vSphere 7.0 以降では、仮想マシンの暗号化を利用できます。暗号化により、仮想マシンだけでなく仮想マシンのディスクやファイルも保護することができます。vCenter Serverとキー管理サーバ (KMS) の間に信頼できる接続を設定します。これにより、vCenter Server は必要に応じて KMS からキーを取得できるようになります。

仮想マシンの暗号化の詳細については、vSphere のセキュリティドキュメントを参照してください。