ディスク容量が不足した場合、ディスクのサイズを増やすことができます。仮想マシンの仮想ディスク構成について、仮想デバイス ノードおよび通常モードを変更できます。

前提条件

仮想マシンをパワーオフします。

次の権限があることを確認します。
  • 仮想マシン上での 仮想マシン.構成の変更.デバイス設定の変更
  • 仮想マシン上での 仮想マシン.設定.仮想ディスクの拡張
  • データストア.容量の割り当て(データストアが対象)。

手順

  1. インベントリで仮想マシンを右クリックし、[設定の編集] を選択します。
  2. [仮想ハードウェア] タブで、[ハード ディスク] を展開してディスクの設定を表示または変更し、[OK] をクリックします。
    オプション 説明
    最大サイズ この仮想マシンのこのハード ディスクの最大サイズです。
    注: 仮想ハード ディスクのサイズを拡張すると、仮想マシンのサスペンド時間が発生することがあります。仮想ディスクが Eager Zeroed シックのタイプの場合、サスペンド時間は長くなります。
    仮想マシン ストレージ ポリシー 使用可能なストレージ ポリシーのいずれかを選択します。詳細については、『vSphere のストレージ』ドキュメントを参照してください。
    注: 既存の PMEM ハード ディスクの仮想マシン ストレージ ポリシーを変更することはできません。また、既存の非 PMEM ディスクのストレージ ポリシーを、ホストのローカル PMEM デフォルト ストレージ ポリシーに変更することもできません。
    タイプ ストレージのタイプです。既存のハード ディスクでこの設定を変更することはできません。仮想マシンのハード ディスクを追加する場合は、ハード ディスクのストレージ タイプを選択します。ストレージ タイプおよび使用可能なディスク フォーマットの詳細については、『vSphere のストレージ』ドキュメントを参照してください。
    共有 共有情報を指定します。
    ディスク ファイル データストア上のディスク ファイルを一覧表示します。
    シェア シェアは、ディスクのバンド幅を制御するための相対的な基準を表す値です。値の低、中、高、カスタムは、ホスト上にあるすべての仮想マシンのすべてのシェアの合計と比較されます。
    制限 - IOPs IOPs をカスタマイズできます。この値は、仮想ディスクに割り当てられた 1 秒あたりの I/O の上限です。
    ディスク モード ディスク モードは、仮想ディスクとスナップショットの関係性を決定します。
    次のオプションがあります。
    • [依存型]:依存型モードはデフォルトのディスク モードです。仮想マシンのスナップショットを作成すると、依存型ディスクがスナップショットに含まれます。以前のスナップショットに戻すと、すべてのデータがスナップショットの作成時点に戻ります。
    • [独立型:通常]:通常モードのディスクは、物理コンピュータ上の従来のディスクと同様に動作します。通常モードのディスクに書き込まれたすべてのデータは、スナップショットを元に戻した場合でも、永続的にこのディスクに書き込まれた状態になります。仮想マシンをパワーオフまたはリセットした場合、ディスクとそのすべてのスナップショットが保持されます。
    • [独立型: 読み取り専用]:読み取り専用モードのディスクは、読み取り専用ディスクのように動作します。読み取り専用モードのディスクへの変更は、仮想マシンをパワーオフまたはリセットしたときに破棄されます。読み取り専用モードでは、仮想マシンを再起動しても、仮想ディスクの状態は常に同じです。ディスクへの変更は REDO ログ ファイルに書き込まれ、このファイルから読み取られます。REDO ログ ファイルは仮想マシンのパワーオフまたはリセット時、あるいはスナップショットの削除時に削除されます。
    仮想デバイス ノード 仮想デバイス ノードを表示します。