スーパーバイザーの名前空間にストレージ ポリシーを割り当てると、DevOps チームはパーシステント ストレージを使用できるようになります。これらのストレージ ポリシーにより、パーシステント ボリュームと Tanzu Kubernetes クラスタ ノードを vSphere データストア内に配置する方法が制御されます。vSphere 管理者は、通常、名前空間を構成するときにストレージ ポリシーを割り当てます。初期ストレージ ポリシーの割り当てを変更する必要がある場合は、次のタスクを実行します。

前提条件

  • VMware vCenter または vSphere 名前空間 からストレージ ポリシーを削除する前、またはストレージ ポリシーの割り当てを変更する前に、対応するストレージ クラスのパーシステント ボリュームの要求が名前空間で実行されていないことを確認します。また、そのストレージ クラスを使用している Tanzu Kubernetes クラスタがないことも確認します。
  • 名前空間が 3 ゾーン スーパーバイザーにある場合は、トポロジ対応のポリシーを使用します。トポロジに対応していないストレージ ポリシーを 3 ゾーン名前空間に割り当てることはできません。

手順

  1. vSphere Client で、名前空間に移動します。
    1. vSphere Client ホーム メニューから、[ワークロード管理] を選択します。
    2. [名前空間] タブをクリックして、名前空間をクリックします。
  2. [ストレージ] タブをクリックして、[ストレージ ポリシー] をクリックします。
  3. [編集] アイコンをクリックして、ストレージ ポリシーの割り当てを変更します。