サービス カタログは、IT サービスを利用するための統合セルフサービス ポータルです。ユーザーはカタログを参照して必要なアイテムを要求し、要求を追跡して、プロビジョニングされたアイテムを管理できます。

サービス アーキテクトと管理者は、新しいサービスを定義して共通カタログに公開できます。サービスを定義する際に、アーキテクトは要求できるアイテムの種類を指定でき、要求を送信する際に利用者が使用できるオプションを指定できます。

グループ マネージャまたは業務管理者は、特定のカタログ アイテムを要求できるユーザー、またはプロビジョニングされたアイテムに特定のアクションを実行できるユーザーなどを指定するビジネス ポリシーを設定できます。また、構成可能な承認ポリシーをカタログ要求に適用することもできます。

テナント管理者、サービス アーキテクトなどのカタログの管理を担当するユーザーは、IT サービスのユーザーに対するカタログアイテムの表示方法を管理できます。たとえば、より簡単にナビゲートするためにアイテムをサービス カテゴリにグループ化し、ポータル ホームページでユーザーに新しいサービスを強調表示できます。