JavaScript サンプルを切り取り、貼り付け、および編集することで、vRealize Automation タスク自動化用のオリジナル カスタム スクリプトを開発することができます。