環境内の仮想マシンがニーズを満たしていない場合は、特定のオペレーティング システムまたはハードウェア構成など、単一の仮想マシンを作成できます。プロセッサ、ハード ディスク、メモリなどの仮想ハードウェアを構成して、テンプレートまたはクローンを使用せずに仮想マシンを作成できます。仮想マシンの有効な親オブジェクトであるインベントリの任意のオブジェクトから、新規仮想マシン ウィザードを開きます。

作成プロセスで、デフォルトのディスクが仮想マシン用に構成されます。ウィザードの [仮想ハードウェア] ページで、このディスクを削除して、新しいハード ディスクの追加、既存のディスクの選択、または RDM ディスクの追加が可能になります。

前提条件

次の権限があることを確認します。

  • 作成先のフォルダまたはデータセンターの 仮想マシン.インベントリの編集.新規作成
  • 仮想マシン.構成の変更.新規ディスクの追加(新しいディスクを追加する場合は、接続先のフォルダまたはデータセンターが対象)。
  • 仮想マシン.構成の変更.既存ディスクの追加(既存のディスクを追加する場合は、接続先のフォルダまたはデータセンターが対象)。
  • 仮想マシン.設定.Raw デバイスの設定(RDM または SCSI パススルー デバイスを使用する場合は、接続先のフォルダまたはデータセンターが対象)。
  • 仮想マシン.構成の変更.ホスト USB デバイスの構成(ホスト USB デバイスでバッキングされた仮想 USB を接続している場合は、接続先のフォルダまたはデータセンターが対象)。
  • 仮想マシン.構成の変更.詳細設定(仮想マシンの詳細設定の場合は、接続先のフォルダまたはデータセンターが対象)。
  • 仮想マシン.設定.スワップ ファイルの配置の変更(スワップ ファイルの配置を設定している場合は、接続先のフォルダまたはデータセンターが対象)。
  • 仮想マシン.構成の変更.ディスク変更の追跡の切り替え(仮想マシンのディスクでトラッキング変更を有効にしている場合は、接続先のフォルダまたはデータセンターが対象)。
  • リソース.仮想マシンのリソース プールへの割り当て(ターゲットのホスト、クラスタ、またはリソース プールが対象)。
  • データストア.容量の割り当て(ターゲット データストアまたはデータストア フォルダが対象)。
  • ネットワーク.ネットワークの割り当て(仮想マシンを割り当てるネットワークが対象)。

ロールに割り当てられた権限を確認するには、[メニュー] > [管理] > [ロール] の順にクリックして、ロールを選択します。

永続的なメモリを使用する仮想マシンを作成する場合は、使用可能な PMEM リソースを持つホストまたはクラスタを選択します。

手順

  1. 仮想マシンの有効な親オブジェクトである任意のインベントリ オブジェクト(データセンター、フォルダ、クラスタ、リソース プール、ホストなど)を右クリックして、[新規仮想マシン] を選択します。
  2. [作成タイプの選択] ページで、[新規仮想マシンの作成] を選択し、[次へ] をクリックします。
  3. [名前とフォルダの選択] ページで、仮想マシンの一意の名前を入力し、展開する場所を選択します。
  4. [次へ] をクリックします。
  5. [コンピューティング リソースの選択] ページで、仮想マシンを実行するホスト、クラスタ、リソース プール、または vApp を選択し、[次へ] をクリックします。
    選択された場所に仮想マシンを作成した結果、互換性の問題が発生すると、 [互換性] ペインにアラームが表示されます。
  6. [ストレージの選択] ページで、ストレージ タイプ、ストレージ ポリシー、および仮想マシン ファイルを格納するデータストアまたはデータストア クラスタを選択します。
    オプション 説明
    PMEM リソースを持つホストでの仮想マシンの作成
    1. [標準] または [PMEM] ラジオ ボタンを選択して、ストレージのタイプを選択します。

      [PMEM] ストレージ オプションを使用すると、デフォルトで、すべての仮想マシン ディスク ファイルがホストのローカルの PMEM データストアに格納されます。データストアは後で変更できます。仮想マシンのホームの場所は、非 PMEM データストア上に指定する必要があります。

      永続的なメモリおよび PMEM ストレージに関する詳細については、『vSphere リソース管理』ガイドを参照してください。

    2. (オプション) [仮想マシン ストレージ ポリシー] ドロップダウン メニューから、仮想マシン ストレージ ポリシーを選択するか、デフォルトのままにします。
    3. (オプション) 仮想マシンを暗号化するには、[この仮想マシンを暗号化] チェックボックスをオンにします。
    4. データストアまたはデータストア クラスタを選択します。
    5. この仮想マシンで Storage DRS を使用しない場合は、[この仮想マシンの Storage DRS の無効化] チェックボックスをオンにします。
    PMEM リソースがないホストでの仮想マシンの作成
    1. 仮想マシン ストレージ ポリシーを選択するか、デフォルトのままにします。
    2. (オプション) 仮想マシンを暗号化するには、[この仮想マシンを暗号化] チェックボックスをオンにします。
    3. データストアまたはデータストア クラスタを選択します。
    暗号化された仮想マシンの作成の詳細については、『 vSphere のセキュリティ』を参照してください。
  7. [互換性の選択] 画面で、ESXi ホスト バージョンとの仮想マシンの互換性を選択し、[次へ] をクリックします。

    最新のハードウェア機能にアクセスするには、最新の ESXi ホスト バージョンを選択します。

  8. [ゲスト OS を選択] ページで、ゲスト OS ファミリとバージョンを選択し、[次へ] をクリックします。
    ゲスト OS を選択する際、オペレーティング システムでサポートされるファームウェアによって BIOS または EFI (拡張ファームウェア インターフェイス) がデフォルトで選択されています。Mac OS X Server ゲスト OS では EFI のみがサポートされています。オペレーティング システムで BIOS および EFI がサポートされている場合は、仮想マシンを作成してからゲスト OS をインストールするまでの間に、仮想マシンを編集してデフォルトを変更できます。EFI を選択すると、BIOS のみをサポートするオペレーティング システムを起動することはできません。BIOS を選択すると、EFI のみをサポートするオペレーティング システムを起動することはできません。
    重要: ゲスト OS のインストール後は、ファームウェアを変更しないでください。ゲスト OS インストーラは、インストーラが起動されたファームウェアによって、ディスクを特定の形式にパーティショニングします。ファームウェアを変更すると、ゲストを起動できなくなります。
  9. (オプション) [Windows 仮想化ベースのセキュリティの有効化]

    このオプションを有効にすると、ハードウェア仮想化、IOMMU、EFI、およびセキュア ブートがゲスト OS で使用可能になります。この仮想マシンのゲスト OS 内で、[仮想化ベースのセキュリティ] を有効にする必要もあります。

    [Windows 仮想化ベースのセキュリティの有効化] オプションを使用できるのは、最新の Windows OS バージョン(Windows 10 および Windows Server 2016 など)のみです。仮想化ベースのセキュリティの詳細については、『vSphere のセキュリティ』ドキュメントを参照してください。

  10. [次へ] をクリックします。
  11. [ハードウェアのカスタマイズ] 画面で、仮想マシンのハードウェアとオプションを設定し、[次へ] をクリックします。
    デフォルトのままにして、仮想マシンのハードウェアとオプションを後で設定することも可能です。詳細については、 仮想マシン ハードウェアの設定および 仮想マシン オプションの設定を参照してください。
    重要: 仮想マシンで PMEM ストレージを使用するよう選択すると、そのデフォルトのハード ディスクと、設定する新しいハード ディスク、および仮想マシンに追加する NVDIMM デバイスで、同じ PMEM リソースが共有されます。そのため、ホストで使用できる PMEM の量に合わせて、新しく追加したデバイスのサイズを調整する必要があります。設定のいずれかの段階で注意が必要な場合は、ウィザードにアラートが表示されます。
  12. [設定の確認] 画面で詳細を確認し、[完了] をクリックします。

結果

vSphere Client インベントリに仮想マシンが表示されます。