JavaScript のサンプルを切り取り、貼り付け、および編集することで、vRealize Automation がプロビジョニングしたリソースの実際のエンティティを取得するスクリプトを作成できます。

vRealize Automation では CatalogResource タイプが、プロビジョニングされたリソースを表します。このタイプには ProviderBinding タイプの属性があり、以下の属性でカタログ リソースとそのプロバイダ間の関係を表します。

  • bindingId - プロバイダに固有のエンティティの ID を表します。

  • providerRef - vRealize Automation コンポーネント レジストリに登録されたサービスに直接対応するカタログ プロバイダを識別します。

vRealize Orchestrator でのスクリプト記述の詳細については、『VMware vRealize Orchestrator を使用した開発』を参照してください。

vRealize Automation カタログ リソースとしてプロビジョニングされた仮想マシンの取得

このサンプルでは、vRealize Automation ホストとその IaaS ホストを入力パラメータとして使用し、プロビジョニングされたリソース ID の場合は、対応する IaaS 仮想マシンを返します。スクリプト コードは、iaas-service プロバイダがプロビジョニングした Virtual Machine タイプのカタログ リソースのみを取得します。

表 1. 入力変数

変数

タイプ

vcacHost

vCACCAFE:VCACHost

iaasHost

vCAC:VCACHost

// Id of the catalog resource (or vCACCAFECatalogResource_instance.getId())
var resourceId = "c222629c-6f90-4458-8c92-8ece0ba06173";

var resource = vCACCAFEEntitiesFinder.getCatalogResource(vcacHost, resourceId);

var resourceType = resource.getResourceTypeRef().getLabel();
System.log("resource type: " + resourceType);

var providerBinding = resource.getProviderBinding();

var bindingId = providerBinding.getBindingId();
System.log("provider binding id: " + bindingId);

var provider = providerBinding.getProviderRef();
System.log("provider id: " + provider.getId());
System.log("provider name: " + provider.getLabel());

if ((resourceType == "Virtual Machine") && (provider.getLabel() == "iaas-service")) {
    System.log("It is an IaaS VM!");

    // IaaS virtual machine
    var vm = Server.findForType("vCAC:VirtualMachine", bindingId);
    System.log("IaaS VM id: " + vm.virtualMachineID);
    System.log("IaaS VM name: " + vm.displayName);
    
    // IaaS Entity
    var entity = System.getModule("com.vmware.library.vcac").getVirtualMachineEntityFromId(iaasHost, bindingId);
    System.log("IaaS entity id: " + entity.keyString);
}