VMware vRealize ™ Automation は、権限を持つ管理者、開発者、またはビジネス ユーザーが新しい IT サービスを要求するための安全なポータルを提供します。また、権限を持つユーザーは、特定のクラウドや IT リソースを管理できます。これにより IT 部門は、業務に合わせて構成可能なサービスをセルフサービス カタログで提供できるようになります。

このドキュメントでは、vRealize Automation の特徴と機能について説明します。これには、次の内容に関する情報が含まれます。

  • vRealize Automation コンポーネント

  • 共通サービス カタログ

  • IaaS(サービスとしてのインフラストラクチャ)

  • XaaS

  • ソフトウェア

VMware vRealize ™ Automation のコスト管理の詳細については、VMware vRealize ™ Business ™ for Cloud のドキュメントを参照してください。

注:

vRealize Automation のすべての特徴と機能がすべてのエディションで使用できるわけではありません。各エディションの機能セットの比較については、https://www.vmware.com/products/vrealize-automation/ を参照してください。

対象者

本書は、vRealize Automation の特徴と機能について理解する必要があるユーザーを対象としています。

VMware の技術ドキュメントの用語集

VMware の技術ドキュメントには、新しい用語などをまとめた用語集があります。当社の技術ドキュメントで使用される用語の定義については、http://www.vmware.com/support/pubs をご覧ください。