VMware vCloud Usage Meter 4.1.0.1 | 2020 年 1 月 10 日 | ビルド 15426816

このリリースノートの追加事項や更新事項を確認してください。

リリース ノートの概要

このリリース ノートには、次のトピックが含まれています。

新機能

vCloud Usage Meter 4.1.0.1 リリースでは、ユーザビリティの強化、バグ修正、および Photon OS セキュリティのアップデートが導入されています。

vCloud Usage Meter 4.1.0.1 を新しいアプライアンスとしてインストール

vCloud Usage Meter アプライアンスを初めてインストールするには「vCloud Usage Meter のインストール方法」を参照してください。vCloud Usage Meter Web インターフェイスに初めてログインすると、[UM - vUI コネクタ] ウィザードが表示されます。ウィザードの指示に従って vCloud Usage Insight に vCloud Usage Meter 4.1.0.1 インスタンスを登録し、VMware への自動月次使用量レポートを有効にします。

このリリースの操作上の制限

さまざまな計測操作の厳密なテストにより、以下の操作上の制限が把握されています。

vCenter Server

vCloud Usage Meter 4.1.0.1 は、リンク モードで最大 10 台の vCenter Server アプライアンスをサポートします。

アップグレード

このリリースは、vCloud Usage Meter 4.1 からのインプレース アップグレードが可能です。vCloud Usage Meter 4.1.0.1 にアップグレードするには、次の手順を実行します。

  1. ums-system-upgrade.shar ファイルをローカルのコンピュータにダウンロードします。
  2. vCloud Usage Meter 4.1 コンソールに root としてログインします。
  3. ums-system-upgrade.shar ファイルを vCloud Usage Meter 4.1.0.1 コンソールのディレクトリにコピーします。
  4. ums-system-upgrade.shar ファイルのコピー先のディレクトリにアクセスします。
    cd <コピー先のディレクトリ>
  5. shar パッケージをインストールします。
    bash ums-system-upgrade.shar
  6. vCloud Usage Meter サービスが実行中であることを確認します。
    インストールが完了すると、システムによって vCloud Usage Meter 4.1 のインストール バックアップ用に cloudusagemetering-old フォルダが生成されます。新しく作成された cloudusagemetering フォルダは vCloud Usage Meter 4.1.0.1 インストールを参照しています。
check-circle-line exclamation-circle-line close-line
Scroll to top icon