VMware vCloud Director for Service Providers(旧称 VMware vCloud Director)のドキュメントへようこそ。

ページの左側の目次を使用して、HTML 形式のドキュメントにアクセスできます。

すべてのドキュメントは PDF 形式でも提供されており、ページの閲覧中や検索結果の表示中に PDF のダウンロード アイコンを選択することによってアクセスできます。

API および SDK

vCloud Director for Service Providers の API および SDK のドキュメントは、 VMware {code}で入手できます。

vCloud Director の詳細はこちら

vCloud Director 拡張機能とツール

Kubernetes サービス
コンテナ サービス拡張機能 (CSE) は、VMware が提供する、vCloud Director と連携する独立した製品です。CSE をサービス プロバイダとして使用することで、テナントに Kubernetes サービスを提供できます。これにより、セルフサービスでかつマルチテナントの安全な方法で、完全に機能する Kubernetes クラスタをデプロイできます。CSE は、Kubernetes クラスタ ライフサイクル管理向けに vCloud Director API とユーザー インターフェイスを拡張します。vCloud Director のシステム管理者は、CSE をインストールして操作できます。CSE をダウンロードする、または詳細を確認するには、 https://vmware.github.io/container-service-extension にアクセスしてください。
pyvcloud
pyvcloud は、vCloud Director 向けのオープン ソース Python SDK です。詳細については、 http://vmware.github.io/pyvcloud/ を参照してください。
vcd-cli
vcd-cli は、vCloud Director 向けのコマンド ライン インターフェイスです。詳細については、 https://vmware.github.io/vcd-cli/ を参照してください。
vCloud Director Terraform プロバイダ
詳細については、 https://www.terraform.io/docs/providers/vcd/index.html を参照してください。
vCloud Director 向けの vRealize Operations Manager 拡張機能
詳細については、 https://marketplace.vmware.com/vsx/solutions/management-pack-for-vcloud-director を参照してください。
vCloud Director 向け vRealize Orchestrator プラグイン
vRealize Orchestrator プラグインを使用して、vCloud Director プロセスを自動化するワークフローを実行できます。詳細については、「 vCloud Director 向け vRealize Orchestrator プラグインの使用」を参照してください。