vSphere 向け Kubernetes CLI Tools を使用して、vSphere with Tanzu の名前空間とクラスタを表示および制御できます。

Kubernetes CLI Tools のダウンロード パッケージには、標準のオープンソース kubectlkubectl 向けの vSphere プラグイン の 2 つの実行可能ファイルが含まれています。kubectl CLI は、プラグイン可能なアーキテクチャを備えています。kubectl 向けの vSphere プラグイン では、kubectl で使用できるコマンドが拡張されているため、vCenter Single Sign-On の認証情報を使用して スーパーバイザー および Tanzu Kubernetes クラスタに接続できます。

注: ベスト プラクティスとして、 vSphere 名前空間 のアップデートを実行し、 スーパーバイザー をアップグレードした後で、 kubectl 向けの vSphere プラグイン をアップデートしてください。『 vSphere with Tanzu の保守』の Update the vSphere Plugin for kubectlを参照してください。

前提条件

  • vSphere 管理者から Kubernetes CLI Tools ダウンロード ページのリンクを取得します。
  • または、vCenter Server にアクセスできる場合は、次のようにしてリンクを取得します。
    • vSphere Client を使用して、vCenter Server にログインします。
    • [vSphere クラスタ] > [名前空間] に移動し、作業している vSphere 名前空間 を選択します。次の例では、これは、Tanzu Kubernetes クラスタ用に作成した「tkgs-ns」名前空間です。
    • [サマリ] タブを選択し、この画面の [ステータス] 領域を見つけます。
    • [CLI ツールへのリンク] という見出しの下にある [開く] を選択してダウンロード ページを開きます。または、リンクを [コピー] することもできます。
    vSphere 名前空間構成パネル。CLI ツールへのリンクが丸で囲まれています。

手順

  1. ブラウザを使用して、環境に応じた [Kubernetes CLI Tools] ダウンロード URL に移動します。ダウンロード URL の検索方法については、上記の前提条件のセクションを参照してください。
    vSphere with Tanzu DevOps ユーザー インターフェイスには、CLI ツールのパッケージをダウンロードして、vSphere の名前空間を表示および制御するためのオプションが表示されます。
  2. オペレーティング システムを選択します。
  3. vsphere-plugin.zip ファイルをダウンロードします。
  4. この ZIP ファイルのコンテンツを作業ディレクトリに解凍します。
    vsphere-plugin.zip パッケージには、 kubectlkubectl 向けの vSphere プラグイン の 2 つの実行可能ファイルが含まれています。 kubectl は標準の Kubernetes CLI です。 kubectl-vsphere は、 vCenter Single Sign-On の認証情報を使用して スーパーバイザー および Tanzu Kubernetes クラスタで認証を行う際に役立つ kubectl 向けの vSphere プラグイン です。
  5. 両方の実行ファイルの場所をシステムの PATH 変数に追加します。
  6. kubectl CLI のインストールを確認するには、シェル、ターミナル、またはコマンド プロンプトのセッションを開始し、kubectl コマンドを実行します。
    kubectl のバナー メッセージと、CLI のコマンドライン オプションのリストが表示されます。
  7. kubectl 向けの vSphere プラグイン のインストールを確認するには、kubectl vsphere コマンドを実行します。
    kubectl 向けの vSphere プラグイン のバナー メッセージと、プラグインのコマンドライン オプションのリストが表示されます。

次のタスク

vSphere with Tanzu クラスタでのセキュア ログインの構成