共有ディスクのある WSFC クラスタでは、ストレージ ディスクがノード間で共有されます。

前提条件

ハード ディスクを最初のノードに追加する前に、次の作業を行います。

  • 物理互換モードの RDM を使用している場合は、フォーマットされていない SAN LUN の場所について SAN 管理者に問い合わせてください。この手順で作成するハード ディスクは、SAN LUN を参照する必要があります。
  • 共有ディスクに vVol ストレージを使用している場合は、「VMware vSphere® Virtual VolumesTM を使用して物理ホスト間のクラスタの最初のノードにハード ディスクを追加」を参照してください。
  • VMFS データストア上でクラスタ VMDK を使用している場合は、「VMFS データストア上のクラスタ VMDK を使用して物理ホスト間のクラスタの最初のノードにハード ディスクを追加」を参照してください。
注: 物理互換モードの RDM を使用します。

手順

  1. vSphere Clientで、新規に作成した仮想マシンを選択して右クリックし、[設定の編集] を選択します。
  2. [新規デバイス] ドロップダウン メニューをクリックして、[SCSI コントローラ] を選択します。
  3. 新しい SCSI コントローラで [VMware 準仮想化] を選択し、[SCSI バスの共有][物理] に設定します。[OK] をクリックします。
    注: LSI SAS はサポートされていますが、VMware 準仮想化が推奨されています。
  4. 手順 1 で新しく作成した仮想マシンを選択し、右クリックして [設定の編集] を選択します。
  5. [新規デバイス] ドロップダウン メニューをクリックして、[RDM ディスク] を選択します。
  6. フォーマットされていない LUN を選択し、[OK] をクリックします。
  7. [新規ハード ディスク] を展開し、[場所] でデータストアを選択します。
    このデータストアは共有ストレージに配置する必要があります。各共有ディスクごとに、共有 RDM ファイルが 1 つ必要です。
  8. 互換性モードとして [物理] を選択します。
  9. 仮想デバイス ノードに対して、手順 2 で新しく作成した SCSI コントローラを選択します(たとえば、[SCSI (1:0)] を選択します)。
    注: これは新しい SCSI コントローラです。SCSI 0 は使用できません。SCSI コントローラ 0 は、起動ディスクと共有不可のディスク用に予約されています
  10. [OK] をクリックします。
    ウィザードで新しいハード ディスクを作成します。