NSX Advanced Load Balancer Controller 仮想マシンを vSphere with Tanzu 環境に構成します。

ロード バランサ制御プレーンを vCenter Server 環境に接続するには、NSX Advanced Load Balancer Controller にデプロイ後の構成パラメータをいくつか指定する必要があります。

前提条件

手順

  1. ブラウザを使用して、NSX Advanced Load Balancer Controller のデプロイ時に指定した IP アドレスに移動します。
  2. [管理者アカウント] を作成します。
    オプション 説明
    ユーザー名 初期構成に使用する管理者のユーザー名。このフィールドは編集できません。
    パスワード コントローラ仮想マシンの管理者パスワードを入力します。

    パスワードには、数字、特殊文字、大文字、小文字の組み合わせを含む 8 文字以上を指定する必要があります。

    パスワードの確認 管理者パスワードを再度入力します。
    メール アドレス(オプション) 管理者のメール アドレスを入力します。

    本番環境でのパスワード回復用のメール アドレスを指定することを推奨します。

  3. [システム設定] を構成します。
    オプション 説明
    パスフレーズ コントローラ バックアップのパスフレーズを入力します。コントローラ構成は、定期的にローカル ディスクに自動的にバックアップされます。詳細については、バックアップとリストアを参照してください。

    パスフレーズには、数字、特殊文字、大文字、小文字の組み合わせを含む 8 文字以上を指定する必要があります。

    パスフレーズの確認 バックアップ パスフレーズを再度入力します。
    DNS リゾルバ Tanzu 環境の vSphere で使用している DNS サーバの IP アドレスを入力します。たとえば、10.14.7.12 など。
    DNS 検索ドメイン ドメイン文字列を入力します。
  4. ライセンスを割り当てます。
    1. [管理] > [ライセンス] を選択します。
    2. [設定] を選択します。
    3. [Enterprise Tier] を選択し、[保存] をクリックします。
    4. ライセンスを追加するには、[コンピュータからアップロード] を選択します。
      ライセンス ファイルをアップロードすると、コントローラのライセンス リストに表示されます。開始日や有効期限などのライセンスに関する情報が表示されます。
  5. NSX Advanced Load Balancer ControllerNSX Manager と通信できるようにするには、NSX Manager の認証情報を作成します。NSX Advanced Load Balancer Controller ダッシュボードで、[管理] > [ユーザー認証情報 (User Credentials)] の順に選択します。
    オプション 説明
    名前 認証情報の名前。例:nsxuser
    認証情報のタイプ [NSX-T] を選択します。
    ユーザー名 NSX Manager にログインするためのユーザー名を入力します。
    パスワード NSX Manager のパスワードを入力します。
  6. NSX Advanced Load Balancer ControllervCenter Server と通信できるようにするには、vCenter Server の認証情報を作成します。
    オプション 説明
    名前 認証情報の名前。例:vcuser
    認証情報のタイプ [[vCenter]] を選択します。
    ユーザー名 vCenter Server にログインするためのユーザー名を入力します。
    パスワード vCenter Server のパスワードを入力します。
  7. プレースホルダの IP アドレス管理プロファイルを作成します。
    仮想サービスの作成時に仮想 IP アドレスを割り当てるには、IP アドレス管理が必要です。
    1. NSX Advanced Load Balancer Controller ダッシュボードで、[テンプレート] > [IPAM/DNS プロファイル] の順に選択します。
      [新しい IP アドレス管理/DNS プロファイル] 画面が表示されます。
    2. プロファイルの名前を入力します。例:default-ipam
    3. [タイプ]Avi Vantage IPAM として選択します。
    4. [保存] をクリックします。
  8. [NSX Cloud] を構成します。
    1. NSX Advanced Load Balancer Controller ダッシュボードで、[インフラストラクチャ] > [クラウド] の順に選択します。
    2. クラウドの名前を入力します。例:nsx-cloud
    3. クラウド タイプとして [NSX-T Cloud] を選択します。
    4. [DHCP] を選択します。
    5. サービス エンジンの [オブジェクト名プリフィックス] を入力します。プリフィックス文字列には、文字、数字、アンダースコアのみを使用できます。クラウドが構成されると、このフィールドは変更できなくなります。例:nsx
  9. NSX の認証情報を入力します。
    1. NSX Manager の IP アドレスを入力します。
    2. 作成した NSX Manager の認証情報を入力します。例:nsxuser
  10. 管理ネットワークを構成します。管理ネットワークは、NSX Advanced Load Balancer Controller とサービス エンジンの間の通信チャネルです。
    オプション 説明
    トランスポート ゾーン サービス エンジンが配置されるトランスポート ゾーン。

    オーバーレイ トランスポート ゾーンを選択します。例:nsx-overlay-transportzone

    Tier1 論理ルーター Tier-1 ゲートウェイを選択します。例:Tier-1_VWT
    オーバーレイ セグメント サービス エンジン管理 NIC が IP アドレスを取得する元の管理オーバーレイ セグメント。例:nsxoverlaysegment
  11. データ ネットワークを構成します。
    [データ ネットワーク] セクションで、 [追加] をクリックします。
    オプション 説明
    トランスポート ゾーン オーバーレイ トランスポート ゾーンを選択します。例:nsx-overlay-transportzone
    論理ルーター Tier-1 ゲートウェイを入力します。例:Tier-1_VWT
    オーバーレイ セグメント オーバーレイ セグメントを選択します。例:nsxoverlaysegment
  12. vCenter Server 認証情報を入力します。
    [vCenter Server] セクションで、 [追加] をクリックします。
    オプション 説明
    名前 作成した認証情報の名前。例:vcuser
    URL vCenter Server の IP アドレス。
  13. 作成した IP アドレス管理プロファイルを追加します。[IPAM プロファイル] で、default-ipam を選択します。
    仮想サービスの作成時に仮想 IP アドレスを割り当てるには、IP アドレス管理が必要です。

結果

構成が完了すると、NSX Advanced Load Balancer Controller[ダッシュボード] が表示されます。[インフラストラクチャ] > [クラウド] の順に選択し、[NSX Cloud]NSX Advanced Load Balancer Controller のステータスが緑であることを確認します。NSX Advanced Load Balancer ControllervCenter Server 環境内のすべてのポート グループを検出してステータスが緑になるまで、しばらくの間、ステータスが黄色になることがあります。

次のタスク

サービス エンジン グループを構成します。サービス エンジン グループの構成を参照してください。