vSphere 管理者がストレージ ポリシーを作成して vSphere 名前空間 に割り当てると、そのストレージ ポリシーは、この名前空間および使用可能な Tanzu Kubernetes Grid クラスタでは、一致する Kubernetes ストレージ クラスとして表示されます。DevOps エンジニアは、ストレージ クラスが利用可能であることを確認できます。

コマンドを実行できるかどうかは、ユーザーの権限によって異なります。

前提条件

vSphere 管理者が適切なストレージ ポリシーを作成し、そのポリシーを vSphere 名前空間 に割り当てていることを確認します。

手順

  1. 次のいずれかのコマンドを使用して、ストレージ クラスが使用可能であることを確認します。
    • kubectl get storageclass
      注: このコマンドは、管理者権限を持つユーザーのみが使用できます。
      次のような出力が表示されます。ストレージ クラスの名前は、vSphere 側のストレージ ポリシーの名前と一致します。
      NAME     PROVISIONER               AGE
      silver   csi.vsphere.vmware.com    2d 
      gold     csi.vsphere.vmware.com    1d
    • kubectl describe namespace namespace_name

      出力では、ストレージ クラスの名前は、storageclass_name.storageclass.storage.k8s.io/requests.storage パラメータの一部として表示されます。例:

      –––––––––––––––––
      Name:                                                            namespace_name
       Resource                                                         Used  Hard
       --------                                                         ---   ---
       silver.storageclass.storage.k8s.io/requests.storage              1Gi   9223372036854775807
       gold.storageclass.storage.k8s.io/requests.storage                0     9223372036854775807
      
  2. 名前空間で使用可能なストレージ容量を確認するには、次のコマンドを実行します。
    kubectl describe resourcequotas -namespace namespace

    次のような出力が表示されます。

    Name:             ns-my-namespace
    Namespace:        ns-my-namespace
    Resource          Used  Hard
    --------          ----  ----
    requests.storage  0     200Gi