vCenter Server インスタンスまたは Platform Services Controller インスタンスを Windows からアプライアンスへ移行する際、vCenter Server 移行ウィザードではデプロイ情報および移行情報を求めるプロンプトが表示されます。ベスト プラクティスとして、アプライアンスをパワーオフし、ソースのインストール環境のリストアが必要になる場合に備えて、入力した値を記録しておきます。

このワークシートを活用して、Platform Services Controller を使用する vCenter Server インスタンスを Windows からアプライアンスに移行する上で必要な情報を記録します。

重要: GUI インストーラを実行するマシンへのログインに使用するユーザー名、 vCenter Server Appliance インストーラへのパス、およびパスワードを含むユーザー固有の値は ASCII 文字のみを使用する必要があります。拡張 ASCII および非 ASCII 文字はサポートされません。

ソースの Windows マシン上のローカル OS ユーザーは、ターゲットの vCenter Server Appliance に移行されないため、移行完了後に再度作成する必要があります。ローカル OS ユーザー名を使用して vCenter Single Sign-On にログインしている場合、ユーザー名を再度作成して、Platform Services Controller アプライアンスに再度権限を割り当てる必要があります。

ソース vCenter Server マシンが Active Directory ドメインに参加している場合、使用するアカウントにはドメインにマシンを再度参加させるための権限が必要です。詳しくは、 http://kb.vmware.com/kb/2146454 を参照してください。
表 1. vCenter Server を Windows から vCenter Server Appliance に移行するために必要な情報
必要な情報 デフォルト値 入力内容
必要なソース vCenter Server の移行データ vCenter Server の IP アドレスまたは FQDN
vCenter Single Sign-On 管理者ユーザー名 administrator@vsphere.local
重要: ユーザーは、administrator@ your_domain_name である必要があります。
vCenter Single Sign-On 管理者のパスワード
移行アシスタント ポート番号
vCenter Server のバージョン
一時的なアップグレード ファイル パス %LOCALAPPDATA%\VMware\Migration-Assistant\export
ソース vCenter Server が配置されたソース ESXi ホストの IP アドレスまたは FQDN
ソース ESXi ホストの管理者権限を持つ、ソース ESXi のホスト ユーザー名
ソース ESXi ホストのパスワード
パフォーマンスなどの履歴データの移行 デフォルトでは無効
移行アシスタントのサムプリント
Active Directory 管理者の認証情報
サービス アカウントの認証情報(vCenter Server が、お客様のユーザー アカウントで実行されている場合)
必要なターゲット vCenter Server Appliance データ ソース vCenter Server の移行先となる新しい vCenter Server Appliance をデプロイするターゲット ESXi ホストまたは vCenter Server インスタンスの IP アドレスまたは FQDN
ターゲット ESXi ホスト、vCenter Server インスタンス、データセンター、またはデータセンター フォルダの管理者権限、およびソース インストールの移行先の ESXi ホストまたは DRS クラスタのリソース プールの管理者権限を持つユーザーの名前
ターゲット ESXi ホストのパスワード。または、vCenter Server インスタンス、データセンターまたはデータセンター フォルダ、および ESXi ホストまたは DRS クラスタのリソース プール
vCenter Single Sign-On ユーザー名
vCenter Single Sign-On パスワード
ターゲット vCenter Server Appliance
root ユーザーのパスワード
vCenter Server Appliance のサイズ。

vSphere 環境のサイズに応じたオプションが提供されます。

  • 極小(最大でホスト 10 台、仮想マシン 100 台)
  • 小(最大でホスト 100 台、仮想マシン 1,000 台)
  • 中(最大でホスト 400 台、仮想マシン 4,000 台)
  • 大(最大でホスト 1,000 台、仮想マシン 10,000 台)
  • 特大(最大でホスト 2,000 台、仮想マシン 35,000 台)
極小(最大でホスト 10 台、仮想マシン 100 台)

vSphere 環境の vCenter Server Appliance のストレージ サイズ。

SEAT データ(統計、イベント、アラーム、およびタスク)のボリュームを増やす場合は、デフォルト ストレージ サイズを増やします。

  • デフォルト

    デプロイ サイズが極小の場合、ストレージが 250 GB のアプライアンスをデプロイします。

    デプロイ サイズが小の場合、ストレージが 290 GB のアプライアンスをデプロイします。

    デプロイ サイズが中の場合、ストレージが 425 GB のアプライアンスをデプロイします。

    デプロイ サイズが大の場合、ストレージが 640 GB のアプライアンスをデプロイします。

    デプロイ サイズが特大の場合、ストレージが 980 GB のアプライアンスをデプロイします。

  • デプロイ サイズが極小の場合、ストレージが 775 GB のアプライアンスをデプロイします。

    デプロイ サイズが小の場合、ストレージが 820 GB のアプライアンスをデプロイします。

    デプロイ サイズが中の場合、ストレージが 925 GB のアプライアンスをデプロイします。

    デプロイ サイズが大の場合、ストレージが 990 GB のアプライアンスをデプロイします。

    デプロイ サイズが特大の場合、ストレージが 1030 GB のアプライアンスをデプロイします。

  • 特大

    デプロイ サイズが極小の場合、ストレージが 1650 GB のアプライアンスをデプロイします。

    デプロイ サイズが小の場合、ストレージが 1700 GB のアプライアンスをデプロイします。

    デプロイ サイズが中の場合、ストレージが 1805 GB のアプライアンスをデプロイします。

    デプロイ サイズが大の場合、ストレージが 1870 GB のアプライアンスをデプロイします。

    デプロイ サイズが特大の場合、ストレージが 1910 GB のアプライアンスをデプロイします。

デフォルト
vCenter Server Appliance の新バージョンがデプロイされるデータストアの名前
シン ディスク モードを有効または無効にする デフォルトでは無効
VMware カスタマ エクスペリエンス改善プログラム (CEIP) に参加する、または参加しない。

CEIP の詳細については、『vCenter Server およびホストの管理』の「カスタマ エクスペリエンス改善プログラムの構成」セクションを参照してください。

CEIP に参加する
ソース vCenter Server とターゲット vCenter Server Appliance 間の通信用の一時ネットワーク IP アドレス バージョン IPv4
IP アドレスの割り当て方法 DHCP
静的割り当ての設定 ネットワーク アドレス
サブネット マスク
ネットワーク ゲートウェイ
ネットワーク DNS サーバ(コンマで区切り)
SSH を有効または無効にする デフォルトでは無効