vCenter ServervSphere+ サブスクリプションに変換されると、すべてのライセンス情報がサブスクリプション情報に置き換えられます。vSAN+ クラスタの場合、ライセンス情報はサブスクリプション情報に置き換えられます。

その他の VMware 製品のライセンスがサブスクリプションの vCenter Server にが割り当てられている場合、それらのライセンスを vSphere Client で表示および管理できます。たとえば、vSphere クラスタを スーパーバイザー にして Kubernetes ワークロードを実行する場合、vSphere Client を使用して Tanzu エディション ライセンスを割り当てることができます。vSphere with Tanzu のライセンスを参照してください。

vCenter Server に関するサブスクリプション情報の表示

vCenter Server をサブスクリプションに変換すると、vSphere Client にサブスクリプション情報が表示されます。

前提条件

  • vCenter Server インスタンスをサブスクリプションに変換する必要があります。

手順

  1. vSphere Client ホーム ページの [ホーム] メニューで [管理] > [ライセンスとサブスクリプション] の順にクリックします。
  2. ライセンスとサブスクリプションの情報に移動します。
    1. [ライセンス] をクリックして、vCenter Server に関するライセンス情報を表示します。

      vCenter Server はサブスクリプションにあるため、vCenter Server インスタンスおよび ESXi ホストのライセンス キーを追加する必要はありません。

      ライセンスは、vSphere with Tanzu、VMware Site Recovery Manager などの一部のアセットにのみ割り当てることができます。ライセンスを使用して、vSphere 環境と同じ方法でアセットにライセンスを付与します。

      注: vCenter Server がサブスクリプションにある場合、 [アセット] タブには、異なる VMware 製品をグループ化するタブは含まれません。代わりに、ライセンスを割り当てることができるすべてのアセットが 1 つのペインに表示されます。
    2. [サブスクリプション] をクリックして、vCenter Server インスタンスのサブスクリプション情報を表示します。

      [サブスクリプション] ペインで [現在の使用量の表示] をクリックして、VMC コンソールを開き、現在のサブスクリプションの使用量を表示します。『vSphere+ のドキュメント』を参照してください。

      VMware Cloud Services コンソール™で請求情報を表示するには、[請求の表示] をクリックします。『VMware Cloud Services コンソールの使用』ドキュメントの「請求とサブスクリプション」の章を参照してください。

vSAN クラスタに関するサブスクリプション情報の表示

vSAN+ サブスクリプションの vSAN クラスタの場合、vSphere Client でサブスクリプション情報を表示できます。

前提条件

  • vCenter Server をサブスクリプションに変換して、vSAN+ サブスクリプションを vSphere+ 環境のすべての vSAN クラスタに適用する必要があります。

手順

  1. vSphere Client で、vSAN クラスタに移動します。
  2. [設定] タブをクリックします。
  3. [ライセンスとサブスクリプション] で、[vSAN クラスタ] をクリックします。
    [vSAN クラスタ ライセンス] ペインで、選択した vSAN クラスタのサブスクリプション情報を表示できます。

    サブスクリプションの詳細については、vSphere+ および vSAN+ のサブスクリプションを参照してください