライセンス] タブで、[ライセンスの同期] をクリックします。

      [ライセンスの同期] ウィザードが開きます。

    2. [インポート ファイルのアップロード] ページで [ファイルの検索] をクリックし、vSphere 環境でロードする .CSV ファイルを参照します。[次へ] をクリックします。

      .CSV ファイルを vSphere 環境にアップロードすると、システムはファイル内のデータを分析し、vCenter Server のライセンス インベントリ内のライセンス キー情報とデータを比較します。分析の結果に基づいて、Customer Connect 環境から取得した最新の詳細によって vCenter Server のライセンス インベントリを更新するために実行する必要があるアクションが決定されます。

      注: vCenter Server のライセンス インベントリにアップロードする .CSV ファイルは、Microsoft Excel またはその他のソフトウェアで開かないでください。Customer Connect で生成した後、元の .CSV ファイルのみをアップロードします。 .CSV ファイル内のレポート データをプレビューする場合は、ファイルのコピーを作成し、代わりにそのコピーをプレビューします。CSV ファイルをプレビューする方法については、 ライセンス レポート ファイルの使用を参照してください。
    3. ライセンス キー データを分析するときに .CSV ファイルの分析結果を確認し、[次へ] をクリックします。

      .CSV ファイルの分析に基づいて実行することが推奨されているアクションの種類については、ライセンス レポート ファイルの分析結果のプレビューを参照してください。

      .csv ファイルに、vCenter Server のライセンス インベントリにないライセンス キーが含まれている場合は、これらのライセンス キーを追加するよう求められます。

    4. (オプション) [ライセンス キーの追加] 画面で vCenter Server のライセンス インベントリに追加するライセンス キーを選択します。
      • vCenter Server ライセンス インベントリに、アップロードされた .CSV ファイル内のすべてのライセンス キーが含まれている場合は、[次へ] をクリックします。

        アップロードされた .CSV ファイル内のすべてのライセンス キーが vCenter Server のライセンス インベントリに含まれる場合、[ライセンス キーの追加] ページのリストは空になります。

      • アカウント名と番号、注文番号、重要な日付、サポート レベルなどのライセンス キーの詳細を表示するには、リスト内のライセンス キーをクリックします。
      • ライセンス キーの名前を変更するには、リスト内のライセンス名をクリックし、ライセンス キーの新しい名前を入力します。
    5. (オプション) Customer Connect で結合、分割、アップグレード、またはダウングレードされた ライセンス キーを vCenter Server のライセンス インベントリから削除する場合は、Combined_Split_Upgraded_and_Downgraded_License_Keys.csv レポートをダウンロードします。結合、分割、アップグレード、またはダウングレードされたライセンス キーを手動で削除する方法については、結合、分割、アップグレード、またはダウングレードされたライセンス キーの削除を参照してください。
    6. (オプション) vCenter Server のライセンス インベントリで、Customer Connect でアップグレード キーが提供されているライセンス キーをアップグレードする場合は、Upgraded_License_Keys.csv レポートをダウンロードします。製品を手動でアップグレードし、ライセンスの割り当てを変更して、アップグレードされたライセンス キーを削除する方法については、vCenter Server のライセンス インベントリのライセンス キーのアップグレードを参照してください。
    7. [設定の確認] ページでインポート プロセスの概要を確認し、[完了] をクリックします。

ライセンス レポート ファイルの分析結果のプレビュー

.CSV ファイルの分析結果を確認することで、Customer Connect 環境からの最新の詳細を使用して、vCenter Server のライセンス インベントリを更新する際に必要なアクションを特定できます。

Customer Connect で生成した .CSV ファイルを vSphere 環境にアップロードすると、システムはその .CSV ファイル内のライセンス キーを分析し、それらを vCenter Server のライセンス インベントリ内のライセンスと比較します。分析の結果として、次のイベントが発生します。
  • 分析の結果、.CSV レポートに vCenter Server のライセンス インベントリに存在しないライセンスが含まれる場合は、存在しないライセンスを vCenter Server ライセンス インベントリに追加するためのプロンプトが自動的に表示されます。
  • [ライセンスの同期] ウィザードが完了すると、vCenter Server のライセンス インベントリに Customer Connect の最新のメタデータが含まれるように vCenter Server ライセンス メタデータが更新されます。
  • vCenter Server のライセンス インベントリに無効なライセンスまたはアップグレードされたライセンス(あるいはその両方)が含まれていることが判明した場合、システムは [ライセンスの同期] ウィザードの最後のページで、vCenter Server のライセンス インベントリを更新するためのアクションを提示します。

分析データの結論に基づいて、システムは Customer Connect 環境からの詳細情報を使用して vCenter Server のライセンス インベントリを更新するための必要なアクションを提示します。分析の結論は、[ライセンスの同期] ウィザードのファイル分析ページに表示されます。

システムは、 .CSV ファイルの分析結果を使用して、 vCenter Server のライセンス インベントリにあるライセンス キーの状態を確認します。また、Customer Connect からの最新のライセンス キー情報と同期するように、vSphere 環境を更新するためのアクションを推奨する場合があります。これには次のものがあります。
  • 契約や注文などの Customer Connect の詳細情報を使用した vCenter Server のライセンス インベントリのライセンス キーの更新。この操作は、ウィザードを終了した後に、システムが自動的に実行します。
  • vCenter Server のライセンス インベントリへの Customer Connect の新しいライセンス キーとその詳細の追加。この操作は手動で実行する必要があります。vCenter Server のライセンス インベントリに追加するライセンス キーを選択するには、[ライセンスの同期] ウィザードを実行してください。「ライセンスの同期」 を参照してください。
    注: 追加したライセンス キーの一部は、現在 vCenter Server のライセンス インベントリ内にある非アクティブなキーに置き換わる可能性があります。非アクティブなキーとは、結合、分割、アップグレード、またはダウングレードされたキーです。非アクティブなライセンス キーを Customer Connect から取得した新しいライセンス キーで置き換えるには、非アクティブなライセンス キーを手動で削除する必要があります。無効なライセンス キーを削除する方法については、 結合、分割、アップグレード、またはダウングレードされたライセンス キーの削除を参照してください。

    ウィザードの [ライセンス キーの追加] ページには、vCenter Server ライセンス インベントリにある古いライセンス キーのアップグレード キーが含まれている場合があります。vCenter Server のライセンス インベントリにある古いキーを Customer Connect から取得した新しいキーにアップグレードするプロセスを完了するには、非アクティブなキーを手動で削除する必要があります。ライセンス キーのアップグレード プロセスについては、vCenter Server のライセンス インベントリのライセンス キーのアップグレードを参照してください。

  • vCenter Server のライセンス インベントリでの Customer Connect で結合、分割、アップグレード、またはダウングレードされているキーの表示。結合、分割、アップグレード、またはダウングレードされているキーを表示するには、[ライセンスの同期] ウィザードの最後で生成される推奨レポートをダウンロードします。
  • vCenter Server のライセンス インベントリでの Customer Connect でアップグレード キーが提供されているライセンス キーのアップグレード。Customer Connect でアップグレード キーが提供されているキーを vCenter Server のライセンス インベントリで表示するには、[ライセンスの同期] ウィザードの最後で生成される推奨レポートをダウンロードします。

ライセンス同期のための生成された推奨レポートの使用

Customer Connect のレポート セクションで生成した .CSV ファイルを vCenter Server のライセンス インベントリにインポートすると、システムは .CSV ファイル内のライセンス キーの詳細を分析し、その情報を現在の vSphere 環境の情報と比較します。システムは .CSV ファイルの分析結果に基づいて、推奨レポートを生成することがあります。このレポートをダウンロードして、vSphere ライセンス インベントリを手動で更新するために使用できます。

注: 推奨レポートは、 [ライセンスの同期] ウィザードの [設定の確認] 画面でのみ利用可能です。レポートをダウンロードして、アクションを手動で実行します。

Customer Connect で結合、分割、アップグレード、またはダウングレードされている既存のライセンス キーを vSphere ライセンス インベントリから削除する方法については、結合、分割、アップグレード、またはダウングレードされたライセンス キーの削除を参照してください。

手動による製品のアップグレード方法、ライセンスの割り当ての変更方法、Customer Connect にアップグレード キーがあるライセンス キーを vCenter Server のライセンス インベントリから削除する方法については、vCenter Server のライセンス インベントリのライセンス キーのアップグレードを参照してください。

結合、分割、アップグレード、またはダウングレードされたライセンス キーの削除

Customer Connect で結合、分割、アップグレード、またはダウングレードされた既存のライセンス キーが vCenter Server のライセンス インベントリ内にある場合は、生成された推奨レポート Combined_Divided_Upgraded_and_Downgraded_License_Keys.csv を使用して、そのライセンス キーを手動で削除します。

vCenter Server のライセンス インベントリに [ライセンスの同期] ウィザードの [ライセンス キーの追加] ページに提示されるライセンス キーを追加し、ウィザードを完了したら、新しいライセンス キーおよび vCenter Server のライセンス インベントリで無効になっているキーを置き換えるライセンス キーを使用して vCenter Server のライセンス インベントリを更新します。無効なキーとは、結合、分割、アップグレード、またはダウングレードされたキーです。無効なキーを Customer Connect から取得した新しいキーに置き換えるには、Combined_Divided_Upgraded_and_Downgraded_License_Keys.csv レポートで無効と示されたキーを手動で削除する必要があります。

前提条件

[ライセンスの同期] ウィザードの [設定の確認] 画面でのみダウンロードできる Combined_Divided_Upgraded_and_Downgraded_License_Keys.csv レポートがあることを確認します。

手順

  1. [メニュー] > [管理] の順にクリックします。
  2. [ライセンス] を展開して、[ライセンス] をクリックします。
  3. [ライセンス] タブを選択します。
  4. Combined_Divided_Upgraded_and_Downgraded_License_Keys.csv ファイルを開き、[vCenter Server で使用されている無効なキー] 列を探します。
  5. .CSV ファイルで無効なキーを表示し、vSphere Client[ライセンス] タブの同じキーを選択し、[ライセンスを削除] アイコンをクリックし、[はい] をクリックします。
    ライセンスは、割り当てられていない場合にのみ削除できます。
    無効なライセンス キーは vCenter Server のライセンス インベントリで使用されなくなり、インベントリには Customer Connect から取得した最新のキーのみが含まれるようになります。

次のタスク

製品の機能を使用するには、vCenter Server のライセンス インベントリにライセンス キーを追加した後、ライセンスを製品に割り当てます。

vCenter Server のライセンス インベントリのライセンス キーのアップグレード

Customer Connect にアップグレード キーがあるライセンス キーが vCenter Server のライセンス インベントリにすでにある場合は、生成された推奨 .CSV ファイル レポートを使用して、手動で製品をアップグレードし、ライセンスの割り当てを変更し、vCenter Server のライセンス インベントリから古いキーを削除します。

vCenter Server のライセンス インベントリに [ライセンスの同期] ウィザードの [ライセンス キーの追加] ページに提示されるライセンス キーを追加し、ウィザードを完了したら、vCenter Server のライセンス インベントリの古いキーを置き換える新しいライセンス キーを使用して vCenter Server のライセンス インベントリを更新します。vCenter Server のライセンス インベントリの古いキーを Customer Connect の新しいキーで置き換えるアップグレード プロセスでは、Upgraded_License_Keys.csv レポートで無効と表示されているキーを手動で削除する必要があります。

前提条件

[ライセンスの同期] ウィザードの [設定の確認] 画面でのみダウンロードできる Upgraded_License_Keys.csv レポートがあることを確認します。

手順

  1. [メニュー] > [管理] の順にクリックします。
  2. [ライセンス] を展開して、[ライセンス] をクリックします。
  3. [ライセンス] タブを選択します。
  4. Upgraded_License_Keys.csv ファイルを開き、[vCenter Server で使用されている無効なキー] 列を探します。
  5. .CSV ファイルで無効なキーを表示し、vSphere Client[ライセンス] タブの同じキーを選択し、[ライセンスを削除] アイコンをクリックし、[はい] をクリックします。
    ライセンスは、割り当てられていない場合にのみ削除できます。
    ライセンス キーは、 vCenter Server のライセンス インベントリに表示されなくなります。

次のタスク

製品の機能を使用するには、vCenter Server のライセンス インベントリにライセンス キーを追加した後、ライセンスを製品に割り当てます。