サンプル ワークフローは例として使用したり、独自のカスタム ワークフローを作成する際の開始点として使用したりできます。

これらのワークフローは、vRealize Orchestrator クライアントの ワークフロー ビューで表示されるプラグイン ライブラリの Sample サブディレクトリで見つけることができます。

ワークフロー名

説明

権限の作成

認証クライアントと通信するためのサンプル スクリプトと、vRealize Automation で権限を作成するための権限サービスを提供します。

テナントの作成

デフォルト テナントと同じ vRealize Automation ホストと Active Directory 構成を使用してテナントを作成します。このワークフローを実行するには、システム管理者の認証情報を使用して追加した vRealize Automation ホストを選択します。Active Directory 設定はワークフローを実行する前に変更できます。

カタログ アイテムの一覧表示

選択したテナントのカタログ アイテムのリストを返します。

カタログ アイテムのプロビジョニング申請の JSON 出力

カタログ アイテムのデフォルトの申請フォームを取得して、JSON 形式でコンソール ログに追加します。このデータを使用してプロビジョニング申請をカスタマイズできます。また、この情報を使用して プロビジョニング申請を使用したカタログ アイテムの申請 ワークフローを変更できます。