構成 ワークフロー カテゴリ内のワークフローを使用して、vRealize Automation ホストを管理することができます。

vRealize Automation ホスト

Orchestrator クライアントの ワークフロー ビューに表示されるプラグイン ライブラリの Configuration サブディレクトリから、これらのワークフローにアクセスすることができます。

ワークフロー名

説明

vRA ホストの追加

vRealize Automation ホストをプラグイン インベントリに追加します。テナント管理タスクおよび管理タスクの場合は、インベントリ ビューを使用して、各テナントに対してワークフローを実行できます。テナントに対してプラグインの全機能を使用するには、テナントごとに専用の vRealize Automation ホストを作成します。

コンポーネント レジストリを使用した vRA ホストの追加

[ユーザーごとのセッション] 接続を使用して、vRealize Automation ホストをプラグイン インベントリに追加します。vRealize Automation システム管理者の認証情報を使用して Orchestrator クライアントにログインしている必要があります。

この機能を外部の vRealize Orchestrator サーバで使用するには、Orchestrator サーバを vRealize Automation コンポーネント レジストリに登録する必要があります。

vRA ホストの IaaS ホストの追加

選択した vRealize Automation ホストの IaaS ホストをプラグイン インベントリに追加します。

vRA ホストの削除

プラグイン インベントリから vRealize Automation ホストを削除します。

vRA ホストの更新

プラグイン インベントリ内の vRealize Automation ホストを更新します。

vRA ホストの検証

vRealize Automation ホストとその接続を検証します。

注:

vRealize Orchestrator サーバが vRealize Automation コンポーネント レジストリに登録されている場合は、vRealize Automation ホストが Default という名前で自動的に追加されます。Default ホストは、[ユーザーごとのセッション] 接続を使用して、デフォルト テナントに接続します。vRealize Automation のインストール時にに組み込まれている Orchestrator サーバは、デフォルトで vRealize Automation コンポーネント レジストリに登録されます。

vRealize Automation IaaS ホスト

Orchestrator クライアントの ワークフロー ビューに表示されるプラグイン ライブラリの Infrastructure Administration > Configuration サブディレクトリから、これらのワークフローにアクセスすることができます。

vRealize Automation のインストール時に組み込まれている vRealize Orchestrator サーバは、デフォルトで vRealize Automation コンポーネント レジストリに登録されます。

ワークフロー名

説明

IaaS ホストの追加

vRealize Automation IaaS ホストをプラグイン インベントリに追加します。このワークフローは、「vRA ホストの IaaS ホストの追加」と機能性は同じですが、vRealize Automation ホストが不要である点が異なります。

IaaS ホストの削除

プラグイン インベントリから vRealize Automation IaaS ホストを削除します。

IaaS ホストの更新

プラグイン インベントリ内の vRealize Automation IaaS ホストを更新します。

IaaS ホストの検証

vRealize Automation IaaS ホストとその接続を検証します。