vSphere 7.0 以降では、効率的かつ柔軟な方法で仮想マシン テンプレートを管理できます。仮想マシン テンプレートの内容を編集するには、それらをチェックアウトし、必要な変更を加えてチェックインします。

縦のタイムライン ビューを使用して、時間経過に伴う変更履歴を追跡できます。縦のタイムライン ビューには、さまざまな仮想マシン テンプレートのバージョン、権限を持つユーザーが行った更新、および最後の変更が行われた日時に関する詳細情報が表示されます。縦のタイムラインを使用すると、仮想マシン テンプレートを前の状態に戻したり、以前のバージョンの仮想マシン テンプレートを削除したりできます。

さらに、最新バージョンの仮想マシン テンプレートから仮想マシンをデプロイする作業は、更新のためにチェックアウトしている間に、中断なしで実行できます。また、仮想マシンを更新して、同じ仮想マシン テンプレートに再度チェックインすることができます。

コンテンツ ライブラリのテンプレート

テンプレートは、カスタマイズされた、すぐに使用可能な状態の仮想マシンをデプロイできる、仮想マシンのプライマリ コピーです。テンプレートによって、vSphere 環境全体の一貫性が保持されます。コンテンツ ライブラリを使用して、仮想マシン テンプレートと vApp テンプレートを保存および管理できます。仮想マシン テンプレートと vApp テンプレートを使用して、ホストやクラスタなどのターゲット オブジェクトに仮想マシンと vApp をデプロイすることができます。

コンテンツ ライブラリでは、OVF テンプレート タイプと仮想マシン テンプレート タイプの 2 種類のテンプレートがサポートされます。

コンテンツ ライブラリでは、仮想マシン テンプレートを OVF テンプレートまたは仮想マシン テンプレートとして保存および管理できます。コンテンツ ライブラリでは、vApp は常に OVF テンプレートに変換されます。

コンテンツ ライブラリの仮想マシン テンプレートと vCenter Server インベントリ内の仮想マシン テンプレートの比較

仮想マシン テンプレートとは、仮想マシンのテンプレートです。仮想マシン テンプレートを作成するには、仮想マシンのクローンを作成してテンプレートにします。

仮想マシン テンプレートは、vCenter Server またはコンテンツ ライブラリで管理できます。

vSphere の以前のリリースでは、vCenter Server インベントリ リストを介した仮想マシン テンプレートの管理のみが可能でした。仮想マシンまたは仮想マシン テンプレートのクローンをコンテンツ ライブラリ テンプレートに作成すると、生成されるコンテンツ ライブラリ アイテムは OVF フォーマットになりました。vSphere 7.0 Update 1 以降のローカル コンテンツ ライブラリは、OVF テンプレートと仮想マシン テンプレートの両方をサポートします。仮想マシンのクローンをコンテンツ ライブラリ内に作成するときに、テンプレートのタイプを選択します。

コンテンツ ライブラリ内に仮想マシン テンプレートを作成すると、そのライブラリ アイテムは vCenter Server インベントリ内の仮想マシン テンプレートによってバッキングされます。コンテンツ ライブラリ アイテムと対応するインベントリ オブジェクトは、次のように関連付けられています。
  • vCenter Server インベントリ内の仮想マシン テンプレートを仮想マシンに変換すると、対応する仮想マシン テンプレートのライブラリ アイテムも削除されます。
  • vCenter Server 内の仮想マシン テンプレートの名前を変更すると、対応する仮想マシン テンプレート ライブラリ アイテムの名前も変更されます。
  • 仮想マシン テンプレート ライブラリ アイテムの名前を変更すると、vCenter Server インベントリ内の関連付けられた仮想マシン テンプレートの名前も変更されます。
  • vCenter Server インベントリ内の仮想マシン テンプレートを削除すると、対応する仮想マシン テンプレートのライブラリ アイテムも削除されます。
  • 仮想マシン テンプレート ライブラリ アイテムを削除すると、vCenter Server インベントリ内の関連付けられた仮想マシン テンプレートも削除されます。

コンテンツ ライブラリの OVF テンプレート

コンテンツ ライブラリでは、OVF テンプレートは仮想マシン テンプレートか vApp テンプレートのいずれかになります。仮想マシンからコンテンツ ライブラリ内のテンプレートをクローン作成する場合は、OVF テンプレートと仮想マシン テンプレートのどちらを作成するかを選択します。ただし、vApp からコンテンツ ライブラリ内のテンプレートをクローン作成する場合、作成されるコンテンツ ライブラリ アイテムは常に OVF テンプレートになります。OVF フォーマットは実際にはファイルのセットであるため、テンプレートをエクスポートすると、OVF テンプレートのライブラリ アイテム内のすべてのファイル(.ovf.vmdk.mf)は、ローカル システムに保存されます。

コンテンツ ライブラリ内の仮想マシン テンプレートと OVF テンプレートの違い

vSphere 環境に新しい仮想マシンをデプロイする場合は、仮想マシン テンプレートと OVF テンプレートの両方が使用可能です。ただし、プロパティやサポートされるデプロイ オプションは、この 2 種類のテンプレートの間で異なります。

コンテンツ ライブラリ内の仮想マシン テンプレートと OVF テンプレートの違いの詳細なリストについては、次の表を参照してください。
表 1. 仮想マシン テンプレートと OVF テンプレートのプロパティ
プロパティ コンテンツ ライブラリの仮想マシン テンプレート コンテンツ ライブラリの OVF テンプレート
データストア 仮想マシン テンプレートは、権限がある任意のデータストアに保存できます。
注: 仮想マシン テンプレートは、NFS または SMB ストレージを使用するライブラリには保存できません。
OVF テンプレートは、コンテンツ ライブラリに関連付けられているデータストアのみに保存できます。
占有量 デフォルト。 圧縮、またはシン。
ホスト/データストアのメンテナンス モード

ホストがアクセス不能になると、仮想マシン テンプレートは自動的に別のホストに移行します。

ホストまたはデータストアのいずれかがアクセス不能になった場合は、OVF テンプレートを手動で別のホストまたはデータストアに移行する必要があります。
ホストへの関連付け 可。 番号
Storage DRS サポートあり。 サポート対象外。
クロス ベンダー互換性 サポート対象外。 サポートあり。
ソフトウェア使用許諾契約書 サポート対象外。 サポートあり。
暗号化 サポートあり。

暗号化された仮想マシン テンプレートを作成できます。

サポート対象外。

OVF テンプレート自体を暗号化することはできませんが、OVF テンプレートから暗号化された仮想マシンをデプロイすることはできます。

デプロイのオプション 仮想マシン テンプレートのデプロイでは、ハードウェアのカスタマイズとゲスト OS のカスタマイズの両方がサポートされます。 OVF テンプレートのデプロイでは、ゲスト OS のカスタマイズのみがサポートされます。ハードウェアのカスタマイズはサポートされません。

コンテンツ ライブラリ テンプレートでサポートされる操作は、テンプレート タイプによって異なります。OVF テンプレートおよび仮想マシン テンプレートの設定は、両方とも編集できます。ただし、テンプレートの更新、エクスポート、クローン作成は、OVF テンプレートの場合のみ可能です。

テンプレートからの仮想マシンのチェックアウト

vSphere Clientでは、仮想マシン テンプレートを編集し、権限がある他のユーザーが行った変更を監視できます。チェックアウト操作を実行して、仮想マシン テンプレートから仮想マシンを更新できます。このプロセスでは、他のユーザーからのチェックアウトに仮想マシン テンプレートを使用することはできませんが、中断することなく仮想マシン テンプレートから仮想マシンをデプロイできます。

仮想マシン テンプレートをチェックアウトすると、仮想マシンをテンプレートに変換したり、仮想マシンを別の vCenter Serverインベントリに移行することはできません。

前提条件

次の権限があることを確認します。
  • コンテンツ ライブラリ.テンプレートをチェックアウト
  • リソース.仮想マシンのリソース プールへの割り当て
  • データストア.容量の割り当て
  • 仮想マシン.インベントリの編集.既存のものから作成
  • 仮想マシン.構成の変更.注釈の設定
  • チェックアウトした仮想マシンをパワーオンする場合は、仮想マシン.相互作用.パワーオン権限があることを確認します。

手順

  1. 仮想マシン テンプレートをチェックアウトするには、次の手順を実行します。
    オプション 操作
    コンテンツ ライブラリから
    1. [メニュー] > [コンテンツ ライブラリ] の順に移動します。
    2. ローカル ライブラリを開くには、その名前をクリックします。
    3. [テンプレート] タブで仮想マシン テンプレートを選択し、[このテンプレートから仮想マシンをチェックアウト] ボタンをクリックします。
    vSphere Clientインベントリから
    1. [メニュー] > [仮想マシンおよびテンプレート] の順に移動して、仮想マシン テンプレートをクリックします。
    2. [バージョン管理] タブをクリックし、縦のタイムライン ビューで、[このテンプレートから仮想マシンをチェックアウト] をクリックします。
    [仮想マシン テンプレートから仮想マシンをチェックアウト] ダイアログ ボックスが開きます。
  2. [名前と場所] 画面で、仮想マシン名を入力し、仮想マシンの場所を選択して [次へ] をクリックします。
  3. [コンピューティング リソースの選択] 画面で、チェックアウト済み仮想マシンのコンピューティング リソースを選択し、[次へ] をクリックします。
  4. [確認] 画面で、設定を確認します。
  5. [チェックアウト後に仮想マシンをパワーオン] チェック ボックスで、チェックアウト後に仮想マシンをパワーオンするかどうかを選択します。
  6. [終了] をクリックします。

結果

チェックアウトした仮想マシンは、選択した場所に青色の円アイコンで示されます。必要に応じて設定を変更できます。

次のタスク

仮想マシンの更新が完了したら、仮想マシンをテンプレートに戻すことができます。

テンプレートへの仮想マシンのチェックイン

テンプレートから仮想マシンをチェックアウトして仮想マシンを更新した後に、仮想マシンを仮想マシン テンプレートにチェックインし直す必要があります。仮想マシンをテンプレートにチェックインする場合は、仮想マシンの更新状態を含む新しいバージョンの仮想マシン テンプレートを作成します。

仮想マシンを仮想マシン テンプレートにチェックインすると、仮想マシンに最後に行った変更をデプロイできるようになります。

前提条件

その仮想マシンがパワーオフまたはサスペンドの状態であることを確認します。パワーオン状態の仮想マシンを仮想マシン テンプレートにチェックインすることはできません。

必要な権限:
  • コンテンツ ライブラリ.テンプレートをチェックイン

手順

  1. 仮想マシンをテンプレートにチェックインするには、次の手順を実行します。
    オプション 操作
    コンテンツ ライブラリから
    1. [メニュー] > [コンテンツ ライブラリ] の順に移動します。
    2. コンテンツ ライブラリを開くには、その名前をクリックします。
    3. [テンプレート] タブで、仮想マシン テンプレートを選択し、[テンプレートに仮想マシンをチェックイン] をクリックします。
    vSphere Clientインベントリから
    1. [メニュー] > [仮想マシンおよびテンプレート] の順に移動して、仮想マシン テンプレートをクリックします。
    2. [バージョン管理] タブをクリックし、縦のタイムライン ビューで、[テンプレートに仮想マシンをチェックイン] をクリックします。
    [仮想マシンのチェックイン] ダイアログ ボックスが開きます。
  2. 変更について記述するには、[チェックイン メモ] にコメントを入力します。
  3. [チェックイン] をクリックします。

結果

更新バージョンの仮想マシン テンプレートが縦のタイムラインに表示されます。チェックイン コメント、変更したユーザーの名前、および変更日が表示されます。

チェックアウトした仮想マシンの破棄

仮想マシン テンプレートをチェックアウトした後に、仮想マシンを更新しない場合や、保持する必要がない更新を実行する場合は、チェックアウトした仮想マシンを破棄できます。仮想マシンをテンプレートに再度チェックインするたびに、ユーザーは新しいバージョンの仮想マシン テンプレートを作成します。チェックアウトした仮想マシンを破棄すると、新しいバージョンの作成を不要にしたり、他のユーザーが障害のあるバージョンを使用しないよう防止したりできます。

前提条件

必要な権限:
  • 仮想マシン.インベントリ.削除

手順

  1. チェックアウトした仮想マシンを破棄するには、次の手順を実行します。
    オプション 操作
    コンテンツ ライブラリから
    1. [メニュー] > [コンテンツ ライブラリ] の順に移動します。
    2. ローカル ライブラリを開くには、その名前をクリックします。
    3. [テンプレート] タブで、仮想マシン テンプレートを選択します。
    4. 縦のタイムラインで、チェックアウトされた仮想マシン テンプレート ボックスに表示される横の省略符号アイコン (横の省略符号アイコン) をクリックし、[チェックアウトした仮想マシンを破棄] を選択します。
    vSphere Clientインベントリから
    1. [メニュー] > [仮想マシンおよびテンプレート] の順に移動して、仮想マシン テンプレートをクリックします。
    2. 縦のタイムラインで [バージョン管理] タブをクリックします。
    3. チェックアウトされた仮想マシン テンプレート ボックスに表示される横の省略符号アイコン (横の省略符号アイコン) をクリックし、[チェックアウトした仮想マシンを破棄] を選択します。
    [チェックアウトした仮想マシンを破棄] ダイアログ ボックスが開きます。
  2. チェックアウトした仮想マシンを削除してすべての変更を破棄するには、[破棄] をクリックします。

結果

インベントリから仮想マシンが削除され、すべての変更が破棄されました。

以前のバージョンのテンプレートへの復帰

最新の仮想マシン テンプレートに、保持する必要がなくなった変更が含まれている場合、または前回のチェックイン中にミスがあった場合は、仮想マシン テンプレートを以前のバージョンに戻すことができます。

前提条件

必要な権限:
  • コンテンツ ライブラリ.テンプレートをチェックイン

手順

  1. 以前のバージョンのテンプレートに戻すには、次の手順を実行します。
    オプション 操作
    コンテンツ ライブラリから
    1. [メニュー] > [コンテンツ ライブラリ] の順に移動します。
    2. ローカル ライブラリを開くには、その名前をクリックします。
    3. [テンプレート] タブで、仮想マシン テンプレートを選択します。
    vSphere Clientインベントリから
    1. [メニュー] > [仮想マシンおよびテンプレート] の順に移動して、仮想マシン テンプレートをクリックします。
    2. [バージョン管理] タブをクリックします。
  2. 縦のタイムラインで、仮想マシン テンプレートの前の状態に移動し、横の省略符号アイコン (横の省略符号アイコン) をクリックして、[このバージョンに戻す] を選択します。
    [バージョンを戻す] ダイアログ ボックスが開きます。
  3. 元に戻す操作を行う理由を入力し、[元に戻す] をクリックします。

結果

復帰先の仮想マシン テンプレートが現在の仮想マシン テンプレートになります。

以前のバージョンの仮想マシン テンプレートの削除

テンプレートの使用を許可する必要がなくなった場合は、以前のバージョンの仮想マシン テンプレートを削除します。仮想マシン テンプレートを削除すると、テンプレートとその内容がインベントリから削除されます。

前提条件

必要な権限:
  • コンテンツ ライブラリ.ライブラリ アイテムの削除

手順

  1. 以前のバージョンのテンプレートを削除するには、次の手順を実行します。
    オプション 操作
    コンテンツ ライブラリから
    1. [メニュー] > [コンテンツ ライブラリ] の順に移動します。
    2. ローカル ライブラリを開くには、その名前をクリックします。
    3. [テンプレート] タブで、仮想マシン テンプレートを選択します。
    vSphere Clientインベントリから
    1. [メニュー] > [仮想マシンおよびテンプレート] の順に移動して、仮想マシン テンプレートをクリックします。
    2. [バージョン管理] タブをクリックします。
  2. 縦のタイムラインで、仮想マシン テンプレートの前の状態に移動し、横の省略符号アイコン (横の省略符号アイコン) をクリックして、[バージョンの削除] を選択します。
    [削除の確認] ダイアログ ボックスが開きます。
  3. 仮想マシン テンプレートとその内容を完全に削除するには、[はい] をクリックします。