ワークフロー サブスクリプションを使用して、イベントに基づく vRealize Orchestrator ワークフローを実行できます。

vRealize Automation には、サブスクライブできるイベント トピックが用意されており、IaaS リソースがプロビジョニングまたは変更されたときにカスタム vRealize Orchestrator ワークフローがトリガされます。

詳細については、『ライフ サイクルの拡張性』を参照してください。