管理ワークフローを使用すると、vRealize Automation サービス、テナント、承認ポリシー、資格、ビジネス グループ、カタログ アイテム、アドバンスド サービス コンポーネントを管理できます。

一部のワークフローには、vRealize Automation ホストの vCACCAFE:VCACHost 入力パラメータが含まれています。vRealize Automation ホスト接続の構成方法によって、ユーザーがワークフローを実行する際に、ロールがどのように適用されるかが決まります。

  • 接続を共有セッションとして構成している場合、ワークフローを実行するために必要なロールが、共有セッション用のユーザー アカウントに割り当てられている必要があります。

  • 接続を各ユーザーのセッションとして構成している場合、vRealize Automation ユーザー インターフェイスでユーザーにロールが割り当てられるように、ワークフローを実行する各ユーザーに必要なロールが割り当てられている必要があります。

これらのワークフローは、vRealize Orchestrator クライアントの ワークフロー ビューで表示される ライブラリ > vRealize Automation > Administration サブディレクトリ内で見つけることができます。

Approval Policies サブディレクトリ内のワークフローを使用して、承認ポリシーを作成、管理できます。

表 1. 承認ポリシー

ワークフロー

説明

承認ポリシーの有効化

承認ポリシーを有効にします。承認ポリシーは有効にすると読み取り専用になります。

承認レベルの追加

常に必須とする承認レベルを承認ポリシーに追加します。承認者として特定のユーザーとグループを選択する必要があります。

承認ポリシーのコピー

承認ポリシーをコピーします。

承認ポリシーの作成

承認レベルや承認者を指定せずに承認ポリシーのドラフトを作成します。承認レベルを作成してポリシーの承認者を指定するには、[承認レベルの追加] ワークフローを実行します。

承認ポリシーの無効化

承認ポリシーを無効にします。承認ポリシーに関連付けられているすべての既存の資格を削除することもできます。

承認ポリシーの削除

ドラフト状態にある承認ポリシーを削除します。アクティブな承認ポリシーは読み取り専用です。

Business Groups サブディレクトリ内のワークフローを使用して、ビジネス グループおよびビジネス グループのカスタム プロパティを作成、管理できます。

表 2. ビジネス グループ

ワークフロー

説明

カスタム プロパティの追加

カスタム プロパティをビジネス グループに追加します。

ビジネス グループの作成

ビジネス グループを作成します。

ビジネス グループの削除

ビジネス グループを削除します。

カスタム プロパティの削除

カスタム プロパティをビジネス グループから削除します。

ビジネス グループの更新

デフォルトのマシン プリフィックス、Active directory コンテナ、ユーザー ロールなど、ビジネス グループの詳細を更新します。

カスタム プロパティの更新

ビジネス グループのカスタム プロパティを更新します。

Administration サブディレクトリには vRealize Automation 7.0 より前のバージョンで使用できる Business Groups (Deprecated) サブディレクトリが含まれています。メイン フォルダにある同じ名前のワークフローを使用してください。

Catalog Items サブディレクトリ内のワークフローを使用して、カタログ アイテムを管理できます。

表 3. カタログ アイテム

ワークフロー

説明

カタログ アイテムの有効化

カタログ アイテムを有効にします。ユーザーがカタログ アイテムを申請するには、まずカタログ アイテムを有効にしてサービスに割り当てる必要があります。

サービスへのカタログ アイテムの割り当て

カタログ アイテムをサービスに割り当てます。ユーザーがカタログ アイテムを申請するには、まずカタログ アイテムを有効にしてサービスに割り当てる必要があります。

カタログ アイテムの無効化

ユーザーが申請できなくなるように、カタログ アイテムを無効にしてサービス カタログから削除します。

Composite Blueprint サブディレクトリ内のワークフローを使用して、デザイン キャンバスで作成された複合ブループリントを管理できます。

表 4. 複合ブループリント

ワークフロー

説明

複合ブループリントの削除

未公開のブループリントをブループリントのデザイン リストから削除します。

複合ブループリントのインポート

YAML ファイルから複合ブループリントをインポートします。

複合ブループリントの公開

ドラフト状態にある複合ブループリントを公開します。

複合ブループリントの公開解除

公開済み複合ブループリントを公開解除します。

Content サブディレクトリ内のワークフローは廃止されました。インポートおよびエクスポート アクションを実行するには、Cloud Client を使用します。Cloud Client のダウンロードとドキュメントについては、https://developercenter.vmware.com/tool/cloudclient にアクセスしてください。

表 5. コンテンツ

ワークフロー

説明

コンテンツのエクスポート(非推奨)

インポートおよびエクスポート アクションを実行するには、Cloud Client を使用します。Cloud Client のダウンロードとドキュメントについては、https://developercenter.vmware.com/tool/cloudclient にアクセスしてください。

コンテンツのインポート(非推奨)

インポートおよびエクスポート アクションを実行するには、Cloud Client を使用します。Cloud Client のダウンロードとドキュメントについては、https://developercenter.vmware.com/tool/cloudclient にアクセスしてください。

コンテンツの転送(非推奨)

インポートおよびエクスポート アクションを実行するには、Cloud Client を使用します。Cloud Client のダウンロードとドキュメントについては、https://developercenter.vmware.com/tool/cloudclient にアクセスしてください。

コンテンツの検証(非推奨)

インポートおよびエクスポート アクションを実行するには、Cloud Client を使用します。Cloud Client のダウンロードとドキュメントについては、https://developercenter.vmware.com/tool/cloudclient にアクセスしてください。

Entitlements サブディレクトリ内のワークフローを使用して、資格を作成、管理できます。

表 6. 資格

ワークフロー

説明

資格の有効化

資格を有効にします。

資格へのカタログ アイテムの割り当て

1 つ以上のカタログ アイテムを資格に割り当てます。このワークフローを使用して承認ポリシーを割り当てることもできます。

資格への即時アクションの割り当て

1 つ以上の即時アクションを資格に割り当てます。即時アクションで申請は行われません。

資格へのリソース アクションの割り当て

1 つ以上のリソース アクションを資格に割り当てます。このワークフローを使用して承認ポリシーを割り当てることもできます。

資格へのサービスの割り当て

1 つ以上のサービスを資格に割り当てます。このワークフローを使用して承認ポリシーを割り当てることもできます。

資格へのユーザーおよびグループの割り当て

1 人以上のユーザーまたは 1 つ以上のグループを資格に割り当てます。

資格の作成(非推奨)

資格を作成します。[サブテナントの資格の作成] を使用します。

サブテナントの資格の作成

資格を作成します。

資格の無効化

資格を無効にします。

ユーザーおよびグループの資格からの割り当て解除

資格のユーザー リストからユーザーおよびグループを削除します。

Properties サブディレクトリ内のワークフローを使用して、プロパティ定義とプロパティ グループを管理できます。vRealize Automation のプロパティとの競合を避けるため、すべてのカスタム プロパティ名で、会社名または機能名の後ろにドットを付けたプリフィックスを使用します。

表 7. プロパティ定義

ワークフロー

説明

プロパティ定義の作成

カスタム プロパティを作成します。

プロパティ定義の削除

カスタム プロパティを削除します。

プロパティ グループはプロパティ定義の集合です。

表 8. プロパティ グループ

ワークフロー

説明

グループへのプロパティの追加

定義済みカスタム プロパティをグループに追加します。

プロパティ グループの作成

定義済みカスタム プロパティの追加先となるプロパティ グループを作成します。

プロパティ グループの削除

プロパティ グループを削除します。

グループからのプロパティの削除

定義済みカスタム プロパティをプロパティ グループから削除します。

プロパティ グループの更新

プロパティ グループの名前または説明を変更します。

グループのプロパティの更新

プロパティ グループのプロパティの名前、値、動作を変更します。

Services サブディレクトリ内のワークフローを使用して、サービスを管理できます。

表 9. サービス

ワークフロー

説明

サービスの有効化

サービスを有効にします。

サービスへのカタログ アイテムの割り当て

1 つ以上のカタログ アイテムをサービスに割り当てます。

サービスのコピー

サービスをコピーします。

サービスの作成

サービスを作成します。

サービスの無効化

サービスを無効にします。

サービスの削除

サービスを削除します。

Tenants サブディレクトリ内のワークフローを使用して、テナントを作成、管理できます。

ID ストア ワークフローは廃止されました。代替ワークフローは vRealize AutomationDirectories Management API の変更に対応します。

表 10. テナント

ワークフロー

説明

管理者の追加

1 人以上のテナント管理者およびインフラストラクチャ管理者をテナントに追加します。

テナントへの ID ストアの追加

ID ストアを vRealize Automation ホストのテナントに追加します。このワークフローを実行できるのは、テナントを構成するシステム管理者に限られます。

テナントへの ID ストアの追加(非推奨)

「テナントへの ID ストアの追加」ワークフローを使用します。

vCAC ホストへの ID ストアの追加

ID ストアを vRealize Automation ホストとして構成されているテナントに追加します。このワークフローを実行できるのは、テナントに ID ストアを構成するテナント管理者に限られます。

vCAC ホストへの ID ストアの追加(非推奨)

「vCAC ホストへの ID ストアの追加」ワークフローを使用します。

テナントの作成

テナントを作成します。システム管理者の認証情報が追加されている vRealize Automation ホストを選択する必要があります。

テナントからの ID ストアの削除

ID ストアを vRealize Automation ホストのテナントから削除します。このワークフローを実行できるのは、テナントを構成するシステム管理者に限られます。

vCAC ホストからの ID ストアの削除

vRealize Automation ホストとして構成されているテナントから ID ストアを削除します。このワークフローを実行できるのは、テナントの ID ストアを構成するテナント管理者に限られます。

テナントの削除

テナントを削除します。

管理者の削除

1 人以上のテナント管理者およびインフラストラクチャ管理者をテナントから削除します。

テナントの ID ストアの更新

vRealize Automation ホストのテナントが使用している既存の ID ストアを更新します。このワークフローを実行できるのは、テナントを構成するシステム管理者に限られます。

テナントの ID ストアの更新(非推奨)

「テナントの ID ストアの更新」ワークフローを使用します。

vCAC ホストの ID ストアの更新

vRealize Automation ホストとして構成されているテナントの ID ストアを更新します。このワークフローを実行できるのは、テナントの ID ストアを構成するテナント管理者に限られます。

vCAC ホストの ID ストアの更新(非推奨)

「vCAC ホストの ID ストアの更新」ワークフローを使用します。

テナントの更新

既存のテナントの名前、説明、連絡先のメール アドレスを更新します。

Workflow Subscriptions サブディレクトリ内のワークフローを使用して、イベント ワークフロー サブスクリプションを管理できます。

表 11. ワークフロー サブスクリプション

ワークフロー

説明

ワークフロー サブスクリプションの削除

未公開のワークフロー サブスクリプションを削除します。このワークフローはシステム ワークフロー サブスクリプションとテナント ワークフロー サブスクリプションに適用されます。

システム ワークフロー サブスクリプションのエクスポート

システム ワークフロー サブスクリプションをエクスポートして、vRealize Orchestrator リソース要素として JSON 形式で保存します。

システム ワークフロー サブスクリプションは、システム イベントと全テナントのイベントに対処する特別なワークフロー サブスクリプションです。

テナント ワークフロー サブスクリプションのエクスポート

テナント ワークフロー サブスクリプションをエクスポートして、リソース要素として JSON 形式で保存します。

テナント固有のワークフローを実行する特別なワークフロー サブスクリプションです。

システム ワークフロー サブスクリプションのインポート

JSON ファイルからシステム ワークフロー サブスクリプションをインポートします。システム ワークフロー サブスクリプションはシステム イベントと全テナントのイベントに応じてトリガされます。

テナント ワークフロー サブスクリプションのインポート

エクスポート済みワークフロー サブスクリプションを JSON ファイルからインポートします。これらはテナント固有のワークフロー サブスクリプションです。

ワークフロー サブスクリプションの公開

ドラフトまたは未公開の状態にあるワークフロー サブスクリプションを公開します。このワークフローはシステム ワークフロー サブスクリプションとテナント ワークフロー サブスクリプションに適用されます。

システム ワークフロー サブスクリプションの登録

タイムアウト値、優先度の値を含むシステム ワークフロー サブスクリプションを作成します。

テナント ワークフロー サブスクリプションの登録

タイムアウト値、優先度の値を含め、テナント固有のワークフロー サブスクリプションを作成します。

ワークフロー サブスクリプションの公開解除

公開済みワークフロー サブスクリプションを公開解除します。このワークフローはシステム ワークフロー サブスクリプションとテナント ワークフロー サブスクリプションに適用されます。

ワークフロー サブスクリプションの更新

名前、説明、vRealize Orchestrator ワークフロー、サブスクリプション条件、タイムアウト値、ステータス値、優先度の値を変更します。イベント トピックやブロック状態を更新することはできません。

XaaS Custom Resources サブディレクトリ内のワークフローを使用して、XaaS カスタム リソースを作成、削除できます。

表 12. XaaS カスタム リソース

ワークフロー

説明

カスタム リソースの作成

カスタム リソースを作成します。

カスタム リソースの削除

カスタム リソースを削除します。

XaaS Resource Actions サブディレクトリ内のワークフローを使用して、XaaS リソース アクションを作成、管理できます。

表 13. XaaS リソース アクション

ワークフロー

説明

リソース アクションのクローン作成

既存のリソース アクションのコピーを作成します。

リソース アクションの作成

リソース アクションを作成します。

リソース アクションの削除

リソース アクションを削除します。

リソース アクションの公開

リソース アクションを公開します。

リソース アクションの公開解除

リソース アクションを公開解除します。

XaaS Resource Mappings サブディレクトリ内のワークフローを使用して、XaaS 以外のリソースへの XaaS マッピングを作成、管理できます。

表 14. XaaS リソース マッピング

ワークフロー

説明

リソース マッピングの作成

カタログ リソース タイプを vRealize Orchestrator タイプにマップします。

リソース マッピングの削除

リソース マッピングを削除します。

ターゲット基準の設定

リソース マッピングの可用性を決定する条件を指定します。

XaaS Server Configuration サブディレクトリ内のワークフローを使用して、ターゲットの Orchestrator インスタンスを管理できます。

表 15. XaaS サーバの構成

ワークフロー

説明

Orchestrator サーバ構成の更新

ポート、ホスト、ユーザー名、パスワードを含め、サーバ設定を変更します。

Orchestrator サーバ構成の検証

vRealize Orchestrator 設定が有効であることを確認します。ワークフローは構成が有効である場合は TRUE を、構成が有効でない場合は FALSE を返します。

XaaS Service Blueprints サブディレクトリ内のワークフローを使用して、XaaS ブループリントを作成、管理できます。

表 16. XaaS ブループリント

ワークフロー

説明

サービス ブループリントのクローン作成

サービス ブループリントのコピーを作成します。

サービス ブループリントの作成

サービス ブループリントを作成します。

サービス ブループリントの削除

サービス ブループリントを削除します。

サービス ブループリントの公開

サービス ブループリントを公開します。

サービス ブループリントの公開解除

サービス ブループリントを公開解除します。