リモート コンソール機能をサポートするには、高可用性を展開している環境をアップグレードした後、ポート 8444 のトラフィックをロード バランサーが vRealize Applianceに受け渡すように構成する必要があります。