Tanzu Kubernetes クラスタをプロビジョニングする vSphere 名前空間 は、名前空間を Tanzu Kubernetes リリース のコンテンツ ライブラリおよび使用する仮想マシン クラスに関連付けて構成します。

前提条件

vSphere 名前空間 を作成します。vSphere 名前空間 の作成と設定を参照してください。

Tanzu Kubernetes リリース をホストするコンテンツ ライブラリを作成します。Tanzu Kubernetes リリース のサブスクライブ済みコンテンツ ライブラリの作成、セキュリティ保護、同期またはTanzu Kubernetes リリース 用のローカル コンテンツ ライブラリの作成、セキュリティ保護、同期を参照してください。

コンテンツ ライブラリの vSphere 名前空間 への関連付け

Tanzu Kubernetes リリース 用に作成されたコンテンツ ライブラリを vSphere 名前空間 に関連付けるには、 vSphere Client を使用して vCenter Server にログインし、次のいずれかの手順を実行します。
vSphere インベントリ パスを使用した関連付け ワークロード管理パスを使用した関連付け
  1. [メニュー] > [ホストおよびクラスタ] の順に選択します。
  2. [ワークロード管理] が有効になっている vSphere クラスタを指定します。
  3. [構成] タブを選択します。
  4. [名前空間] > [全般] の順に選択します。
  5. [Tanzu Kubernetes Grid サービス構成] を選択します。
  6. [コンテンツ ライブラリ] ラベルの横にある [編集] をクリックします。
  7. Tanzu Kubernetes リリース のコンテンツ ライブラリを選択します。
  8. [OK] をクリックします。
  1. [メニュー] > [ワークロー管理] の順に選択します。
  2. [名前空間] タブを選択します。
  3. ターゲット vSphere 名前空間 を選択します。
  4. [Tanzu Kubernetes Grid サービス] タイルを特定します。
  5. [コンテンツ ライブラリ] ラベルの横にある [編集] をクリックします。
  6. Tanzu Kubernetes リリース のコンテンツ ライブラリを選択します。
  7. [OK] をクリックします。
注: vSphere 名前空間 にコンテンツ ライブラリを関連付けた後、仮想マシン テンプレートを Tanzu Kubernetes クラスタのプロビジョニングに使用できるようになるまでに数分かかることがあります。 vSphere 名前空間 の構成の確認を参照してください。

仮想マシン クラスの vSphere 名前空間 への関連付け

vSphere with Tanzu にはデフォルトの仮想マシン クラスがいくつかあり、ユーザーは独自のクラスを作成できます。『vSphere with Tanzu での Tanzu Kubernetes Grid 2 の使用』のTanzu Kubernetes クラスタでの仮想マシン クラスを参照してください。

Tanzu Kubernetes クラスタをプロビジョニングするには、使用する仮想マシン クラスを、Tanzu Kubernetes クラスタをプロビジョニングする各 vSphere 名前空間 に関連付ける必要があります。

デフォルトの仮想マシン クラスを vSphere 名前空間 に関連付けるには、 vSphere Client を使用して vCenter Server にログインし、次の手順を実行します。
  1. [メニュー] > [ワークロー管理] の順に選択します。
  2. [名前空間] タブを選択します。
  3. Tanzu Kubernetes クラスタをプロビジョニングするターゲット vSphere 名前空間 を選択します。
  4. [VM サービス] タイルを特定します。
  5. [VM クラスの追加] リンクをクリックします。
  6. 追加する仮想マシン クラスを選択します。
    1. デフォルトの仮想マシン クラスを追加するには、リストの 1 ページ目の表ヘッダー内のチェックボックスを選択し、2 ページ目に移動して、そのページの表ヘッダーのチェックボックスをオンにします。すべてのクラスが選択されていることを確認します。
    2. カスタム クラスを作成するには、[新しい VM クラスの作成] をクリックします。『vSphere with Tanzu のサービスとワークロード』のCreate a Custom VM Class in vSphere with Tanzuを参照してください。
  7. [OK] をクリックして操作を完了します。
  8. クラスが追加されていることを確認します。[VM サービス] タイルに [VM クラスの管理] が表示されます。
注: [VM サービス] タイルで参照されているコンテンツ ライブラリは、 Tanzu Kubernetes リリース ではなく、スタンドアローン仮想マシンで使用するためのものです。『 vSphere with Tanzu のサービスとワークロード』の vSphere with Tanzu におけるスタンドアローン仮想マシン向けのコンテンツ ライブラリの作成と管理を参照してください。

vSphere 名前空間 の構成の確認

コンテンツ ライブラリおよび仮想マシン クラスを vSphere 名前空間 に関連付けた後、 スーパーバイザー にログインし、同期された各 Tanzu Kubernetes リリース が使用可能であること、および選択した各仮想マシン クラスが使用可能であることを確認します。
  1. vSphere 向け Kubernetes CLI Tools をインストールします。vSphere 向け Kubernetes CLI Tools のダウンロードとインストールを参照してください。
  2. スーパーバイザー にログインします。
    kubectl vsphere login --server IP-ADDRESS-SUPERVISOR-CLUSTER --vsphere-username VCENTER-SSO-USERNAME
  3. コンテキストをターゲット vSphere 名前空間 に切り替えます。
    kubectl config use-context SUPERVISOR-NAMESPACE
  4. 使用可能な Tanzu Kubernetes リリース を一覧表示して、説明を記述します。
    kubectl get tanzukubernetesreleases
    kubectl describe tanzukubernetesreleases
  5. 使用可能な仮想マシン クラスを一覧表示します。
    kubectl get virtualmachineclassbindings
名前空間を構成したら、 Tanzu Kubernetes クラスタをプロビジョニングできます。ローカル コンテンツ ライブラリを使用している場合は、ライブラリにアップロードした OVA を指定する必要があります。詳細については、『 vSphere with Tanzu での Tanzu Kubernetes Grid 2 の使用』の Workflow for Creating Tanzu Kubernetes Clusters on Supervisorを参照してください。