クラスタ化されたサービスおよびデータへの共有アクセスを許可するには、2 番目の仮想マシンで [既存のディスクを追加] を使用して、共有する最初の仮想マシンのディスクを参照するようにします。同じ SCSI ID を使用します。

前提条件

開始する前に、次の情報を取得します。

  • 共有するすべての仮想ディスクの SCSI ID を取得します。

手順

  1. vSphere Clientで、新規に作成した仮想マシンを選択して右クリックし、[設定の編集] を選択します。
  2. [新規デバイス] ドロップダウン メニューをクリックして、[SCSI コントローラ] を選択します。
  3. 新しい SCSI コントローラで [VMware 準仮想化] を選択し、[SCSI バスの共有][仮想] に設定します。[OK] をクリックします。
    注: LSI SAS はサポートされていますが、VMware 準仮想化が推奨されています。
  4. 手順 1 で新しく作成した仮想マシンを選択し、右クリックして [設定の編集] を選択します。
  5. [新規デバイス] ドロップダウン メニューをクリックして、[既存のハード ディスク] を選択します。
  6. [ディスク ファイルのパス] で、最初のノード用に指定した共有するディスクの場所を参照します。
  7. [新規ハード ディスク] を展開します。
  8. 最初の仮想マシンの共有ストレージ ディスク用に選択したのと同じ SCSI ID を選択します(たとえば [SCSI (1:0)] を選択します)。
    注: この仮想マシンの共有ストレージのディスク SCSI ID は、最初の仮想マシンの対応する SCSI ID と一致する必要があります。
  9. [OK] をクリックします。