デフォルト設定を使用して v1beta1 クラスタをプロビジョニングするには、この例を参照してください。

v1beta1 の例:デフォルト クラスタ

次のサンプル YAML では、v1beta1 API を使用して、デフォルトの ClusterClass に基づいてデフォルトのクラスタを作成します。

この例は、v1beta1 API を使用してクラスタを作成するために必要な最小の構成を表しています。例には、各フィールドの説明が注釈として付いています。詳細については、ソース コードを参照してください。

この例に関する次の点にご注意ください。
  • v1alpha3 APIと異なり、v1beta1 API では clusterNetwork を指定する必要があります。クラスタ タイプにデフォルトのネットワーク設定はありません。
  • デフォルトの ClusterClass は、「クラスタ v1beta1 API」に記載されている tanzukubernetescluster です。
  • クラスタをカスタマイズするには、それぞれが名前と値のペアである variables を使用します。例に示すように、少なくとも仮想マシンとストレージ クラスを変数として指定する必要があります。
  • Tanzu パッケージや Helm のチャートなどの多くのワークロードではデフォルトのストレージ クラスを使用してクラスタをプロビジョニングする必要があるため、この例には defaultStorageClass 変数も含まれています(ただし、技術的には省略可能です)。
apiVersion: cluster.x-k8s.io/v1beta1
kind: Cluster
#define the cluster
metadata:
  #user-defined name of the cluster; string
  name: cluster-default
  #kubernetes namespace for the cluster; string
  namespace: tkg-cluster-ns
#define the desired state of cluster
spec:
  #specify the cluster network; required, there is no default
  clusterNetwork:
    #network ranges from which service VIPs are allocated
    services:
      #ranges of network addresses; string array
      #CAUTION: must not overlap with Supervisor
      cidrBlocks: ["198.51.100.0/12"]
    #network ranges from which Pod networks are allocated
    pods:
      #ranges of network addresses; string array
      #CAUTION: must not overlap with Supervisor
      cidrBlocks: ["192.0.2.0/16"]
    #domain name for services; string
    serviceDomain: "cluster.local"
  #specify the topology for the cluster
  topology:
    #name of the ClusterClass object to derive the topology
    class: tanzukubernetescluster
    #kubernetes version of the cluster; format is TKR NAME
    version: v1.24.9---vmware.1-tkg.4
    #describe the cluster control plane
    controlPlane:
      #number of control plane nodes
      #integer value 1 or 3
      #NOTE: Production clusters require 3 control plane nodes
      replicas: 3
    #describe the cluster worker nodes
    workers:
      #specifies parameters for a set of worker nodes in the topology
      machineDeployments:
        #node pool class used to create the set of worker nodes
        - class: node-pool
          #user-defined name of the node pool; string
          name: node-pool-1
          #number of worker nodes in this pool; integer 0 or more
          replicas: 3
    #customize the cluster
    variables:
      #virtual machine class type and size for cluster nodes
      - name: vmClass
        value: guaranteed-medium
      #persistent storage class for cluster nodes
      - name: storageClass
        value: tkg-storage-policy
      # default storageclass for control plane and worker node pools
      - name: defaultStorageClass
        value: tkg-storage-policy