VMware vSphere® は、仮想化技術を使用して個々のデータセンターを CPU、ストレージ、およびネットワーク リソースを含む、統合されたコンピューティング インフラストラクチャに変換します。VMware vSphere では、これらのインフラストラクチャは統一された運用環境として管理され、その環境に参加しているデータ センターを管理するためのツールも提供されます。

VMware vSphere スタックは、仮想化、管理、インターフェイスの各レイヤーで構成されます。vSphere の 2 つの主要なコンポーネントは、VMware ESXi と vCenter Server です。ESXi は、仮想マシンと仮想アプライアンスを作成および実行するための仮想化プラットフォームです。vCenter Server は、ネットワークに接続された複数のホストの管理と、ホスト リソースのプールを実行する際に使用するサービスです。

vSphere の HTML 形式のドキュメントには、vSphere の各メジャー バージョンの最新の vSphere アップデート リリースの内容が反映されています。

vSphere の以前のリリースの PDF ドキュメントは、左側の目次にある各メジャー バージョンの vSphere アーカイブ パッケージから、ZIP アーカイブ形式でダウンロードできます。

以下のようなVMware Information Experience video channelにあるドキュメントやビデオによって、vSphere の導入および管理について学習することができます。

vSphere 開発者および Automation ドキュメントの検索

VMware 開発者および自動化ユーザーへのサービス向上のため、vSphere コマンドライン インターフェイス、API、および SDK のドキュメントは開発者コミュニティの専用サイト VMware {code} に移動しました。vSphere API、SDK、およびコマンドライン インターフェイスについて確認するには、以下の VMware {code} ページにアクセスします。

vSphere の詳細