NSX ネットワーク スタックを使用し、NSX Advanced Load Balancerスーパーバイザー として使用する vSphere クラスタを構成するには、vSphere Distributed Switch を構成する必要があります。Distributed Switch 上で スーパーバイザー のワークロード ネットワークとして構成できるポート グループを作成します。NSX Advanced Load Balancer にサービス エンジン データ インターフェイスを接続するには、分散ポート グループが必要です。分散ポート グループは、アプリケーションの仮想 IP アドレス (VIP) をサービス エンジンに配置するために使用されます。

前提条件

NSX Advanced Load Balancerスーパーバイザー の vSphere ネットワーク使用するためのシステム要件とネットワーク トポロジを確認します。『 vSphere with Tanzu の概念と計画』の「 Requirements for Zonal Supervisor with NSX and NSX Advanced Load Balancer」および「 Requirements for Cluster Supervisor Deployment with NSX and NSX Advanced Load Balancer」を参照してください。

手順

  1. vSphere Client で、データセンターに移動します。
  2. データセンターを右クリックして、[Distributed Switch] > [新しい Distributed Switch] の順に選択します。
  3. スイッチの名前(wcp_vds_1 など)を入力し、[次へ] をクリックします。
  4. スイッチのバージョン 8.0 を選択して、[次へ] をクリックします。
  5. [ポート グループ名]プライマリ ワークロード ネットワーク と入力し、[次へ] をクリックして [終了] をクリックします。
    1 つのポート グループを持つ新しい Distributed Switch がデータセンターに作成されます。このポート グループは、作成する スーパーバイザー のプライマリ ワークロード ネットワークとして使用できます。プライマリ ワークロード ネットワークは、Kubernetes 制御プレーン仮想マシンのトラフィックを処理します。
  6. ワークロード ネットワークの分散ポート グループを作成します。
    作成するポート グループの数は、 スーパーバイザー 用に実装するトポロジによって異なります。隔離されたワークロード ネットワークが 1 つ含まれるトポロジの場合は、 スーパーバイザー のすべての名前空間用のネットワークとして使用する分散ポート グループを 1 つ作成します。ネットワークが名前空間ごとに隔離されているトポロジの場合は、作成する名前空間と同じ数のポート グループを作成します。
    1. 新しく作成した Distributed Switch に移動します。
    2. スイッチを右クリックして、[分散ポート グループ] > [新規分散ポート グループ] の順に選択します。
    3. ポート グループの名前(ワークロード ネットワーク など)を入力して、[次へ] をクリックします。
    4. デフォルトのままにして、[次へ] をクリックし、[終了] をクリックします。
  7. データ ネットワークのポート グループを作成します。
    1. Distributed Switch を右クリックして、[分散ポート グループ] > [新規分散ポート グループ] を選択します。
    2. ポート グループの名前(データ ネットワーク など)を入力して、[次へ] をクリックします。
    3. [設定の構成] 画面で新規分散ポート グループの全般プロパティを入力し、[次へ] をクリックします。
      プロパティ 説明
      ポート バインド この分散ポート グループに接続された仮想マシンにポートを割り当てるときに選択します。

      [静的バインド] を選択すると、仮想マシンが分散ポート グループに接続されるときに仮想マシンにポートを割り当てます。

      ポートの割り当て ポート割り当てとして [弾性] を選択します。

      デフォルトのポート数は 8 個です。すべてのポートが割り当てられたら、新しい 8 組のポートが作成されます。

      ポート数 デフォルト値を保持します。
      ネットワーク リソース プール ドロップダウン メニューで、新しい分散ポート グループをユーザー定義のネットワーク リソース プールに割り当てます。ネットワーク リソース プールを作成していない場合、このメニューは空です。
      VLAN ドロップダウン メニューで VLAN トラフィックのフィルタリングおよびマーキングのタイプを選択します。
      • [なし]: VLAN を使用しません。外部スイッチ タギングを使用している場合は、このオプションを選択します。
      • [VLAN]:[VLAN ID] テキスト ボックスに、仮想スイッチ タギング用の値を 1 ~ 4,094 の範囲で入力します。
      • [VLAN トランク]:仮想ゲスト タギングを行って、VLAN トラフィックに ID を設定してゲスト OS に送信するには、このオプションを使用します。VLAN トランク範囲を入力します。コンマ区切りリストを使用して複数の範囲や個々の VLAN を設定できます。たとえば、1702-17051848-1849 です。
      • [プライベート VLAN]:トラフィックと、Distributed Switch で作成されたプライベート VLAN を関連付けます。プライベート VLAN を作成していない場合、このメニューは空です。
      詳細 このオプションは選択解除したままにします。
  8. [設定の確認] 画面で構成を確認し、[完了] をクリックします。

結果

Distributed Switch が作成され、Distributed Switch の下に分散ポート グループが表示されます。