TKG クラスタを運用および維持するには、kubectl のデフォルトのテキスト エディタを構成します。

kubectl edit コマンドの使用

TKG クラスタをプロビジョニングしたら、クラスタを運用および維持します。一般的なタスクには、クラスタ ノードのスケーリングと TKR バージョンの更新があります。これらのタスクを実行するには、kubectl editコマンドを使用してクラスタ マニフェストを更新します。

kubectl edit CLUSTER-KIND/CLUSTER-NAME コマンドを実行すると、KUBE_EDITOR または EDITOR 環境変数によって定義されたテキスト エディタでクラスタ マニフェストが開きます。マニフェストの変更を保存すると、kubectl から編集内容が正常に記録されたことが報告され、この変更内容を使用してクラスタが更新されます。

例:
kubectl edit tanzukubernetescluster/tkg-cluster-1
tanzukubernetescluster.run.tanzu.vmware.com/tkg-cluster-1 edited
変更をキャンセルするには、保存せずにエディタを閉じます。
kubectl edit tanzukubernetescluster/tkg-cluster-1
Edit cancelled, no changes made.

kubectl edit の構成

kubectl edit コマンドを使用するために、Linux では EDITOR 環境変数が設定されています。そうでない場合は、KUBE_EDITOR 環境変数を作成し、変数の値として優先するテキスト エディタを指定します。行った変更をコミット(保存)したときに kubectl が認識できるように、監視フラグ ( -w) を追加します。

使用しているオペレーティング システムの手順を参照してください。

Linux

Linux(Ubuntu など)で kubectl edit を構成する場合、デフォルトのコマンドライン EDITOR は Vim です。この場合、kubectl edit コマンドを使用するための追加のアクションは不要です。

別のテキスト エディタを使用する場合は、KUBE_EDITOR という名前の環境変数を作成して、値を優先テキスト エディタのパスに設定します。

Mac OS

Mac OS で kubectl edit を構成する場合は、KUBE_EDITOR という名前の環境変数を作成して、値を優先テキスト エディタのパスに設定します。行った変更をコミット(保存)したときに kubectl が認識できるように、監視フラグ ( -w) を値に追加します。

たとえば、次のように .bash_profile に追加すると、kubectl のデフォルトのテキスト エディタとして Sublime が設定され、変更を保存したときに kubectl が認識できるように監視フラグが追加されます。
export KUBE_EDITOR="/Applications/Sublime.app/Contents/SharedSupport/bin/subl -w"
Windows

Windows で kubectl edit を構成する場合は、KUBE_EDITOR という名前のシステム環境変数を作成して、値を優先テキスト エディタのパスに設定します。この値に監視フラグ ( -w) を追加します。

たとえば、次の環境変数は、kubectl のデフォルトのテキスト エディタとして Visual Studio Code を設定し、変更を保存したときに Kubernetes が認識できるように監視フラグを追加します。
KUBE_EDITOR=code -w

Sublime を Windows の kubectl エディタとして構成するには、システム パスに Sublime プログラム ディレクトリを追加して、Sublime 実行ファイルのシステム変数を作成します。例:

システム パスの追加:
C:\Program Files\Sublime Text 3\
システム変数名と値:
KUBE_EDITOR=sublime_text.exe -w