最初の仮想マシンからテンプレートを作成し、そのテンプレートから 2 番目のノードをデプロイします。Windows Server 2012 以降では、最大で 5 ノードを使用できます。

注: クリーン テンプレートの場合は、Windows Sysprep を使用します。
注意: RDM 設定で仮想マシンのクローンを作成した場合、クローンの作成処理で RDM が仮想ディスクに変換されます。クローンを作成する前にすべての RDM のマップを解除し、クローンの作成後に再度マッピングしてください。

手順

  1. vSphere Clientで、最初に作成した仮想マシンを右クリックし、[クローン作成] > [テンプレートにクローン作成] の順に選択します。
  2. ウィザードの指示に従って仮想マシンのテンプレートを作成します。
    ページ 操作
    名前とフォルダ 名前 (たとえば Node2_Template) を入力し、場所を選択します。
    コンピューティング リソース 仮想マシンを実行するホストまたはクラスタを選択します。
    ディスクのフォーマット [ソースと同じフォーマット] を選択します。
    ストレージ 仮想マシンの構成ファイルと .vmdk ファイルの場所としてデータストアを選択します。
    設定の確認 [終了] をクリックして、仮想マシンのテンプレートを作成します。
  3. 仮想マシンのテンプレートを右クリックし、[このテンプレートから仮想マシンのデプロイ] を選択します。
  4. デプロイ ウィザードの指示に従って、仮想マシンをデプロイします。
    ページ 操作
    名前とフォルダ 名前 (たとえば Node2) を入力し、場所を選択します。
    コンピューティング リソース 仮想マシンを実行するホストまたはクラスタを選択します。
    ディスクのフォーマット [ソースと同じフォーマット] を選択します。
    データストア 仮想マシンの構成ファイルと .vmdk ファイルの場所としてデータストアを選択します。
    クローン オプション [オペレーティング システムのカスタマイズ] を選択します。
  5. リストから新しいゲスト OS を選択します。
    1. [新規仕様を作成] ボタンをクリックして、新しいゲスト OS を追加します。[新しい仮想マシン ゲスト カスタマイズ仕様] ウィザードの手順に従って操作を行います。
    2. [終了] をクリックして、ウィザードを終了します。
  6. [終了] をクリックして、仮想マシンをデプロイします。